スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休息

SBCA1442.jpg
SBCA1441.jpg
芝生は食べられるのかな?
スポンサーサイト

今日の稽古

明日、娘息子は始業式です。
息子が、
「今日の稽古は8時半で終わりね。」
と、私に言ってきました。
夏休み前まで、月曜日の稽古は8時30分で終わりにしてました。
娘も頷いていたので、そうしようかなぁ。と思いながら稽古に向かいました。
道場にはいつもの見慣れたメンバーと、
車椅子のフジタ君がいました。
稽古や大会で一緒になっても、話し掛けることはできなくて、
でも娘も息子もフジタ君と仲良くしてみたいと思っていたようです。
もちろん、私も。
とーこ先生の号令で稽古が始まりました。
移動基本のとき、
先生の号令のタイミングがいつもとちょっと違って、私が号令にあわせられなかったとき、
フジタ君の車椅子に合わせているととーこ先生が言われました。
突きや受けをしたあと、車椅子を操作するから一呼吸入れる感じなのですね。
休憩時間に8時30分で稽古を終わることを先生に伝えるよう息子に言いましたが、
「今日は最後までやろうかな。」
なんて今までにない発言
型も健常者と車椅子とでは挙動がもちろん違いますし、号令も違います。
私達が打ち終わって、フジタ君の終わるのを待つことになるのですが、
みんなでフジタ君を見つめてしまいます。
見つめられても、フジタ君は緩急を崩さず最後まで打ちます。
子供と大人と、青年と壮年と、同じ型を打つと終わりは一緒になりません。
私はみんなより気合が遅れることに、とても不安を感じていました。
遅れているとつい決めを甘くして早く終わることにこだわっていました。

だってそうしないと、みんなに注目されちゃうんだもん!!

組手の稽古をしているとき、支部長先生が来られました。
支部長先生はフジタ君と1対1で型の稽古をされていました。

フジタ君は去年の全国大会で優勝されています。
来月スコットランドのエジンバラで行われる、
第2回世界松涛武道祭空手道選手権大会
に出場されるそうです。
これから何度か一緒に稽古になるようです。

「床が傾斜してるから(車椅子が)自然に動いちゃう。」
と、車輪から手を離してスルスル~と動くさまをお茶目に見せてくれてましたね。
そうそう、稽古で使用している公民館ホールは、正面の舞台に向かって床が下がってますから~


心静かに・・・

15日、菩提寺にて水向け供養が行われました。
私はどなたかがお参りに来られる可能性があるため、義父宅で留守番をしました。
どなたか来客が有る可能性があるものの、
自分ひとりの静かな時間を有効に使おうと、
以前購入していた”あるもの”を持参してました。
心を沈めて口をすすぎ、般若心経を2回唱え机に向かいました。


小一時間、机に向かい集中して写し終わりました。

SBCA14241.jpg

本来なら硯と墨と小筆を使いますが、略式で筆ペンを使って書いてみました。
セミの鳴き声だけが聞こえる静かなところで、
線香の香りが漂う中で、
心を落ち着かせる時間。
とても貴重な時間でした。

盆義理

先の日記にも書きましたが、この地方独特の習慣に、
盆義理
というのが有ります。
知人友人ご近所が初盆のお宅にお参りをするのです。
そのとき、
「おさみしゅうございます」
と言う言葉を使って、お参りをしたお宅のご家族に挨拶をするのが習慣なのです。
恥ずかしながら、公団に住んでいる私は隣保のお付き合いをしたことがなく、
この言葉を覚えたのは去年のことでした。
義理父の初盆の支度をしながら、
幼馴染のミユキちゃんのお父さんが、義理父の1週間後に他界されました。
ミユキちゃんちも初盆だわ。

12日
13日から空手の稽古が夏休みに入るので、この日は絶対出席したかった。
でも、神奈川から義理姉家族が帰省して初盆の支度を手伝ってくれる。
そんななか、勝手はできないな。と欠席することに決めた夕方。
義理母の元同僚の先生達5人がお参りに来てくださいました。
義理母は何年か前まで保育園の給食の先生をしていました。
その保育園には娘息子もお世話になったので、お参りに来て下さった先生方すべての方にお世話になっていたのです。
夕方、日が落ちたとはいえ蒸し暑さは続いていました。
先生方は皆さん黒の礼服(喪服)で正装で来て下さったのです。
命日が先月だったこともあり、
「もう1年経ってしまったんですね。」
「早いですね。」
と義理母と挨拶に出た私達家族に声をかけていただきました。
先生達とは保育園だけじゃなく、家族ぐるみで親しくさせていただいていました。
娘や息子、甥や姪にも声をかけていただきました。

明日、幼馴染のお父さんのお参りに行って来てもいいですか?

ずーっと気になっていた。
ミユキちゃんちへ、13日の朝、お参りに出かけました。
実家から歩いて50歩ほど。
歳も同い年で、幼稚園へ上がる前からほとんど毎日一緒にすごしていました。
当時大流行のリカちゃん人形遊びが主流でしたが、
近所の畑に入り込んで鬼ごっこをしたりして、
私と正反対の大人しいミユキちゃんを振り回したりしてました。
そして、そうした悪さをミユキちゃん父は自分の子供と分け隔てなく、
注意し、叱ってくれました。
実家から通りに出ると、ミユキちゃんちの玄関が見えます。
少し歩くと、玄関からミユキちゃん母とミユキちゃんの姪御さんたちが車に乗り込む姿が見えました。
ミユキちゃんのお姉さん、マナミちゃん夫婦とどこかに出かけるようでした。
この時間では、お嫁にでたミユキちゃんはまだきていないのね。
マナミちゃんに、
”忙しいときにすみません”と頭を下げてお参りをさせていただきました。
「覚えていてくれたのね。嬉しいわ。」
マナミちゃんは私の訪問を喜んでくれました。
「命日が義父と1週間違いでした。」
だから覚えていたとは言いたくありませんが、
物心ついたときからの幼馴染のお父さんです。
最近はほとんど行き来がなくても、やっぱり忘れてはいけないことです。

盆義理
という習慣は本当にこの地域だけのようです。
亡き人を弔う葬儀には駆けつけても、
一周忌法要は家族親族のみになってしまいます。
亡き人を懐かしむ機会
残された家族を思いやる機会
としてこの地域だけのものじゃなくても良いような気がします。

13日の朝から、ご近所の方や義父のしたしかった方々のお参りを受けました。
義父の思い出を語り合い、義母のことを心にかけていただき、
特別心に残る儀式となりました。
この準備に奔走した時間を恨めしく思ったこともありましたが、

「義父を覚えていてくださって、ありがとうございます。」

改めてお礼を言える機会なんですよね。

今日の稽古

今日は基本の後、組手”だけ”の稽古でした。
一緒に行った娘が肩の調子が良くなかったのでほとんど見学。
立ち方や足の動きだけでも稽古せい!!!
という気分でしたが、足も先日捻挫して痛いと。。。
なんだかなぁ

今日は一般の生徒が私一人でした。
男子は小学3年生以上で、それぞれ相手を換えて稽古するよう先生に指示されてました。
私は小6女子のayuと組みました。
ayuは女の子らしい恥ずかしがりやで、大きな声をだしません。
先生に何度か注意されても小さな声でしか返事が出来ません。
突きもとっても遠慮して、前に立っても私の顔を見ないで突きを出します。
自由組手は怖いからイヤ~
と。。。
きちんとした間合いを取る稽古です。
当ててはいけない稽古です。
ですがayuには、
「当てて良いよ」
「当たりそうなら下がるから」
1本づつ声をかけてみました。
自分が突くときは間合いを意識して、苦手なすり足がちゃんと出来るようにしました。
私も大の苦手な連続逆突きの練習では、先生のお手本を一生懸命見てはいるけど、
「わかんなーい
と動けず止まってしまいました。
「こうで、こうで、こうするんだよ。。アレ?どうだっけ?」
アドバイスしてみるけど、やっぱりこんがらがってしまいました。
見学していた娘が、見かねて登場。
ayuに動きを教えてました。最初から娘登場してよ~~
二人で娘に教えられ、なんとなーくできるようになったかな?
「頭で理解しようとしないで、とにかく動いてみよー」
ayuになんども声をかけてしまいました。
突きはとっても遠慮して、ゆっくりしか出せないayuだけど、
蹴りは凄く良いんです。
回し蹴りなんて先生が教えている通り、横から膝を上げて引き足もちゃんととるし。
「ayu上手い!!」
稽古の終わりごろには、私の顔をみて突きを出してくれるようになりました。
ちょっと末ママ自己満足。
自分の娘だったら頭ごなしにガミガミ言って、褒めることよりダメだしばっかりして、
伸ばすことなんてきっとできないだろうな。
横でずっと見学してた娘はどう思ったんだろう。
これが息子だったら黙って見学なんてしないで、焼もち全開にしてたかも。。。
ですね。。




先週末、全国大会が開催されました。
小6のOコウキが型で優勝しました!!!
「がんばったね」
と声をかけると、すぐにアリガトウゴザイマスって返事してくれました。
小2のころから知っているコウキが少年を通り越して、青年になったようです。
型も同じでどっしりとして重い型ですから。
それに引き換えわが息子、
掲示板に張り出された入賞者名簿を見ながら、出場したかったと何度も言うし。
アンタはマダマダおこちゃまだよ。
大きな大会を経験したことのない私には、東海も全国も未知の世界だけど、
雰囲気に呑まれて圧倒され、冷静にできる自信がありません。
今回は法事があって出場はできませんでしたが、
親子型はやっぱり出場してみたいです。
先生が親子3代で出場されてましたが、家族で競技に出られるなんて、他にはないですよね。


暑くない?

良く晴れた8月の午前中。
SBCA1421.jpg


真夏に日向ぼっこですか?
暑くないですか?

SBCA1420.jpg
ハイ、なんともありません。


小一時間、おとなしくココにたたずんでいました。
超短毛だから、暑くないのか。。。。。

半年で体重は7kgを超えました。
ケンネルクラブ記載の標準体重は5kg。
デカグレ一直線です。

近況報告

またまた、ひとつき近く更新を怠っております。




子供達が夏休みに入って、部活なり学童保育なりに通っていると、
毎日毎日の弁当作りが課せられ、
冷凍食品のお世話になりつつ、そればかりでは良心の呵責に耐えられないので、
卵焼きや、肉ロールや、そぼろなど、
必ず1品は自作品を入れるようにしています。



酷暑猛暑の中の稽古は、まさしく修行です。
水分補給は体調管理と体力維持に左右されます。
なんか今日はさっぱりと、健康茶(はと麦、ウーロン、どくだみなどのブレンド)がいいな。
とコレを持っていった日は悲惨でした。
いくら飲んでも、のどの乾きは癒されません。
飲めば飲むほど胃に溜まって、全身に水が行き渡らず、
口はからからに渇いてしまいました。
市販のPやAなどのスポーツドリンクも良いですが、
飲んだ後の口の中のネバつきがどうも気になってしまいます。
私はやっぱり、運動中の水分補給はコレにかぎります!!
おばあちゃん特製の梅シロップ!!!
氷砂糖の糖分補給と梅のクエン酸効果で、疲労回復にも役立ちます!



この夏、7月に一周忌、8月は初盆と、義理父の法要が続きます。
葬儀そのものもそうでしたが、
すべてが初めて経験する儀式で戸惑うことばかりです。
祖父母の法要では外孫である私はお客さん状態で、
ただそこに座っているだけという状態でしたので、
多少聞き覚えのある語句があったとしても、
それがどんな意味なのか、どういうことをするのかなど全くわかりません。
儀式は宗派によって違いますが、
それよりなにより、
地域性を重んじるもので、回り近所の習慣に合わせなければいけないそうです。
そして、日本の中でもこの地域だけに見られる、葬儀と同じくらい重さをおく初盆。
こちらに詳しくかかれてます。
義理父母の出身は北陸地方なので、この儀式について予備知識がないと本当に困ってました。
まあ、私でさえ大念仏を初めて見たのが、ここ5年のことですから。




夏休み中に行われることで、もう一つ重大なこと。
受験高校体験入学会
娘の将来のために母はがんばりましょう。
と父兄同伴で出かけましたが、
意外と生徒だけで来校が珍しくないみたいです。
しかし、自分の時代と同じようで違っているのをじっくり見させていただきました。
感動したことが沢山あって、ココで詳しく書きたいのですが、
娘のプライバシーに関することなので、ちょっと控えたいと思います。



運転免許証の更新~~~
夏生まれが悔しく思うとき。
油ぎった汗でテラテラした顔。
化粧直しもあきらめてしまいます。
おまけに!今日はファンデーションのノリがすこぶる悪い!!
前回の美容院から3ヶ月!
ボサボサ&白髪!!!
ふん!
まあいいや!
3年の我慢だ!
視力検査結果は、
原付は裸眼オッケーだけど、
普通車二輪は眼鏡等
の条件付きました~~~~午前中は会計ソフト打つべし打つべし!!!
免許センターに来てから、
暇潰しにモバゲーしてたら当たり前よね(≧▼≦)
今の免許証はICチップ入りで、オレオレ詐欺とかを目前に防ぐんだそうです。
それと裏面に臓器移植意思カードが刷り込まれてて、
脳死と心臓停止時と臓器移植拒否と記入できるんです。
本人の署名欄があって、記入は任意なんですが、
旦那とシリアスに話し込んじゃいました。

それにしても、
皆さん感じの良い方ばかりです。
更新の度に職員の対応が良くなっています。
安全協会入会は絶対断る!
って意気込んでたけと、
おねいさんの柔らかい言葉と笑顔で、
NO!
と言えませんでした。
時代は変わったね~~~


最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。