スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心が折れる


つい最近、前の道場で一緒だった子が、折れかけていると聞いた。
昇段審査を目前にして、熱の籠った稽古に参加していると聞いていたけど、
どうしたんだろう?
直接聞いてみて、
ああ、やっぱり。
ああ、やっぱり、同じことを繰り返しているんだ。
折れかけた心はその子だけじゃなく、その子の両親の心も折れかけていた。
折れて傷ついて、その傷の痛みをどこで癒して立ち直るか、癒す場所を探していた。

「なんだか、ウチの子はイラナイって言われてるみたいな気がした。」
その子のママはそう嘆いた。
段審査目前で熱い指導にさらに熱さが加わって、指導は違う方向に向かってしまった。

「すごくいい先生なのになんでだろう。」
その子のママは嘆きながらも先生へ敬意をはらう。

私もそうだったよ。
今の道場に移って、あのときあの先生に厳しく指導されて良かった。
って思うことが何度もあるもん。
熱いものを持っていることは悪い事じゃない。
熱いからこそ、導き出される素晴らしいものに出会うことができた。
ただ、熱すぎて行き過ぎた時、酷い火傷を負わされてしまう。
目標は一つで同じなのに。
ただ言葉の一つ一つが小さな子の心を折る。
心を折るつもりでそうなったのではないと、理解するよう大人は努力する。
熱すぎた言葉は大人の心も折る。

私も 
アナタハ イラナイ
と言われた気がした時があった。
折られた心を
”反骨心”
で乗り越えられる子だけがその場所にいられる。
乗り越えられた大人だけがその場所にいられる。

心を折る言葉で教えられても、身体は動かないよ。
心を折る言葉で教えられても、頭の中に入らないよ。

頭と身体と心は、
繋がっているんだからね。
スポンサーサイト

比べる

私は親から、
「○○ちゃんみたいに勉強できるようになりなさい!!」
みたいな事を言われた記憶がない。
それだからかどうか解らないけど、
物心付いたときから、
私は私
ってのが染み付いていた。
だから大人になって仕事場なんかで誰かと比較されても、
私は○○さんじゃないんだから、出来なくて当たり前じゃん。
と開き直ってしまっていた。
人間一人ひとり、違うミトコンドリアで形成されているんだから、
一卵性双生児だって全く同じじゃないんだから、
なんで同じようにならなきゃいけないんだろう。
だから私も子供に、
「○○ちゃん見たいに勉強できるようになりなさい!」
とは、言わない。
成績が良い子は必ず努力しているから、その努力の仕方を見習いなさい!
と言うようにしている。
だってトンビが鷹を生めるわけないんだから。
トンビにはトンビの良さがあって、鷹にはない魅力があるんだよ。





誰かと比べて「お前は劣っている」だから努力しろ

反骨精神を養うのも必要かもしれないけど、
それがすべての育て方になってしまった大人は、
子供に信用されないよ。

国母君

カナダ、バンクーバーオリンピックが開幕ですね。

でもって、もーーー騒がしいったらありゃしない。
朝青龍の話題がかきけされちゃってます。

国母君。
YAHOOのニュースで”国母”って出てて、
最近韓国歴史ドラマにはまっている私は、
国母=国王の母
って思って、誰?
服装の乱れ
と検索しまくっちゃいました。
やっと探し当てた画像。

国母 どの子? この子? 乱れてるの? どこが?


すみません。
私、かなり麻痺してるかもしれません。
今どきの男子高校生を見慣れている私には、
この程度で、国家を揺るがす騒動になるとは思えません。
っていうか、ドレッドヘアに似合っててGOOD
21歳で3年前まで高校生だったんでしょう。
やっと制服から解放されて、やれやれだったのに、
五輪代表だ!って言って、また窮屈なブレザーとネクタイだもんね~
しかも国母君の出場種目はスノボーでしょ。
個性を押し通してここまで上り詰めたと思うし、
個性を押しこめられることが一番屈辱なんじゃなかなぁ。
でもっていつも思うんだけど、こうゆうユニホームってどうなのかなぁ。
ジャージはお揃いじゃないとしまらないけど、
出入国の時までお揃いじゃないとダメなのかなぁ。
それにしても謝罪会見とかも大げさなんじゃないのかなぁ。
そこまで言うなら、ちゃんとした着方に正さなかった同行のコーチにこそ謝って欲しかった。
と私は思いますけど。
開会式にも出られず、大会自体も辞退させるとまで発展しちゃうなんて、
なんだかなぁ。。


今回の自分流の着こなしを許さなかったのは、
ユニホームを作ったメーカーさんが一番だったかもしれないと想像しちゃいました。

右肩右腕

事故に遭ってから、
右半身がおかしくなっています。
特に右肩と右腕の感覚が乏しくなって、
どんな角度でどのくらいの高さにあるのか、
自分の体なのに解らなくなりました。

それが思い知らされたのは、去年の春ごろ前の道場で、平安四段の第一挙動で、
「そうじゃない!!」
とキツク師範に注意されました。
右腕の角度が悪い!と何度も何度もやり直しをされたのですが、
自分は師範のお手本通りに動かしているのに、
注意されていることが理解できなかったのです。
家に帰って鏡を見て愕然としました。
左腕を動かすのと同じように右腕を動かしているのに、
動いている右手はまったく違っていたのです。
意識せずに動かせる左手と違って、
右は肘と肩をすごく意識しないと、角度をつけて上に腕を上げることができないのです。
「違う!」
ときつく注意された理由がやっとそこで解りました。
姿勢が悪いと何度も注意されたことがありましたが、
何処が悪いのか解らなかったのですが、
右肩がどんな角度でいるのか解らないんです。
平安四段を打つ時は”右右右!右腕右肩!”と初めに意識しながらしています。

引手も右腕が甘くなるので、右肘右肘と念じています。
鉄騎初段を習うようになって、やっぱり右腕の角度が悪いとT子先生に注意されました。。。
「右腕に力が入りにくくて、腕が伸びちゃうんです。」
言い訳しちゃいました。
「平安四段も腕を上に上げていく時、すごく意識しないとダメなんです。」
K先生とT子先生にそう話して、
「へ~そうなの。でも意識すれば大丈夫なんでしょ。」
とT子先生に言われちゃいました。
「無理しないでね。」
K先生に言われました。
はい、無理しないで意識して頑張ります!


抜塞大では抜塞受けが右肩がすごく下がって注意されました。
「えっ?下がってますか?右肩さがってます?」
ってK先生に聞き返しちゃいました。
右肩を上げようとすると身体がよじれてきました。
「足のさばきに注意したら右肩が下がらないよ。」
とK先生に教えていただき、目からウロコが落ちました。
そうそう、そうなんでした。
ただ姿勢が悪いだけじゃないんですね。
後屈立から前屈立になるんだから足を少し動かさなきゃならない。
手技ばかりに気を取られてる証拠ですね。









寝ている布団に泥だらけに汚れたにゃんこが入ってきた。
もーっしょうがないなー!!
とタオルで拭き拭きしていると、
旦那と子供がやってきて、かわるがわるなでてかわいがって、
にゃんこもにゃんこで、生まれ付いてここに住んでいるかのようになごんでいた。



「○◎~~○◎~~~」


遠くから呼ぶ声に、聞こえてくる窓に向かっていったにゃんこ。
ここは2階だよ!
窓からひらりと飛んで声の主の胸に飛び込んだ。

大柄な短毛種のにゃんこだった。

武士の一分

いわずと知れたキムタク主演の時代劇です。
劇場公開では見ていず、一度目はTV放映で家事の合間に見ました。
内容そのものの感想はいまさらなので、
2度目に見ることが出来たとき、
心の奥にずしんと来たせりふを。。。

剣の達人、三村新之丞が退職後の夢を語るシーン。
武士や農民の身分に関係なく子供を教える剣道の道場を開きたいと妻に言い、

「身の丈にあった着物をあつらえるように、その子供に合った教えかたをしたいもんだ。」

そんな台詞だったと思います。
(なにせ、その場面は一度しか見てないもので。。)
盲目になって、やるせない日々を送っている新之丞。
これからの生活を憂い叔母の小言を聞き流す場面。
私は先の台詞を思い出して、
こんな先生がいる道場に子供を通わせたいのに、
お役目とはいえ、なんで?ーーーーーー!!
と感情移入しちゃいました。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。