スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる気の有る無し

先週の火曜日と木曜日の稽古で、
火手
を習いました。
師範の説明と共に一つ一つ覚えようとするのですが、
私はそれが大の苦手です。
「技の名前を覚えていないから、新しい型も覚えられないんです!!!」
と今日はいつになくきつい口調です。

O君が違う支部に移り、
D君が、今度の大会を最後に辞める事になりました。

貴重な黒帯さんが2人もいなくなってしまいます。
5月の県大会で入賞を期待できるのは、、、、、、


そのせいかどうか解りませんが、
この何ヶ月か落ち着いていた激が、飛びまくっていました。
って、それは私達家族3人に向けてだったんですが。。。。


何を目的でやっているんですか?
私にはあなたの先が見えません。
黒帯が本当に欲しいんですか?
自分自身で努力していますか?
人任せな稽古をしないで下さい。
体重は減っていますか?自分でいえますか?
本当にやる気があるんですか?


そして終盤の稽古は組手です。
黒帯のSちゃん、娘、私。
胴当て、メンホーつけて師範の前に立ちます。
私達が技を出し、師範が受け反撃。
その反撃をかわして、さらに技を出す。
娘の構え、何度注意されても手が下がったままです。
下がった所から上段を出すと時間がかかります。
時間をかけている間に、師範の中段が容赦なく飛びます。
師範の絶妙な止め方で大事にはなりませんが、
娘はしょげ泣きました。
泣きながらかわそうとしていましたが、
ただただ下がるばかりで、
「これが本当の試合だったら、場外で失格!」
師範にそう言われました。

私はなれないメンホーと、事故の後遺症で視野までおかしくなってしまったので、
師範の動きが全く見えませんでした。
って、早くて見えないのもあるんですけど。。。
距離感もつかめなくて、ワンツーなんて全く入らず、
師範の上段を受けました。
顎の付け根がキーンとなり、のどの奥が締め付けられ、
息が出来なくなりました。
そこで私は終了。

火手
の一つ一つの挙動を活字に起こしたプリントを頂きました。
技の名前も覚えられない私に宿題です。



スポンサーサイト

息切れ

稽古の中盤で、上級者と初級者に分かれて型の稽古をします。
上級者の指導は師範。
初級者の指導は、なんと!すえさんがまかされてます。

平安初段から三段まで、号令をかけながら自分でも演武します。

これが、

辛い。。。

私のリズムで行っているので、決して早くない!スローテンポです!
スローテンポでも、
腹式呼吸で腹の底から号令を出していると、
型の終わりごろで、息切れがしてしまいます。

号令をかける人間が気合いの入らない声をだすと、
生徒たちの動きも鈍くなるんですね。
気合いの入った大きな声を意識すると、
”あれ?次の挙動はどうだったっけ?”
と解らなくなってしまいます。
まずい、非常にマズイ。

そう考えると、師範って、すごいなぁ。。。
ずーーーーーーっと指導しっぱなしで、声出し続けていてなおかつお手本も見せる。
移動基本も型も、自由組手の飛び足の時も、声出しっぱなしだし。
すごいよなぁ。。。

型の醍醐味

18:30から始まる稽古。
級に応じて
20:00
20:30
と終了時間が違います。
20:30から21:00まで茶帯黒帯の強化稽古の時間になります。
私と息子は20:30で終わりますが、
娘の終了時間まで、
自主練をしたりうるさくならないようにボール遊びをしたり過ごします。
今日は師範が出してくれたサンドバックに逆突きや前蹴り回し蹴りの練習をしたので、
そのまま使わせてもらってました。
息子は力任せに突いたり蹴ったり、
体育館の隅で師範の目が届いていないことをいいことに、夢中でサンドバックを揺らしていました。


黒帯D君が得意型の稽古を始めました。
前回の稽古で、気合いの入り方が少なすぎ!と師範に注意され、
ちょっぴりしてたD君。
今日はどう?
と息子の傍若無人振りを横目で見ながら見つめました。


「燕飛!」


大きく気合いの入った声が体育館じゅうに響き渡り、
すーっと息を整える吐息まで聞こえ、緊張感が伝わってきました。
D君の声が聞こえたのか、雰囲気を察したのか、
暴れていた息子がD君を見つめ、しっかりと正座しました。

注意されたことをしっかり治して得意型を演武し始めたD君。
それを背筋を伸ばして見つめる息子。
前までだったら、こんな時、私が口うるさく言わないとそうしなかった息子。
周りの状況を察して行動できるようになったんだね。
そして、型の醍醐味をかもしだしているD君。
息子もいづれこんな風にD君見たいに演武出来るようになるんだろうか。
3月末、インフルエンザで稽古に出られなかった。
小学校に入学してからは、慣れない生活で疲れ果てて稽古に行かせようとしても泣いてぐずってダメだった。
仕方ない。
そう割り切って休ませた。
久々の今日の稽古で、ずいぶん久しぶりの型。
平安四段もほとんど間違えなく演武出来ていた。
すごいなぁ。
私だったら、ちょっとやらないでいたら、忘れちゃうもんなぁ。。


最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。