オケ老人

ふと思い立って、ふらりと一人で、

杏ちゃん主演!ってことで見に行きました。

オケ老人

なんて衝撃的な題名!

バイオリンの心得のある主人公、杏ちゃん扮する千鶴(ワタシと同名?!でも読み方違うけど~)さんが、

ひょんなことからお年寄りばかりのオーケストラの指揮をすることになったお話です。

以下ネタバレ注意!















コンサートで感銘を受けた千鶴さんが、昔していたバイオリンを社会人になって復活したくなっちゃった。

てのがお話の始まり。

あらすじはHPでご確認ください。


戦後間もない若いころ、音楽にあこがれても、かなえられなかった楽器の演奏。

ってことで集まった梅が丘交響楽団のメンバーは、高齢な方ばかり。

おしゃべりや飲み会が主になってしまって、演奏が上達しなくても、

本来の目的は演奏だけじゃない。

千鶴さんは純粋にオーケストラで演奏がしたい。

ご老人たちののんびり過ぎる行動に、

気持ちがすれ違がっちゃって、エリートオケの梅フィルに入団して掛け持ちしちゃったけど、

野々村さんが倒れちゃって急きょ梅響の指揮をすることになっちゃった。

演奏会にフランスから有名な指揮者が来ると、

でもその演奏会に出られるレベルになるため、

寝る暇も惜しんで必死に一人で練習する千鶴さん。

案の定、

寝落ちしちゃって肝心のオーディションに遅刻。。。

社会人が趣味で何かをするって、時間と心と体力、この3つのバランスですね。。。


心臓に爆弾を抱えた梅響コンマス&指揮の笹野高史さん。

自分ひとりじゃ楽器の持ち運びができないチェロの小松雅夫さん。

練習中にクリームパンを食べちゃうオーボエの藤田弓子さん。

酸素ボンベを引きずってトランペットを吹く森下能幸さん。

ばちさばきがめちゃめちゃかっこよかったティンパニの石倉三郎さん。

他個性あふれる面々でした。

出演者のみなさん、楽器演奏は初めてで、この映画のために習い始めたとか。

メイキングで藤田弓子さんがおっしゃってましたが、

いくつになっても新しいことに挑戦するのは、すごく素敵なこと。

って。

お年寄りでも、お年寄りなりの楽しみ方と取り組み方を野々村さんから指揮を受け継いだ千鶴さん。

千鶴さん不在をフォローしてくれた高校生のコータロー君の教え方で、

おじいちゃんたちが上達したのを見て、千鶴さんの心が動きました。

梅響と梅フィルの確執を、野々村さんの孫娘と、

梅響から分裂した梅フィル主催の石光さん演じる

最終的に素敵な演奏会を開くことができました。


演技のためだったかもしれないけど、皆さん笑顔が素敵でした。

音はプロの方たちの吹き替えだったかもしれないけど、

指運びとかアップで撮られるから、杏ちゃんは撮影前から猛練習してたんだって。

指揮もプロの方に絶賛されてました。

確かに、

クライマックスの梅響の演奏会場面は、杏ちゃん演ずる千鶴さんの指揮者ぶりが、

映画で演技なのに、

実際に存在するオーケストラのドキュメンタリーを見ているのじゃないか?

演奏後、指揮者がコンマス野々村さんを促して、

オケメンバー全員で立ち上がる場面で、ワタシ、スタンディングオベーションしちゃいそうでした。

いえ、したかった!

拍手だけでもしたかった!!!


平日の昼間の映画館は寂しいですね。

ワタシ含め、10人いたかどうか。。

そして、ワタシより少し年上の人ばかりで、

”おくりびと”を見た時と同じ、笑いのポイントが違った~

エンディングロールが始まっても、だれも席を立たない。

館内の明かりがすべて点灯するまで、だれも立ち上がらない。

映画の余韻を楽しめた貴重な時間でした。




せいせいするほど 愛してる

前クールで終了したドラマですが、
最初の1回目を見て、
うーん。。。
となって、そのあととびとびで見て、
後半から一気にのめりこんだ、
せいせいするほど愛してる
タッキーと武井咲の不倫をステキな恋愛ドラマに仕立てたもの。
タッキー扮するティファニー副社長(海里)の奥様(優香)さんの白熱した演技が話題になりました。
最終回の1回前で物語が終わりだったらよかったのに。。。

あこがれて、熱望して入社出来たティファニーをスキャンダルで退社した主人公(未亜)が、
実家の商店街のセレクトショップで働いて。。。
ってあれがセレクトショップ!?リサイクルショップかと思ったわ。
せっかくティファニーの全面協力なんだから、もうちょっとなんとかならなかったのか?!
と後味の悪さはてんこ盛り。
販売員(お店番)で雇われてすぐにバイヤーとして東京に行ってくれなんて、
まぁ、未亜の前歴をかってだろうけど、
商品の買い付けに、ショーを見に行くんだけど、
優香さんのあの服をバイイングして、うううう売れるのか?!
優香さんとの再会の展開にもっていくにはそうするしかなかったんだろうけど、
ムリムリ、かなりの無理があるんじゃね。

そんでもって、海里の結婚式に招待されるって、ここから、
まさか
これって海里と未亜の結婚式じゃね?
って想像してたら、その通りになってたし。
最後は記憶が戻って優香さんが超イイ人になってさー!
だって優香さんは自分が海里を嫌になって浮気して、離婚するはずだったのに、自分で運転して自爆事故起こして、
海里を亡き者にしたかったんじゃんね。
優香さん、ありえない展開。。。



くりはらおめでとー!

って横澤夏子扮する先輩たちに祝福されるサプライズ。
ふりまわされた宮沢さん、お疲れさまでした。

ずーーーーっとくすぶってる感想文、今頃書いて、すっきりしてみました。
あくまで個人的感想。
ご意見ご指摘等、コメントお待ちしています。
(;^ω^)

コンビニ人間

015_20160804134801efe.jpg
題名を聞いて即座にネット注文しちゃった1冊。
読み始めて2時間かからず読み切ってしまいました。
早朝、
セミの鳴き声が遠くで聞こえる静かな一室で、寝ころびながら読み進み、
途中、あまりの予想外な展開に、

「えっ!!?」
「ええっーーーっ!」

と声を発してしまった。

以下、内容が解ってしまうので、ご理解ある方のみお進みください。






















コンビニ=マニュアル
と思われる方がほとんどだと思いますが、
マニュアルを基に思考しながらの仕事となります。
幼いころの思い出を軸に、自分が世間とずれているとわかった主人公は、
自分の居場所を探します。
偶然通りかかった開店準備スタッフ募集の張り紙で、アルバイトを始めることになりました。
マニュアル通りに動いていれば安心なコンビニの世界で、主人公は18年を過ごします。
マニュアル通り
そういうけど、実際のところ、マニュアルに沿って自分で考える部分がとても多いと思います。
来店客に素早く対応する術は、マニュアルや先輩から教えられても、
実際の経験から学んで会得していくしかないのです。
36歳になっても独身で、就職もしないでずっと同じコンビニでのアルバイト。
世間からのズレていると、両親家族が心配します。
大学を出たら就職をして、結婚して子供を産み育てる。
その一連の流れを”あたりまえ”と同級生から責められます。
特に同級生の伴侶に責められる場面は、きっと著者が今まで経験してきたことなのでは?
と心配になってしまうほど、リアルに書かれていました。
自分の生活を自分自身で支えて、誰にも迷惑をかけてこなかった主人公に、
真逆な男性が同じアルバイトとして現れます。
自分の夢を追うのはいいけど、
まるで現実味を帯びない夢を、
叶えられないのは自分意外の人間が悪いと思い込んだ、勘違い野郎です。
コンビニの仕事をなめ、先輩の指示を守れない、勤務中に非常識な態度をとる。
ここからが、

ええええ!!!
えーーーーっ!!???


声に出てしまうほどの展開になっていくのです。
たとえネタバレ注意報を出していても、
ワタシには書けない書けない。
皆さんにとても身近な存在で、
「今まで利用したことなんて、無いよ。」
って人はいないぐらい浸透していて、日常生活に不可欠なコンビニエンスストアが舞台の小説。
芥川賞受賞っていうのはこういう作品なんだ。
重みをずっしり感じた小説でした。

日本で一番悪い奴ら

011_20160724135842928.jpg

久しぶりに映画鑑賞です!
ちょっとエグイ内容なのに、付き合ってくれたTちゃん、ありがとう!!



これは見たい!
と思ったきっかけは、やっぱり主演が、

綾野剛 サン

名前を打ち込むだけで恥ずかしい。。。
50過ぎるオバサンが顔を赤らめてシマイマス。。どーでもいいことは置いといて。

主題歌は東京スカパラダイスオーケストラfeat. Ken Yokoyama

日本警察最大の不祥事がテーマです。
どこまでフィクションでどこからがノンフィクションなのか、
あまりの迫力にすべてフィクションであってほしい内容でした。

ネタばれありなので、これから映画を見る方はスルーしてくださいね~~










綾野剛サン扮する実直な警察官、諸星が悪に染まっていく過程は見ものです。
刑事もヤ○ザも紙一重なガラの悪さを、
ついこの間まで産科医でピアニストを演じていたのが同一人物なんて、
綾野さんはすごい俳優さんです。
私個人としてはわが郷土の誇り、
ピエール瀧さん演じる先輩極悪刑事 村井。
消えるのが早すぎで残念なんですけど!!!!
この極悪を継いのが諸星なんですね~
中村獅童サンは役作りはあんまりいらないヤ○ザの親分。
拳銃密輸、麻薬売買。
絶対撲滅したいものです。
取り締まる警官が密輸組織と直接交渉して摘発件数を、
”点数稼ぎ”
で検挙するなんて。なにが正義なんだろう。
綿密に練った計画が、諸星の餃子耳でダメになってしまう。
皮肉だよなぁ。
柔道で採用され、柔道で昇進し、
「や○ざが餃子耳なんておかしいだろ。」
おとり捜査で検挙しようとしたや○ざさんとの場面でのセリフ。
正義の味方だったはずの警察が、悪の塊だった。
悪の塊に追い込まれ、現実から逃避するため覚せい剤を打つ。
初めてのこのシーンはイケメン俳優のくくりでは絶対しない演出です!(個人的に断言!)
演技だけど麻薬覚せい剤は絶対かかわりたくない!
強烈に思いました。

最終的に諸星だけが検挙され、そのほかに関わった警察内部の人たちは捜査さえされなかった。

正義ってなんだろな。
左遷され、麻薬におぼれながら、一人で暮らすアパートに、
きれいに掲げられた多数の賞状。
よれよれでぼろぼろな諸星の風貌と真逆な賞状は、
悪の方法で”手に”入れた。

本当は柔道を極めた”正義”で表彰されたかったんだろうな。
こんな演出もピリリと効いて心に残ります。


たいして歳が離れてると思えない諸星を、
”おやじ”
と呼んで慕う(?)スパイ役のデニスとYOUNG DAYS。
コミカルな掛け合いに時々笑いも起きる館内。
その絶妙な笑いのおかげで、
重苦しい内容がさらに際立って、心に残る作品でした。


何事も追及したい性格だもんで、この事件関連の書籍も図書館にて手配中。
早く読まねば。

端島(軍艦島)関連

市立図書館に登録すると、オンラインで市内の全蔵書が検索できる。
試しに、
検索ワードに
”軍艦島”
と入れてみた。
出てくる出てくる。
どれから読もうか悩んだけど、実際に島で生活していた方の手記を手始めにと2冊えらんだ。
003_20160314145320146.jpg
軍艦島離島40年 の著者は軍艦島を世界遺産にする会発起人 坂本道徳氏。
端島は炭鉱の所有者、三菱のものである。
島全体が企業に所有権があるってのも理解しづらかったし、
炭鉱で働く人だけが、単身赴任的に生活しているのかと思っていたから、
人の生活に必要な病院などの施設ももちろんだけど、
小中学校、保育園まであったってのが、不思議でしかたなかった。
働く人だけがそこにいても、生産性があがらない。
つまり、
自分の生活に満足できれば、それ以上働こうと思わなくなっちゃうので、
家族をそばにおいて、生活のための勤労意欲を高めさせるってことなんだって!
筆者もそうして働き手のお父さんと一緒に島に渡ったのですね。
ついさっきまで人がいた気配の写真。
時間の経過が朽ち落ちていく外壁で見て取れるけど、
なぜそんなに急に人がいなくなることになったのか。
人の息遣いが聞こえそうなアパートの一室に置き去りの家財道具は、
生産コストがかかる石炭から石油へシフトするエネルギー税策で、閉山が決定し、
ほんの数か月で、島に住む全員の撤収が決められ、
いつか戻れると期待した住人が生活物資をそのままに離島した住居もあり、
当時の最新家電たちが埃にまみれ、割れた窓ガラスからの風雨にさらされ、
物悲しさをいっそうかきたてられる写真の数々。

自分的な大きな疑問が解決され、冷静に写真を見直し、文章を読み返した。

近代日本を支えてきた端島炭鉱の
世界遺産認定
これによって、崩壊寸前の建物の保存が期待できる。

か?

と筆者がくくっている。
膨大な予算はどこから調達されるのか。
後世に残す主導権は誰がもつのか。

ざわついた心のざわつきがどこからきているのかやっと見えてきた。
自国自給自足エネルギーを放棄した証が端島なんだろうな。。。



最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索