行きたくない!

4月に入って、息子が稽古に行きたがらなくなりました。
3月の終わりにインフルエンザにかかり、一週間稽古を休んで、
息子は小学校に入学した。
昔よりはるかに軽くなった、出もそれなりの重さのあるランドセルを背負って、
保育園に通園するより2時間近く早起きをして、
2kmを歩いて通学している。
新しい小学校生活に疲れているのかな。
そう思い、週に3回ある稽古の1回は休みを許していた。
でも。
そうは言ってはいられない。
支度をしろとせかす私に、ガンとして空手衣に着替えない息子。
泣きながら身もだえしながら、稽古に行きたくないと連呼する。

疲れているだけだからだろうか。
理由を色々考えてみたが、
思い当たることは、
私が一緒に稽古しているから。
師範からの叱咤が私に飛び、息子に飛ぶ。
娘にも飛ぶ。
家族そろって・・・
みたいなことも言われたこともある。
特に私へのダメ出しには、苦言がてんこもり。



そんな母親の姿を見たくないのか。


そう、一緒に稽古していると、お互いに色んなことが見えてくる。
見えすぎて嫌になることもある。
息子自身も叱られていることを家に帰ってまでも、
私と娘でダメ出しをしてしまう。
娘は中学に入り部活に熱心になり、稽古時間に帰宅せず。。。
私も息子との距離を考え、他支部へ移籍した。
これで息子も素直に稽古に行く。
と安堵していた。
6:30からの稽古に6時前に空手着に着替え、
「もう行こう!!」
と母をせかす息子。
考えられないわ~
5分もかからない道のりを考え、まだ早すぎると制止する母をせかす息子。
それが2回続いた。
調子いいわ~~~
と安堵していたのに、
「いやいやけいこにきただろうってせんせいにいわれた。」
稽古から戻った息子がポツリと言った。
ムムムムム。
感情が顔に出る癖は母親譲り。
何かのきっかけで、やる気のない表情をしてしまったのかもしれない。
でも、
稽古時間ぎりぎり、もしくは稽古開始時間を過ぎて登場していた息子が、
稽古開始時間前に来ていた変化を見てもらえなかったのか。

行きたくない病再発だ。


もったいない、もったいない

先生からいくつかの注意を受ける。

100個言われてもいきなり直るものじゃないんだから、
一つ一つを一生懸命直していけばいい。


との言葉と共に、注意を受ける。
その一言一言を耳から出ないように稽古を続ける。
耳から入った言葉を、脳みそのしわの中にしまい込んで、
どんなに動いても、こぼれおちないようになったらいいのに!!

「まわって!」
の号令と共に遠心力で耳から出ちゃいそう。
あっ、私の動きなら遠心力なんて起きないか。。。

上半身の力を抜いて

押忍

力を入れるのは簡単だけど、力を抜くのはものすごく大変。
基本中の基本の直突きなのに、20本を終る頃には汗だくになる。
先生が私の目の前に立ち、つま先のほんの少しの角度を注意する。

押忍

そう答えて直すと、頷きながら隣の人の目の前に立つ。

腕はもう少し上です

押忍

そう答えて直すと、すかさず、

それでいいです。良くなりました。

子供には子供の
中学生には中学生の
青年には青年の
壮年には壮年への言葉に変え
注意が続く

でも、注意の後には必ず、

OK!

が出される。

間違えていても、直す努力をすればいい。

型の途中で、
(まっ、間違えた!)
とひとつ前の挙動に戻っても、

それでいいんですよ

そう褒められる。

子供には子供の
中学生には中学生の
青年には青年の
壮年には壮年の

緩急を見ながら号令がかかる。

はっ、今日注意されたことはなんだったっけ?

もったいないもったいない
忘れるなんてもったいない




最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索