FC2ブログ

ふたり


私にとって唐沢寿明さんはトイ・スイトーリーの

ウッディ~~~イ

か、
白い巨塔の

財前君

なのだけど。
この人と、山口智子さんの”ふたり”のプライベートが気になって借りてみた。
去年のいつだったか、山口さんの雑誌のインタビュー記事で
生まない選択
って書かれてたのが気になって借りてみたのだ。

唐沢さんの半生記、下積み時代から”愛という名のもとに”のオーディションで主役を勝ち取った裏話が書かれていた。
私はこの”愛という名のもとに”ってドラマはリアルタイムで見ていない。
あのころ私の周りでは、このドラマの話題で持ちきりだった。
チョロが自殺した翌日は開店前の掃除時間から、
「チョロがさ!」「なんで自殺?!」「ちょろ~~~!!!」
フロアのそこここでしゃべりあうスタッフたち。
(あんたたちの友達か?!)
と冷めた目で見ていたものだった。
どこが面白いかわからない。
オープニングの浜田省吾の歌は素敵だけど、
♪だれもが~ぁぁああ owooowooo♪
と聞きほれてほかの番組を見る木曜の夜だった。


あーそうか、そうなんだ。
唐沢さん演じる青年の清潔感あふれるお坊ちゃま役が、どーしても好きになれなかったんだ。

オーディションで受かるため、不本意な白いポロシャツとチノパンで挑んだ。

そこを読んで納得した。
なんか取ってつけたみたいなその役どころが、
そぐわない
なんて思ったんだ!!って今更思うのはこじ付けかも~~~


家族内で葛藤の多い少年時代を過ごした唐沢さんが、
唯一心を許せると、親交を深めた山口さんも、複雑な家庭環境で成長したとあった。

おやになりたくない
子供を産んで育てる人生を望まない

衝撃的な言葉だな。
私も若いころ、こんな自分が人の親になんてなれない。
そう思っていたけど、それは伴侶によって変えられた。

山口さんに惚れ込んで、山口さんの希望をかなえることが自分の喜び。

なんてことが書かれてた。はい、ごちそうさま。

「三度も言わせるなーーーーーーっ!!!」

つい最近、花山さん(byとと姉ちゃん)が叫びました。
私が唐沢さんに求めているのはコレコレ!

伴侶の山口さんと出会えた朝ドラに恩返しで出演しました。

なんていうおのろけ。ハイハイごちそうさま!

家族(父親)との確執から家出をして、自分の意思を曲げて受かったオーディションで一躍脚光を浴びた。
白いポロシャツにチノパン。
清潔路線を進言したのは私も好きな浅野ゆう子さんなんだって。
トレンディドラマの女王の進言ならば受けないわけにはいかないよね~~~
自分の意思を押し通し、それまでのイメージのまま進んでいたら、
スーツアクターっていう仮面ライダーの中の人やエキストラのままだったかもしれないの。

人生の転機は自分が納得できなくても、人のアドバイスを受け取ること。
なのかなぁ。

すてきなあなたに

NHKの朝ドラでにわかに(自分的に)話題にのぼった、

”暮しの手帖”

私の母も愛読者でした。

あのころ、昭和50年前後、市販されている家計簿ってのがなく、
「”主婦の友”は家計簿がほしいから」
ってことで、新年号だけ購入していた。
新年号だけというわけじゃないけど、歯抜けの月刊誌の主婦の友に対し、ずーっと連番で並ぶ

”暮しの手帖”

ナゼ?
「広告がないから」
そう言い切った母親。
確かに紙面は、広告スポンサーがいたとしたら決して書けない、
家庭用洗濯機やら最新電子レンジやら国内外のメーカー製品がずらりと並ぶ商品テストの記事。
「小学校高学年のアンタは読んでも意味、分からんら~」
などと母親に言われて、確かにピンとこない記事内容でも、なぜか没頭して読みふけっていた思い出がある。
モーターの耐久テスト結果や科学実験結果のような紙面の中に、

すてきなあなたに

っていう編集者の大橋鎭子のエッセイがあった。
これはさすがに理解不能!
華美でない大人の感性で書かれた事柄は10年しか生きていない私にとって未知すぎた。

おいしい紅茶の入れ方
茶葉を茶さじ人数分プラス1(ポットの分)

緑茶のように茶葉を急須じゃなくてティーポットに入れる???
ティーバッグしか知らないよ。

バス停で出会った見ず知らずのご婦人と話した内容とか。

謎すぎて読み飛ばしていた。
なにより、題名の、

すてきなあなたに

って題名が理解できなかった。


あれから40年(きみまろみたいな書き出しだ)
記憶の奥に、思い出すこともなかった暮しの手帖が脚光を浴びた。
ドラマの設定では自分の地元出身って設定になっている。
図書館でも特設コーナーが設けられ、素通りできない状態だ。

すてきなあなたに

が抜粋され単行本になっていた。
懐かしさのあまり借りてみた。
ああ、この文章。
挿絵はペン描きのあっさりしたもの。写真など全くなく、
文字だけで、料理を表現するこの書き方。
フランス、パリ、ロンドン、アメリカ。西洋欧米諸国の話題もありました。
人生経験はもちろん、知識も乏しい10歳の私には、活字を追うのが精いっぱいで、
鎭子さんが伝えたい事柄がどんなものなのか、まったく浮かんでこなかった。
自分が母親の本棚から読んでいた年代が抜粋されているだろう巻を選んで、
まさしくあのころ読んだ文章に巡り合えた。
思い描いても描けなかった想像が、今この歳だから想像できた。

見ず知らずのかたと天ぷら屋さんの店先で意気投合して相席した話。
小雨の中、見知らぬ人にさしかけられた傘に一緒に歩き出した話。

50を過ぎた今だからこそ、
ああ、こんな出会いをしてみたい。

としみじみと思った。


すてきなあなたに    なるために

すてきなあなたに    出会うように

すてきなあなたに    素敵な時間を


題名の

すてきなあなたに

の後にはこんな言葉がつづくんだろうな。。


本を読むのは大嫌いだった。
作文大嫌い
夏休みの日記もろくにかけなかったあのころ。

大人の世界を垣間見た

すてきなあなたに なれますように

全く面識のない鎭子さんに諭された。


そんなことを思い出す一冊でした。

出会い

自宅近くに市立図書館がある。
出来立ての時は、
とても設備の整った蔵書の充実した図書館
ってことで新聞なんかでも取り上げられていた。
道路に面した大きなガラス越しに、ゆったり読書に励む人や、勉強にいそしむ若者が見えた。
土足厳禁のじゅうたん敷きの一室では、小さな子向けの読み聞かせ会があったりした。
ウチもその会に参加してみたいものだ。
あわただしく子供と過ごしていた毎日のなかで、ほっとする時間を過ごしてみたいものだ。
娘が学校の授業で調べ物があるから。
なんて1度だけ、足を踏み入れたことがある。
シーンとした室内。
どんな小さな雑音もゆるされない、ひそやかな空気。

活字がワタシを呼んでいる。。
借りたい、借りたい!
読みたい、何か読みたい!

でも、
借りたとして指定の15日以内に読んで返せるの?
読みだしたら、あっという間で大丈夫。
でも、ほんの10分、15分のまとまった時間も、一人の時間がないよ。
借りたとしても、期限内に読破して返せる確証はない。


目の毒、目の毒。
借りても、読めない。

高校時代、休み時間ごとに図書室に入り浸っていた。
友人が作れず孤立していた休憩時間を過ごすため、図書室に逃げ込んでいた。
創立3年目の図書室の本は新品ばかりで、真新しい未記入の図書カードばかりだった。
空間が目立つ本棚は卒業の頃は、ほぼ埋まっていた。
そして卒業のころ、友人との談笑に忙しく、図書室に向かうこともなくなっていた。

あのころ、活字に自分の行き場を得ていた。
あのころ、思い悩んだ時間を活字に助けられた。

そして今、出会ったこの三冊。
009.jpg
生きるヒントを与えてくれるだろうか。。。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索