スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月の宿題

DSCF2045.jpg
DSCF2046.jpg
葉っぱに見えますか?

DSCF2048.jpg
スポンサーサイト

練習

DSCF2043.jpg
DSCF2044.jpg
ピアスにするには大きすぎ
ネックレスにするには小さすぎの練習物
ヘアゴムに通してみました
これで蒸し暑い夏も、涼しげにすごせる~~

ボール遊び

ボール遊び


修行中

今日の稽古

今週は月曜日と金曜日が稽古お休みなので、
水、木と続けていきました。
心配なのは私の肩。
道場に着くと、先日受診を薦めてくださったパパさんが。。。
私の顔を見てすぐに心配してくださいました。
骨や関節には異常がなかったことをお伝えして、
「ふつーに主婦してる分には大丈夫なんです。」
と。。。
右手で荷物を持たないようにしたり、
高いところに手を伸ばすような動作はしないでいれば、
痛さを忘れるくらい回復しました。

ですが、稽古のときは慎重に慎重にしています。
無謀かもしれませんが、見学は非常にストレスが溜まります。
どうしても自分の子供に目が行ってしまい、
良く出来たところよりも、
(ああ、あの足ダメじゃん。あの指先ダメじゃん。姿勢悪くてダメじゃん。ダメダメじゃん!!)
と目つきが鋭くなっているようで、息子の態度も硬くなりがちでした。
まあ、たまにはそんなこともいいでしょう。
ダメだしを攻め立てるようなことは、わが道場の先生方はされませんので、
それに見習って、私も口には出さないようにしています。
ですから、先週の水曜日から稽古に”様子を見ながら”復活しているのです。
あの激痛を思い出し、準備体操から自分の肩腕の稼動範囲をさぐります。
先週の水曜日は、拳を握るのもままならず、
引き手ダメ、上げ受けは顔の前までしか上がりませんでした。
コレは出来てコレは出来ないと探りを入れながらの稽古で、
「立ち足だけでもしっかり稽古したらいいよ。」
と、とーこさんにアドバイスをもらっていましたが、
その立ち足もおろそかになってしまいました。
いかんいかん。

金曜日と今週の水曜と、少しづつ稼動範囲が広がって、
今日はなんだかとっても良い気持ちで稽古できました。
茶帯2人づつ先生の前に出て、初段審査要綱の移動基本をしました!
もちろん、私も!私含めて一般3人。
今までの稽古で注意されてきたことを思い出しながら、
丁寧にしよう。
と思ったんですが、あせっちゃってダメですね。
5本目に気合をかけるんですが、私以外長身(じゃなくて足の長さが違うのか)のイケメン君なので、
歩幅がまったく違って、
5本目、間違った?
と気弱になることしばしばでした。
毎回の稽古で先生から注意されたことを、必ずそのときに直すようにと、
稽古終わりの挨拶で先生が話されました。
みんな、がんばろうね!!





私の通っている道場で、4月から出席回数が多い順に精勤賞として表彰していただきました。
1位はユウキ!!
稽古が行われた日と出席回数を概算ですがしてみたら、
なんと約70%
頑張っている本人は勿論だけど、送迎しているご家族に拍手です。

ままならない

接骨院で診てもらっても、レントゲンを撮ってもらってないので、
空手の支部長先生に紹介していただいた病院の整形外科に行ってまいりました。
2度おかまを掘られたことがあって、
どうしても痛みや痺れが引かないから、
いくつかの整形外科や大学病院でレントゲン、CT、MRIと撮ってもらって、
画像診断上、なにも異常ありません。
って冷たく診断された経験があって、
医者不審になっています。
痛みや痺れは気の持ちよう 見たいに言われたときも有って、
最終的には精神科に行くよう言われたんです。
まるで、
ケビョウ デ イタイ ッテ イッテル
見たいに!
支部長先生が紹介してくれた病院は稽古に通っている生徒のお父さんが、
事務長をされているそうで、
それなら、もし、疑問があっても、お父さんを通して訴えられるワ。

「原因がちゃんとわからないと、動かしていいのか悪いのか、先の見通しがつかないじゃん。」
そう支部長先生に背中を押されて受診してまいりました。

レントゲンの結果、骨、頚椎、関節 どこも異常なしでございます。
じゃ、この痛みはなに!
痛みとともに痺れと握力低下も出てきて、
まるで、
頚椎損傷じゃないの?
まぁ、そんなに強く言いませんが、
疑問をストレートにぶつけてみました。
「筋肉のこわばりでも、頚椎損傷と同じ症状がでるんです。
肩周りの運動をしましょうね。」
と、こんなパンフレットを手渡されました。
DSCF2036.jpg
肩こり体操?
「運動不足って、週に3回、空手の稽古に通っていますが。。。」
「強い運動じゃ、筋肉はほぐれないんですよ。」
ガーーーーーン。知りませんでした。
いつも行っている美容院のおねえさんに、シャンプー後に肩もみをしてもらうんですが、
「肩こり過ぎですよ。」
なんて言われても、自覚症状がないのです。

右腕右肩を庇って日常生活を送っております。
買いもの袋は子供に持たせます。
洗濯物干しは左手でしてます。
極力右手右肩を使わないようにすごしています。
そうしたら、ずいぶんと痛みが取れてきました。
取れてきたから、ついつい普段どおりに動かしてしまうと・・・
でもって、Tシャツを着替えるとかの、
肩を回す動作は痛みを伴います。
夜寝るとき、痛いんですね。
私は右肩を下に横を向いて丸まって寝るのが好きなんですが、
もちろんそれは出来ません。
仰向けでも肩や腕が痛みます。
病院でもらったパンフレットにも、肩が痛いときにはクッションで支えると良いと描いてありました。
その通りにしても寝付けない。
そんな風に、ままならない日々をすごしています。

ご心配頂いた皆様、ありがとうございます。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。