スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HP更新しました

末ママの部屋趣味のページを更新しました。

http://bikepitsuemama.web.fc2.com/kirakira1.html

スポンサーサイト

可愛いお客様

カメラ持って早く来て!!
と言う旦那の声に急いで外に出てみると、
可愛らしいヤマカガシちゃん。
DSCF0175.jpg

あまりの動きの速さに、静止画だけじゃもったいないので、動画も撮ってみました。


苦手な方は先に進まないでくださいね。

続きを読む

ささやかな贅沢

仕事場から少し離れたところに、とても美味しいとんかつ屋さんがあります。
大通りから一本入って、
建物が昔の蔵を利用しているような感じで、
外見からは何屋さんかわからない。
内装、照明が大正ロマンです。
P1010009.jpg
店内を流れる音楽は、スタンダードジャズ。
とんかつやさんなのに、来店客の年齢が非常に高い。
おじ様おば様、おじい様、おばあ様達が次々と席に着きます。
今日はひれかつ定食を頂きました。
揚げ物なのに盛りつけられたお皿に油が残っていません。
かなりのボリュームなのに、
お腹一杯なのに、
お残しはいけないので、がんばって完食します。
お腹一杯でお店を後にしても、
また食べに来たい!
とすぐ思えるお店です。

音楽会

夏休みが終わると、秋のイベントの準備です。
子供が通う小学校の大先輩に、
童謡 森の水車
の作曲をされた方がいらっしゃいます。
それだからかわかりませんが、小学校では珍しく、
学級や学年ごとの合唱&合奏音楽会が開かれます。
息子が1年生のとき、やっと小学校生活になれた2学期に、
とてつもなく扱いづらくなったときがありました。
教室の中で落ち着きがなく、何度も担任の先生から連絡をもらいました。
2年になってからも、夏休み明けは落ち着きのない日が続きました。
学校帰りの息子から、音楽会へ向けての練習ばかりでつまらない。
と言う言葉が何度も出ました。
あいにく音楽会当日、息子は風邪を引き熱を出して欠席してしまいました。
その次の日から、息子は以前の落ち着きを取り戻しました。


そして今年、2学期が始まり音楽会の練習が始まった頃から、
また、落ち着きがなくなりました。

そうか、3年かかってやっとわかりました。
上手にやろう
失敗しないようにしよう
そう意気込んでしまって、イライラしちゃうみたいです。

大太鼓に立候補した!

合奏の練習が始まったと教えてくれた後、張り切って息子が言いました。

大太鼓って、アナタ!わかってるの!?
そりゃ無理でしょ!
アンタには無理!
学年全体で行なう合奏で、たった一人で演奏する楽器の主役みたいなもんじゃない。

危うく口から出そうになった言葉を、ぐっと飲み込んで、
「そ、そうなんだ。じゃぁ、去年みたいに休めないよね。」
引きつりながら、そう答えておきました。
指揮をする先生より、伴奏をするピアノの子より、
リズムを決める大太鼓がどれだけ重要か、
音楽素人の私にだってわかります。
しばらく経った日、
「おーでしょんに、落ちた。」
肩を落として息子がポツリと言いました。
やっぱり。。。
無理だったんだね。
お調子者の息子が、同じリズムで叩き続けることは無理でしょう。
「むずかしかった。」
落ちたことをぐずぐず言うかと思ったら、現実をきちんと受け止めていたようです。

土曜日、仕事の時間の折り合いをつけて小学校の体育館に向かいました。
「真ん中にいるから、絶対見に来てよ!」
息子に何度も念を押されました。

合唱が終わって、みんなそれぞれの楽器を手に、立ち位置を移動しました。
息子の動きを見ていると、
大太鼓の隣に立っている。
???
息子が手にした楽器は、見たことがないものでした。
娘の部活でパーカッションのパートの子にも見覚えのないもの。
演奏曲目はルパン3世。
前奏部分の、
ルパンルパ~~ン カ~~~~~ッ
その、カ~~~~ッって音を出すビブラスラップという打楽器でした。

こここっ、これを息子が?
これもタイミングがあわなきゃ、ズッコケものになってしまう
息子は緊張した顔でもなく、困った顔でもなく、至って平然と、
カ~~~~~ッ
とタイミングよく最後まで演奏しきりました。
ヨカッタヨォ

音楽会前々日、お友達と大喧嘩したのも、
何度も何度もダメ出しをされ、練習疲れだったのでしょう。

「あんな目立つ楽器、自分でやりたいって言ったの?」
息子にそう聞くと、
「違うよ、先生がやれって。
大太鼓に落ちた後、先生がやれって言ったんだよ。」

そうなのか。
誰よりも目立つ大太鼓のオーデションに落ちて、
気落ちしてた息子に、先生が気を使ってくれたのかな?
そう思う母でした。

今日の稽古

約束通り、息子は大人しく稽古に行きます。
私も送迎だけではなんなので、一緒に稽古に行きました。
昨日の大人数とうって変って、
今日は、ノブ~、リュウ、ダイスケ、息子、一般はM君と私の6人でした。
そして支部長先生はスーツ姿。素足にYシャツとスラックス。
お忙しくて着替えに帰られなかったそうです。
お疲れ様です。
準備体操と基本の後、
2人一組になって相手のほどいた帯を、自分の帯に通してもらい、
テンションをかけてもらいつつ追い突きをする稽古。
先生の言う通り、へそを床に押し付けるように運足をします。
が、
つっ、辛いっす。
2日連ちゃんの稽古は辛いっす。
私はM君と組んだのですが、M君はやっぱり凄いね~~
ちゃんと踏ん張って持っていないと、引きずられちゃいそうになるくらい、力強い運足です。
最近、落ち込んだ理由の一つに、
いくら頑張っても、どうしても超えられない壁があるってこと。
組手の稽古で紫帯の一般紳士にかるくかわされ、1本も入れることが出来ませんでした。
やっぱり、男の人にはかないません。


そうそう、初対面の男の人に、話の流れで空手を習っていることを話したら、
「夫婦喧嘩に勝つ為ですか?」
と返されたことが、2度ありました。
私の旦那のことを知らない人だから、そう言ったのでしょうね。
旦那のこと知ってたら、まず、そんな語句は生まれてこない。。。
いったいどこからその発想が出てくるんでしょう。
自分の奥さんが空手を習ったら、夫婦喧嘩で負けてしまう。と思っているんでしょうか?
ちなみに、私が習っているのは格闘技ではなく、
武道です!

話がそれてしまいました。
先生は息子の蹴りが上手いと何度も褒めてくださり、
昨日稽古に来なかったことを軽く諭してくれました。
先生の教え方は悪いところを注意するまえに、必ず褒めてくれます。
それは私にも同じです。
もちろん他の生徒にも。
そうしてもらうと、注意されたことがしっかり頭に残ります。
褒められたんだから、注意されたことをしっかり直して、また褒めてもらおう!
って上昇気分になるんですね~
それに、注意されたことをかなりの確率で、忘れません!!

終わりの挨拶の中で、もう一度、稽古回数について先生からお話がありました。
とにかく沢山稽古に来ること
大会に勝つことも大切だけど、
沢山稽古に来ることのほうが、もっと大切。

はい、娘、息子共々頑張ります!!






ご存知の方も多いと思いますが、わが旦那です。

続きを読む

精勤賞いただきました

昨日は息子が学童保育でお友達と喧嘩をしたそうで、御機嫌真っ逆さま。
お友達と言っても、保育園時代からの同級生で、それこそ兄弟のように育った仲です。
竹馬の友
ってやつですね。
その子と取っ組み合いの喧嘩になって、その原因がわからなく、自分は何も悪くない!
そういい続けて全く支度をしません。
こんなとき、何を言っても言うことを聞かないので、
「じゃぁ、明日とあさってはちゃんと稽古に行くんだね
と息子に留守番をさせて稽古に行きました。
こんな風に週に6日、3箇所で稽古があるので、
自分の体調やそのた諸々の都合で決めることが出来ます。
そう言っても、週に6回、すべてに出席するのは、
体力的に持たないのもモチロンだけど、
夕飯の支度がおろそかになりすぎるのも気が引けます。
今週の月曜日は祭日で稽古が休みだったので、そのこともあって準備体操からとてもキツク感じました。
昨日の稽古は小学生と一般が同じくらいの人数でした。
一般のイケメンM君、S木さんその場突きの号令を支部長先生から指示されました。
その次、私が。。
気持ちよかった。
大きな声で10まで数えただけなのに、
最近溜まった心のモヤモヤが吹き飛びました。


そして支部長先生から上半期の精勤賞をいただいました。
賞状と賞品のお菓子
seikinsho.jpg

賞状は支部長先生の手作りだそうです。
ワープロソフトを立ち上げて、一人ひとりの名前を打ち込んでプリントアウトして。。。
そんな心遣いが感動しちゃいます。
毎回出席を取って、集計しているとーこさんも、ありがとうございます。

稽古に行きたくない!
とごねた息子。
私の賞状を見て嫉妬心をメラメラ燃やしていました。
あと2回出席数が多ければ、なんとか10位に食い込めたよ。
そう伝えるとがっくりしてました。。。
ダントツ1位のユウキ、おめでとう!
そして稽古の送迎を頑張ったユウキママにも、おめでとう

落ち込みから浮上!?

昇段審査が終わった2週間後に、流派を超えた市の大会がありました。
試合規定は全空連にのっとっているので、
組手にはメンホー、着用義務と赤青拳サポーター着用(白色拳サポーターでも許されます)があります。
連盟の試合とは違うルールに、子供達も戸惑い気味。
確かにオバサンの衰えた動体視力で、白の道着で白サポーターの試合で、
審判の上がった旗を見て、やっと技が決まったかどうか解るくらいですから、
対戦者が同士が拳サポの色が違えば、解りやすいですよね。
でも、息子の組手の試合を見ていて、



と思うことがありました。
後で知ったのですが、この大会の審判員は、
大会前に行なわれる審判講習会を2回受講すれば資格が得られるそうです。
ほんじゃ、私でも審判員の資格が取れるの?
イエイエ、そんな責任ある役割はとても受けられません。
だから

となったとは、思っちゃいけないよ。
とこの大会に出場していた大学生のkyosuke君に言われました。
そうですね。空手に係わらずどんな試合でも、審判員の判定をきちんと受け止めなければいけませんよね。
ただ、もしも、
審判員の人数が足りず、にわかに審判員をされた方がいらっしゃったとしたら、
勝敗を決めるその責任を果たしていただけるよう願うだけです。


型は学年、年齢によって、第一指定形、第二指定形、と決められた中で、
各自が自分で決めてうつというのです!!
私の通っている道場では、この大会に参加するのが2年目でした。
私は去年の大会は義父の葬儀から1ヶ月以上お休みをしていたので、参加は見合わせました。
今年の参加は試合規定をうっすら聞いていたので、躊躇していましたが、
支部長先生から、
「何事も経験だよ
と言われて参加することに決めました。

昇段審査前の稽古は、やっぱり審査に向けての稽古でした。
ですが、私の頭の片隅には、覚えなきゃ!指定形、覚えなきゃ!
ってありました。
審査が終わったあと、とにかく順番だけでも覚えなきゃ!
と総本部で作られた審査要綱のDVDを繰り返し見て覚える努力をしました。
確か春ごろの上級者稽古のとき、指定型を教わりましたが、とても動きについていけませんでした。
「初段を受ける人は、審査要綱になくても、指定型を覚えておきましょう。」
って支部長先生に言われたんですね。
それも引っかかっていました。
落ちて落ち込んで立ち直ろうともがいたときだったから、
浮上する為に没頭するものが欲しかったんです。
とにかく市の大会直前までに、無号令でうてるまで、なんとか順番だけは覚えることができました。
試合結果は予選で平安五段をうって、、、、、
自分なりに準備してきた指定型をうつことはなかったのです。

こんなことなら、挑戦すればよかった!!!

落ち込み



まぁ、他にもいろいろあって、落ち込んでいたんですが、
半年前は全くついていけなかった型を、覚えることが出来たんだから、
いいじゃん!

とやっと思えるようになった、今日この頃です。


11歳かぁ。。。

今朝のはなまるマーケットで紹介された、小学生のシンガーソングライター。

最近落ち込み気味の私の涙腺は開きっぱなしでした。

お手伝い

SBCA14511.jpg
一匹は盗み食い計画中
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。