先月の宿題

失敗をメタルパーツでカバー
初めてワイヤーを使ってみました。
DSCF0132.jpg
DSCF0129.jpg

優勝おめでとうございます

道場までの道がいつもより混んでいて、少し遅れてJ高校の武道場に着きました。
えっ、支部長先生が前で準備体操している
確か昨日、エジンバラを出発するって聞いたけど。
時差があっても今日、日本に着いた事になると思うけど。。。
じゃ、Kコウキは?
と探すと、しっかり体操してました
組手の決勝でドクターストップ寸前になっても、最後までやりきったと聞きました。
心なしか、屈伸がゆっくりで、体の動きもぎごちないような。。。

正座をして挨拶のあと、支部長先生から大会の様子を聞きました。
Kコウキの報告もありました。
先生に促されて話し始めたコウキ。
話すことを考えているようで、なかなか話し始められなくて、
そんな姿を見たら、
おばさんなけてきそうになったんだゾ!
お父さんが支部長先生で、おじいちゃんが館長先生で、
「オレは空手ばっかりだ~」
なんてぼやいた事、おばさん覚えてるよ。
稽古に来たら、
お父さんってことの前に、先生で、
お母さんも先生で、
お父さんってことの前に先生だから、
他の生徒より厳しく指導されてて、
他のどの子よりも厳しく怒られて、
沢山のジレンマと戦ってきたんだろうな。。。

8月の大会では、息子の組手の試合の時、大きな声で沢山アドバイスをしてくれたっけ。
普段の稽古の時、休憩時間を使ってとーこさんがワンツーマンで指導されて、
それを真剣に聞いていて、
ウチの息子、こんな風に親の言う事を素直に聞く日が来るんだろうか。
羨ましく見ていたものです。
段審査の時は同じ支部の人の名前が呼ばれるたび、
「がんばれー!」
と声をかけてくれ、見学に飽きてしまった小さい子達には、
「いつかお前らも受けるんだから、ちゃんと見てろ!」
と注意してくれました。
総本部や本部道場に稽古に行ったり忙しい夏休みだったよね。
このひと夏で、本当に頼もしくなったよね。
その頼もしさが、試合に勝つ強さに繋がったんだと、おばさんは思うのです。
そしてそして、
先生であるお父さん母さんのご苦労もあってこそ。
ご家族で同じ道を歩かれるには、よそからでは絶対解らない苦労があると思います。
その苦労は、私は察することで理解しようと思います。
でもいつか、自分の子供が大人になった時、笑いながら泣きながら話して下さい。
ちょっと腫れたコウキの目元を見ながら、おばさんはまたウルウルしたのでありました。

コウキが世界大会へ行く前、馴らすために稽古に着てきた道着です。
201109092030000.jpg
写真撮らせて!
とお願いしたら、意外に素直に撮らせてくれた。
照れて、イヤダと言うとばかり思っていたんだよ~~
こんな所も大人に近づいてるな~とウルウルしたのです。

本当に、本当に、優勝おめでとうございます。

昨日の稽古

審査後初めての稽古でした。
道場に向かう車の中で、
「なんかヤダな。」
娘がボソッとつぶやきました。
「フン、そんな事言ってたってしょうがないよ!」
自分に言い聞かせるように私は即座に渇を入れました。
明日は祝日だから稽古に来る人数も多いかな?
と思いきや、我が家3人とタイヨウ、セイシュウ、一般紳士2人の7人でした。
ちょっと寂しいよぉ。
支部長先生は国際大会に出かけられています。
とーこ先生の指導は支部長先生より厳しいです。
きちんと筋の通った厳しさです。念のため!!
直さなきゃいけない所をガツンガツンと指摘され、
後ろにいる私がやきもきしている私に代わって、
ボケボケの息子にゲンコ炸裂していただきます。
どうしても直せない癖を何度も何度も教えていただき、
恐縮です。
直す努力をいたします。押忍。

休憩時間に、
「ブログみました
と話しかけられちゃいました。またまた恐縮です
先日の日記に書かせていただいた方でした。
どなたに読まれても気分を害されないように留意してかいていますが、
もし、気になるところがあったら、是非ご指摘ください。

ぷちぷち鉄子

車両に詳しい訳じゃないけど、
いくつも乗って楽しんだ事ないけど、
動いてるの撮ったことないけど、
だけどなぜか心ひかれる、
鉄道。。。
昨日の台風の最中にアナウンスされた、
車掌さん駅員さんのツイッターをまとめたのを発見!!!

http://togetter.com/li/190866

皆さん、好きな鉄道で働いてらっしゃるって、
言葉の中に愛を感じます。
私も電車に乗ってつぶやきたい。

しーらないま~ぁちを
あるいてみーたぁい
ど~こかとぉおくへ いきぃたぁい

あーどっか行きたい!!!

講習会・昇段審査会とその次の日のこと

金曜日の茶帯特別稽古で、
平安の型、順路の型を先生の前で一人づつ打ちました。
その時、どちらもすんなり出来てしまって、
当日、審査を受けるイケメンずやS木さんが、
「昨夜は寝れなかった~
と緊張した顔で言っていても、
私はいつも通り、というか、いつもよりグッスリ眠れてしまいました。
審査の前の午前中は最終確認の講習があります。
「飛ばし過ぎて体力を使いきらないように。」
と支部長先生にもとーこさんにも言われていましたが、
講習をしていただいた佐藤先生の号令に必死でついていき、
へろへろバテバテになってしまいました。
これを言い訳にするつもりはありませんが、結果的に私の弱点がはっきり解りました。
同じ支部から一般5人、中学生小学生4人と計9人の受験です。
これだけの人数が同じ日に受験するのは前例にないそうです。
心強いですが、これだけの人数がいると、
全員が一緒に合格するのは不可能だろう。。
と前々から支部長先生の言葉がありました。
全員が受かるのは無理なんだ。。。
その無理の中に、私と娘が入りました。
本当に情けなくて恥ずかしくて、当日はいたたまれず、
お疲れさまでしたの挨拶もろくに出来ずにみんなと別れました。

その日の夜、夜中の3時に股関節が痛くてたまらずに目が覚めて、
何処が悪かったのか。
何処を直せば良いのか。
モウコウレイジョウガンバレナイ・・・とも考え、
悶々として朝を迎えたのでした。

月曜日の午後、
とーこさんから受験した人達とおめでとう&頑張ろう会
のお誘いメールをいただきました。
「せっかくだから、行ってくれば。」
と旦那に背中を押されましたが、
どのツラ下げて行けばいいの~~
寝不足と半泣き状態のむくんだ顔を下げて行くの?
またまた悶々としてしまいました。
審査後の稽古で、きっと合格したイケメンずとS木さんとSさん達に気を遣わせてしまうだろうな。
だったら今日顔を合わせてしまったほうがいいよな。
娘も支部長先生にちゃんと挨拶してないし。
挨拶させたいからな。。。
行こうか。
行くべきだよな。
そんな感じで出かけました。
会場の焼き肉屋さんで先に到着していたイケメンズ、S木さんSさんが先生を囲んで盛り上がっていました。
私は隣のテーブルに娘と息子とすわり、
空気をどんより重くしていました。
支部長先生の始まりの挨拶で、私はフェイスタオルで顔を隠しました。
悔しいとか恥ずかしいとか思う感情での涙ではなく、
合格した人へのお祝いの言葉より、不合格だった私達母娘を気遣っていただいた言葉の方が多く感じたのです。
きっとこういう会は”祝賀会”として開催されて、不合格だった人間は呼ばれないはず。
私と娘が気落ちしている事だろうと、次へ繋げる気持ちを強くして下さいました。
美味しく料理を頂き、あまり話した事のないDママと子育ての愚痴を聞いてもらい、
Dパパには何度も、
「お疲れさまでした!」
と声をかけてもらい、
私はイケメンず達のテーブルに移動しました。
S木さんは、私が受かるまで黒帯は締めないと言ってくれました。
私と同じころに道場に通い始められ、
級の進み方も私と同じくらいの感じで、本当に同級生って感じなS木さん。
そんな~気にしないで下さい!!
一緒に受験した5人と先生とテーブルを囲んで、
午前中の講習会の辛かった事や、審査の時の上がっていた様子を話しました。
歳も職業も性別も違って、
稽古の時は時間がないから、あんまり会話も出来なくて、
Sさんとは挨拶ぐらいしかしたことがなかったくらい話した事がなくて、
それがこの機会にお話しできるようになったりして、
不思議な感覚でした。
審査発表が終わってから、私は県本部の指導部長をされている、
荒井先生に呼ばれ立ち方の指導を細かくうけました。
そのことを先生が、
「めったにないことだよ!よっぽど指導したいって思われたんだね。」
って。。。
それはとーこさんにも言われました。
そ、そうなんですね。
疲れていようが緊張していようが、正しい立ち方が出来なければ不合格。
なんですよね。
ある意味、不合格だったから荒井先生に指導していただけたんですよね。
「あと、もうちょっと、本当に惜しかった。
惜しかったからって協議で合格になるのは嫌だろう?」
そう、支部長先生に言われました。
前の稽古の時に言われました。
ぎりぎりの点数で受かったら、それ以上の努力はしない。
ぎりぎりの点数で落ちたら、それよりもっと努力して、良い点数で受かる事が出来る。


1度で合格したかったよ。
みんなと一緒に、娘も一緒に合格したかったよ。

本当に本当にそう思いましたけど、
この支部長先生ととーこさんの道場だから、大丈夫!
そしてこんなに頼もしい仲間がいるから、大丈夫だよね。

久しぶり!!

西から東から集まって、楽しい時間です。
めっきり遠のいている、
ライダーとしての末ママ(大げさ~~~
を引っ張り出してもらいました。
DSCF0085.jpg
バイクに乗るのは4月のツーリング以来。
CB750にあたっては、去年のこの集まり以来
「一年ぶりで怖くない?」
とある人に聞かれたりして。
はい、怖いです!
はっきり言って、怖い!
だけど、せっかく西から東から集まってくれて、
ショートツーリングの企画してくれたから、行くしかないじゃん!
久しぶりで感覚が戻るまで本当に怖かったけど、
怖いけど、
嫌じゃないの~
あ~楽しかった~~~みんなありがとう
9月っていうのに暑くて暑くて、汗だくになったけど、
やっぱり、オートバイは良いわ~~~
もっと乗らなきゃ。

今回も行けた

今年も行って参りました!!
Dreams Come True Wonderland 2011
SBCA1439.jpg
ドリカムがデビューしてから続いている、4年に一度の大きなライブです。
初めて行ったのは1999年。
それから4回続けて行きました!
いえ、
行かせて頂きました。
その間にも普通のライブにも行かせて頂いているので、
楽曲中の合いの手とか、暗黙の了解で行なわれるアンコール催促の為のウエーブとか、
なんだかんだ一応重要なところは押さえて知っていて楽しんでいます。
そんでもって、毎回なにかしら特色をもって行なわれるライブなのですが、
最近はファンと一体になること
を重視してるみたいです。
演奏される楽曲をリクエストで募ったり、
2007年のときは前年の紅白歌合戦で音大生とコーラスをした楽曲を、
ライブに参戦したひとでコーラス部分を一緒に歌いたいって声が出たらしく、
(ドリカム用語でライブを見ることを”参戦”って言うんだって)
ライブの中で中村正人サンが仕切る練習時間があって、
何度か練習して美和ちゃんが出てきてみんなで歌うってのがあったんですね~~~

で、今年はライブが開催される地元中学吹奏楽部とのセッション!!


娘が知ったら大騒ぎだろうな~
あとダンスパフォーマンスも楽しくて、ライブ会場のみんなも一緒に体を動かしたりしてるけど、
舞台上で一緒にダンスできるオーデションなんてのもあったりしてました。

どちらにしても、私が一緒に舞台に立てるわけじゃありませんが、
やっぱり、
生 なま ライブ 
は良いですね~~
3時間みっちり楽しませていただきました。

そしてそして、
何より一緒に行ってくれたTちゃんに感謝です。
道中、車中の会話は同い年で同じ年頃の子供を持つママ話で盛り上がりました。
インターを降りてから、会場のナゴヤドームまでの道は複雑なんですよ。
路面電車が走っていた線路を利用したバス用車線が道路の中央に走っていて、
右折レーンが真ん中なんです。
口で言うと難しい。
ゆとりーとライン
4年前にも通った道ですが、車載のナビを見ていてもこんがらがります。
Tちゃんに助けてもらいながら事故なく行ってこれました。
ライブもモチロン楽しい時間でしたが、移動時間も楽しくすごせて、とても幸福な時間でした。

本当なら今週末は大阪会場で開催なのですが、
台風の影響を考慮して延期されたそうです。
お天気には逆らえません。
同じドリカムファンとして、心が苦しくなりました。
参戦予定されてたみなさん、きっときっと、幸せになれるから大丈夫だよ!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索