スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出発記念

美容院ジプシーだった私がやっと落ち着き先を見つけられた。
とても気の合う美容師さんで、いつも私の悩みに付き合ってくれたTさん。
Tさんは和装の着付けを本格的に習う為に上京されることになった。
1月いっぱいでお勤め先を辞められる。
もう私の髪の毛をやってもらえることないんだろうな。
いつか上手になったら、誕生日にもらってもらおう!
と心に決めていたけど、
今度何時会えるかわからないから、
心をこめて造ってみた。
勤務最後の日まで一度は頭をやってもらいたかったけど、
どうしても都合がつかない。
とにかくこれまでの感謝の気持ちとして渡したい。
そうしてあせってあせって造ってしまったから、
納得のいかない出来のものばかり。
これ以上造ってもいいのが出来なかったら、
前に造ったののなかで自分の一番のお気に入りのをもらってもらおう。
DSCF0363.jpg

そう逃げにかかって力が抜けたら、なんとか70%の満足度のものができた。
DSCF0359.jpg


とんぼ玉はネジで止めるようになっているから、
もっともっと上手になったとき、それと入れ替えてもらおう。
連絡先と一緒に渡してきた。


ジプシーの理由は、またいづれ。。。
スポンサーサイト

今日の稽古

思春期の不安定さに加え受験目前の娘の躁鬱に翻弄される母です。
お疲れさんです。
お疲れさんでも稽古に行かなきゃ。。。
寒いし~
お腹減ったし~
遊びたいし~
とごねる息子を追い立てて、
稽古行かなきゃ。。。

今日は支部長先生もとーこ先生もお休みでした。
頼もしいS木さんを中心にいつものメニューで稽古しました。
違うところは、平安の型は順番に号令をかけ、順路の型は無号令でうちました。
私は初めて鉄騎初段の号令をかけました。
むっ、難しい。
号令をかけながら動くって、挙動をするまえに号令なんですよね。
でも、動きながらじゃないと数えられません。
つまり、自分が一呼吸先に動いて、そのあとみんなが動く。
っていうとーーーってもカッコワルイ状態でした

そのあと順路と抜塞大を無号令。
そのあと、どうしようか・・・・・
はじらう小学生黒帯を説き伏せて号令をかけてもらって、観空大と慈恩を打ちました。
彼らの方が先に初段に受かっているから先輩だもんね。

後半は組手です。
ここで末ママ、あほたれ息子にブチギレしました。
先生が居ないことをいいことに、ふざけるのにもほどがある!
真面目に稽古をしている皆さんに申し訳ない。
ブチギレして、
「みんなに迷惑だから外へ出なさい!」
と引きずり出しかけたところへタカダ君が、
「ユキタカ、ちゃんとやるよな。ちゃんと稽古するよな。」
と助け舟を出してくれました。。。。。。
すみません。道場の空気を悪くしてすみません。
ですが、あほたれ息子の行動に我慢できませんでした。。。
自分の息子だからこそ、ああしてしまったのです。
人様のお子様なら、そんなこと出来ません。
って言うか、親子だから息子もふざけ方がひどすぎたのですね。。。
私がもっと冷静になって行動できれば、息子も変わってくれるでしょうか。。。
これまた大きな修行のようです。


贈られた鍵

1106115069.jpg


著者の吉田賢二さんとはインターネットの掲示板で知り合いました。
初めてお会いしたのは2008年8月。http://suemama.blog1.fc2.com/blog-entry-224.html
義足でオートバイに乗る?
なにがそこまで彼をそうさせるのか?
HPにもその事故からリハビリ~義足での挑戦の数々が書かれています。
その決断と行動力の真意がこの本に書かれています。

ご家族で休暇を過ごす為、移動中の事故。
一命を取り留めたものの、傷ついた足を温存したままでは社会復帰がままならない。
切断を決めるまでの数日間、著者は自分の”生かされた”命を考えます。
自分だけの命ではなく、奥様、お子さん達、
そして自分を生み育ててくれた御両親へ、謝罪をしつつ決意を話すとき、
著者は未来を見つめています。
奥様にも相談せず。
私は奥様の心境を察しようと努力しましたが、無理でした。
もし、自分が奥様の立場だったらどうなんだろう。
旦那の決めたことに反対しつづけるだろうか。それとも意にそって応援し続けるだろうか。
一生の伴侶として選んだ人の未来にどう係わっていくか。
そして子供達への配慮は夫婦揃ってしていかなきゃならない。
人間は未来が見えない。
何不自由なく暮らしている日が永遠に続くとは限らない。
どんな高い壁が待っていても、それを乗り越えられる。
高い壁と大きな困難を前にしても、自分の未来は自分で造ることが出来る。
(実際、登山もされてるんですよね、著者の吉田さん)
未来を造り続けて来た著者がここにいる。
元気をもらえた本だけど、
元気をもらうだけじゃなく、未来を開く為には本人の努力がなければなにもならない。


淡々と進む文章の中で、私はもっともっと、心の葛藤を深く表現して欲しいと思いました。
それは私が一番知りたかったことだからです。
でも淡々と表現したからこそ、決断の重みが読み終わって時間が経つにつれ感じられました。
自分の身に起こった事故を受け止め、障がいを負っても自分の意思を貫く。
障がいを”魔法の鍵”と表現する著者の力強さを痛感しました。

すっとび犬のしつけかた

先日つぶやきました

の感想です。
児童書を読むのは久しぶりです。
そう、童話大賞に応募するときですら市場調査なんてしませんでしたから。
対象は小学中年とありました。
主人公はグレーハウンドの血が入った雑種ストリーカを飼う一家。
義理母家にいるイタグレGOROTAがまさしくすっとび犬です。
それを知った息子の担任の先生が薦めてくれたそうです。
息子は読書が嫌い。
これがきっかけで本を読むことに慣れ親しんで欲しいものです。

すっとび犬ゆえ、パパもママもストリーカの散歩を嫌がります。
「2週間、ストリーカの散歩をしたら30ポンドあげる。」
ママに買収されたトレバー。

買収って、小学3、4年生に解るの?
そうゆう表現で良いんだ。
ストーリーを追うより、文章の書き方(翻訳だけど)言い回し、語句の表現方法とか、
そんなところばっかり気になってしまいました。
しつけかた
と題名にありましたが、ドタバタの結果的に偶然に言うことを聞くようになった結末。
テンポよく進む内容で子供の心の掴み方を学ばせてもらいました。
どうも斜に構えて読んでしまう末ママでした。
あれを書く前だったら、もっと素直に感想が書けたんだろうな。。。

当の息子は挿絵があるページだけ読む始末。
途中まで読み聞かせするかなぁ。。



今日の稽古

寒い日が続きますね。
息子の通う小学校の一斉連絡メールに、ついにインフルエンザ蔓延警戒とありました。
今シーズンはこのままいくのかと油断してましたが、そうもいかないようです。
学童保育に息子を迎えに行ったら、いつもより少しおとなしい息子が居ました。
「頭イタイ、のどイタイ。」
ひぇ~来たか?流行り物に敏感なのは良いけど、流感は勘弁してくれ。
自宅で体温を測らせたら、36.7℃。
平熱じゃん。一安心。
たとえ稽古に行きたくなくても、家に着くなり冷蔵庫に顔を突っ込み、
「なんかなーい?」
と食物をあさるのだけど、それをしない。
覇気もなくコタツに丸くなる息子。
聞けば同じクラスの隣の席の子が、風邪で欠席している。
悩む。
ダラダラと稽古時間を過ごす息子が目に浮かんだ。
「辛いならちゃんと布団に入って寝なさい!」
TVはワンピースの再放送が流れてる。
私の言葉に反抗してTVを見続けるかと思いきや、パジャマに着替えて布団を出してもぐりこんでしまった。
本物だ。(はい、疑っていた母です)

前置きが長くなりましたが、
息子を置いて道場に向かいました。
今日は大人率が高いですね。
柔軟体操、基本のあと、型の稽古。
最初に支部長先生が号令をかけ、次は黒帯一般に一人づつ号令をかけるよう指示されました。
一番端にいた私から
今までに何度か号令をかけながら型をうったことがあります。
そのときは、未熟者ですから上手に出来なくてスミマセン。
と気にせずしていましたが今日は、
大人率が高い=黒帯率が高い
ので
ちゃんとやらなきゃ、間違えないようにしなきゃ
気負えば気負うほど、たどたどしくなる号令。。。自己嫌悪。。。
一通り先輩達が終わって、最後にとーこ先生。
違うよなぁ。
支部長先生の講義が始まりました。
私は挙動数に関係なく、途中で1に戻してしまう癖があります。
平安初段は小さい子に覚えさせる為、
上げ受けや追い付きは3回と覚えやすいように言い換えても良いですが、
基本は10まで行ったときに、1に戻るようにと。。
気合の号令は声の出し方を変える。
号令に合わない子にはあわせるよう教える。
今までの稽古のなかでも、いつも指導されてることだけど、
立場を変えてこんな風に順序だって教えてもらえると、より一層実感できます。
平安、順路のあと、抜塞大、観空大、慈恩、燕飛と続きました。
先輩達、慈恩も燕飛も覚えてる
当然といえば当然でしょうが3ヶ月は大きいです。
覚えることも完璧にしなきゃいけないことも沢山沢山あって、
支部長先生がよく言われる、
はじまり
を実感する今日この頃です。



稽古中、2度息子から電話がありました。
「今なにやってるの?」
「今誰が来てる?」
そんなに気になるなら、稽古にキナサーーイ!
「頭痛いんでしょ、さっさと寝なさい!」
そう電話を切って家に帰ったら、
息子はちゃんと布団に入って寝ていました。
熱もなく咳も出ず。。。まぁ、一安心ですが仮病でもなさそうな感じでした。


初体験

黒帯を締めて二回目の稽古。
今日は支部長先生がお休みでした。
一通りの基本の稽古が終わってから、帯の色に分かれて型の稽古になりました。
で、私とーこ先生に指名されました
白帯さん小学4年女子、小学1年男子二人3人の、平安初段~三段までを任されました
覚悟していたとは言え、3人の前に立つと冷や汗が出ました。
いつも先生方がしているように、
ゆっくりの号令と、
緩急をつけた号令を打って、
その後は気になったところを直すように言えばいいかな?
そのあと、直さなきゃいけないところを気をつけてね。
って言って無号令で打つようにすればいいかな?
短時間で頭の中を整理しました。
「きをつけ!自然体!」
の一声で、一度に動いてくれるので、
ほんとーーーーに楽です!
(それに引き換え、ウチのあほたれ息子は・・・)
動きを見ながら号令をかけるって難しいです。
本当に難しい。
立ち足~~!引き手~~~!目線~~~!!
あれもこれも気になって、でもって◎君はここだよね。○ちゃんはここを直した方がいいよね。
と記憶しながら声を出してみました。
たどたどした号令でも、白帯さん達はついてきてくれ、
これまた、楽です。
一通り打ち終え気になるところも伝え、周りを気にしてみました。
集中力が切れだした子供にどうやって集中させるか。
まだそれぞれで稽古しているようだったので、一人ずつ一人で型を打ってもらうことしました。
「え~~~っ、ヤダァ!」
といいながら、
「最初にやりたい人
「ハイハイ
と一年二人が手を上げる。イヤだといいながら、まぁ可愛らしい。
可愛らしいと思える自分も可愛らしい。
そんなこんなで、型の稽古時間をすごしたのですが、
平安三段の号令がぜんぜん駄目でした。
どこで区切っていいのか解らなくなって、焦りました。
自分自身の駄目なところも浮き彫りになって、いい気になっていた自分が情けなくなった日でした。


カメラ目線

P1010126.jpg

P1010132.jpg
ねえちゃんの腕はあったかい

稽古始

道場の稽古始は先週の土曜日でしたが、
私達親子が今年初めて出席したのは昨日でした。
2週間以上の年末年始の休み中、自主トレしなきゃ!
と思っていましたが、気持ちだけで、なーんにもせずにいました。
せめてストレッチは毎日・・・
とこれも気持ちだけちょびっと。
年末に気になっていた右足ふくらはぎの痛みは全くなくなり、
これで思う存分体を動かせる。
お休みも老体の休息期間じゃ。なんて納得させたりしてました。

今年初めての稽古だから、遅刻は絶対したくない。
そう思い、帰宅後あわただしく支度をしていると、
私の気持ちをまったく無視している息子。
のんきに昨日録画した衝撃映像なんぞを見だした。
「アンタ今のうちに宿題やりなさい!」
そう追い立てると息子の機嫌はまっさかさま。
嫌々書き取りを終わらせ、昨夜作り置いたカレーをわざとゆっくり食べだした。
娘、怒り心頭。
私の台詞を先回りして息子に言い、姉弟喧嘩勃発。
はぁ。
もっと穏やかに時間をすごしたい。。。
なんとか6時35分に家を出て、比較的空いていた道中に助けられ、
時間ちょうどに武道場につきました。
はぁ、良かった。
体を温めるためのジョギングが始まってしまいましたが、
私と娘は支部長先生に呼ばれ、黒帯を手渡されました!!
実は道場のブログで私達の黒帯が届いていたことを知り、
稽古の時間に余裕を持って道場へ行き、
まっさらの新品の帯の写真を撮りたかったのです~~
が、息子のせいで!ギリギリ。。。
ジョギングが終わり準備体操が始まってしまったので、
さすがに写真はあきらめました。
っていうか、とーこ先生が写してくれていたのを解っていたので、
真新しい帯を急いで締めて準備体操の列に入ったのです。
「いいなぁ、いいなぁ、うれしいよなぁ
私達が帯を締めている間、支部長先生がニコニコしながら見ていてくれました。
嬉しいのは嬉しいです。
もちろん嬉しいです。
でも、恥ずかしいのもあります。
照れくさい感じです。

新しい帯はぴんぴんなので、結び目がすぐにほどけてしまいます。
動いている間、気なって何度も手で触って締め直したりしました。
帯を締めなおすってことは、気を引きしめ直すってことですよね。
休んだでなまった体に言い聞かせつつ、
自分の動きを確認しました。
隣に並んだ娘も帯が気になるようで、なんどか締め直していました。
一般の方々に新年のあいさつをしていなかったので、
休憩時間にあいさつしに行かなきゃ。
と思っていましたが、足がもつれて息が上がって、
それどころじゃなかったです。。
コメント下さったMさんにもお礼言わなきゃいけなかったのに、
あっという間に休憩時間が終わり、
帯の色ごとに分かれての稽古になりました。
白帯さんはとーこ先生、
緑、紫は9月に初段になったイケメン君。
茶、黒は支部長先生。
初段審査項目の移動基本から始まりましたが、やっぱり体がおもーーい。
動き自体は体が覚えていてくれたから、反射的に出来ましたが、
騎馬立ちから前屈立ちへの動きなどの体重移動がよれよれです。
そして初めて二段の審査項目を習いました。
いつも見ていただけの足払いやその場で同じ足の、
前蹴り、横蹴り、回し蹴り、後ろ蹴り。
二段への道は遥か遠く、霧にかすんだその奥だ
それでも先生の言われた通り、膝を下さず、頭の位置を変えずと努力してみました。
組手の稽古も続きました。
後半はみんなで揃って型の稽古。
一挙動毎に、股関節や肩腰が、イテテ、イテテ、イテテ。
ついつい声に出てしまいそうでした。
どんなに痛くても、力を抜くのは締めている帯に恥かしいです。
運動不足からきている痛さだって解ってるから、なおさら力は抜けません。
そんな風に母は頑張ってるのに、
あほたれ息子は先生に注意されっぱなしだし
休憩の時、息子に聞きました。
注意されている理由が解っているか?
恥かしくはないのか?
答えは両方とも、
YES
な!の!に!
返事の声も小さけりゃ、号令に遅れるわ、全くもって怒り心頭!
いかんいかん。
感情的になっては息子の思う壺だ。

と言う事で、
私の今年の目標は道場訓にある、

血気の勇を戒むること

にしたいと思います。
守れるかどうか非常に不安です。

帰り際、とあるお母さんに、
「黒帯だと風格出ますね
と声をかけられましたありがとうございます。
帯の色に恥じないよう、稽古を続けさせていただきます。

金沢~~

午後からは金沢の兼六園。
これも毎年恒例ですねぇ。
P1030082.jpg
P1030085.jpg
金沢城公園~
P1030091.jpg
内堀を尾山神社方面に向かうと、息子が何か見つけました。
P1030101.jpg
望遠を駆使して見つけたものは、
P1030105.jpg
カワセミ!
P1030111.jpg
以前にも兼六園の中でカワセミを見かけましたが、
街の真ん中でずっと暮らしていけるなんて、居心地が良いんだねカワセミ君。


街中を散策しているとこんな不動産物件を発見。
P1030122.jpg
売り物件の看板は左の建物についていましたが、このままの状態で売りに出ているのですよね。
建て直しはしちゃいけない地域なのかな?
右側の建物を見ると、真新しい近代住宅は似合わないよね。

ということで、夕食はここ!
P1010124.jpg
本当は氷見本店へ行きたかったけど、距離と時間を考えて、
金沢市のお隣の野々市市店でいただきました。
日本海の海の幸を堪能して、白川郷経由で帰ってきました。
冬に晴れた日が少ないといわれる北陸地方で、
青空が見えるのどかな一日でした!

雪の永平寺

年始の休みには必ず北陸方面へ雪道ドライブに行きます。
ここ何年か続けて白川郷だったのですが、
今年は福井市の永平寺へ行きました。
ゆく年くる年でライブ放送で必ず映される、雪の永平寺。
雪が積もらない土地に住んでいると、あの光景が幻想的であこがれちゃうのです。
住んでいる方は、雪かきや除雪の苦労がおありなんですよね。。

いい感じ~で撮影できましたが、右端に標識が入った詰めが甘い!
P1010121.jpg

P1030059.jpg
傘松閣の絵天井。絵の保存の為、必要最低限の明かりしかありませんが、
カメラのお陰でフラッシュ無しでもこんな風に撮れます。カメラさんありがとう。
P1030064.jpg
回廊の階段
P1030066.jpg

P1030068.jpg
P1030069.jpg
一葉観音様
P1030070.jpg
雪の積もり方が気になって仕方ない、かえるくん。
P1030071.jpg
永平寺はほとんどの部分カメラ撮影を許可されています。
ですが私は厳かな仏殿や法堂内部を撮影できませんでした。
途中、山門二階で修行されていた僧の方を見送りましたが、とても荘厳な情景でした。
一昨年義父を見送り、仏道を身近に感じ、こんな情景の端端に心奪われるようになりました。
年とった証拠かなぁ。。

昼食はもちろんお蕎麦!
門前のお蕎麦屋さんで、
旦那注文の2色蕎麦。
P1030077.jpg
息子注文のざる蕎麦。
寒くても冷たいのを頼むのね。
P1030078.jpg
寒がりの私はてんぷら蕎麦!
P1030080.jpg
白だしのあっさりめのおつゆで、お蕎麦はつるつる!
ご馳走様~~~

元旦

毎年恒例の初日の出ツーリングです。
恒例って、何年続けてるかなぁ。。。
あまりの寒さに、
もう来年はやめよう。
誰か、やめよっか。。。って言い出してくんないかなぁ。。
と思っているのですが、こうして海岸まで来てしまうと、
気持ちが改まって、引き締まっていいものです。
ですが兄弟のようにじゃれあうYっちと我が息子。
一昨年から娘は不参加です。。理由は、寒い!
ぬるいぞ娘!ですが今年は高校受験を控えていて、
風邪でも引いたら困るのでしかたないかぁ。。。

P1010018.jpg
P1010019.jpg
せっかくの日の出ですが、水平線に雲がかかって御来光は拝めませんでした。
P1010021.jpg
P1010037.jpg
P1010040.jpg
P1010034.jpg
草刈機のような音が遠くからして、空を見回すと西から何か飛んできました。
P1010041.jpg
エンジンつきのパラセーリングです。
風がなく穏やかな日ですからパイロットさんも気分爽快じゃないでしょうか。
水平線の雲の上が明るくなって、海岸に集まっていた人影が少なくなるのを見計らって、
旦那が登場。
P1010047.jpg
本当の目的はコレなんですよね。。。


昨年の台風15号の爪あと。
P1010054.jpg

沢山の流木です。
天竜川の上流から流され、河口から打寄せられたのでしょうか。
東日本大震災の津波の爪あとに心が向かいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。