スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お楽しみ会

11月25日(日)
新しい道場生がふえたのと、保護者間の親睦会をかねて、
午前中はボーリング。
昼からから場所を道場に移して、お楽しみ会が開かれました。
昼食はとーこさんが準備してくれたほっともっとのお弁当をみんなでいただき、
その後、一家族ごとに支部長先生に呼ばれ、自己紹介&先生からのインタビューとなりました。
1353818134671.jpg
支部長先生:「空手以外に習い事はしてますか?」
   生徒:「サッカーと・・・」
支部長先生:「空手とサッカーとどっちが楽しいですか?」
   生徒:「・・・・・・・・」
支部長先生:「空手は楽しくない?
   生徒:「いえ、楽しいです。」
支部長先生:「聞いたらすぐに答えてほしいな
道場内大爆笑!!
なんて楽しいやり取りが続き、習い事が多い子も沢山いて、
やっぱりこのご時世、サッカーが多いですね。
学習塾や英語、書道、3つ4つとしている忙しい子もいて、
支部長先生はそんな子供事情を理解されていて、
「忙しくても空手の稽古を休まず頑張ろうね!」
とおっしゃってくださいます。
そしてそして、
支部長先生は生徒一人づつ、稽古で頑張っているところや良いところを皆の前で伝えてくれました。

それからビンゴ大会~~~
1353823974820.jpg

パン取り競争
ボール渡し競争

楽しかった~~
この会の準備のすべてをとーこさんがされました。
ありがとうございます。
本当に大変だったと思います。
参加された保護者さん皆さん、
何も伝えなくても、先にさっして手伝ってくれてましたね。
「お手伝いしますから、言ってください。」
そう言う声がそこかしこで聞こえました。
いい雰囲気です。
わざわざ”保護者会”みたいにしなくても、皆さん協力的なんですよね。
私もあまりお話したことないママ達とお話できて楽しかったです。
来年も是非、楽しい会を作りましょう!!


スポンサーサイト

訂正? 追記?

同じ道場の

って書きましたが、

同じ支部の

が正しいですよね。
訂正します。

将陽館大会

今回の大会では私は親子型だけだったので、
コート係りをお手伝いさせていただきました。
得意の”呼び出し”に立候補し、見事ゲット(?)
幼年さんの型からです。
以前の経験を踏まえ、苗字名前フルネームで始めたのですが、
「○○選手って言ったほうがいいんじゃない?」
後ろから娘が冷ややかな声で言いました。
はい、読めない名前の子が多く、つかえがちな私を見て言いに来てくれたのですが、
「それだと自分だってわかんないと思うよ。」
名前を呼ばれても、どうしていいか戸惑っている幼年さんに、審判の先生方が一人一人について、
ここまで進んで、
ここで礼をして、
こっち向いて、ここでもう一回礼をして、
と指導されながら、試合が進められました。
コートの周りで、試合待ちをしている4、5年男子が面倒を見るようお願いしました。

幼年さんはフルネームで押し通し、小学2年生からは、
支部名と苗字に”選手”をつけて進みました。
同じ道場の子がコートに向かうと、コート係りの仕事を忘れて、声をかけそうになっちゃいました。
いかん、いかん。お仕事中は私情を挟んじゃいかん!

いつもいつもいつもいつも
思うことなのですが、
どーして皆、大会になるとこんなにも上手なの?!

稽古のときも同じようにしていたら、もっともっと上手になるのに!
過去の経験が役に立ち、余裕をかましながら進めていましたが、
審判の数字を読み上げ間違えをするミスをしたり、
赤白取り違えて呼び出し間違えしたりしてしまいました!!!
同じ道場のママ達が点数計算しながら、私のフォローもしていただきました。すみません。
小学4年男子の試合が始まりました。
息子がいます。
(お仕事!お仕事!)
私情を抑えても息子の視線を感じ、(頑張れ!)と目で送ってみたりしました。
息子は予選で勝ち、決勝の得意型で今までかつてないほど気合の入った型を打ち、
おかげさまで2位になりました。
自分が選手で出場すると、子供達の試合を見られないときが多いのですが、
今回は偶然にも自分の担当したコートで息子の試合が見れて良かったです。
息子だけじゃなくて、道場の生徒達の成長振りも冷静に見ることが出来ましたしね。

お昼休みを挟んで、親子型を練習しているとき、
支部長先生が私の所にやってきて、
組手試合に私を入れてくれるってお言葉でした!!

昼ごはん後の試合はちょっと待ったり感が出ちゃいます。
「幼年男女型試合はじめます。
赤 ~支部 ○○選手
白 ・・・         」
返事がない。出てこない!
午前の続きでつい名前を呼ばずに進めたら、誰も返事しません。
幼年さんはやっぱりフルネームで呼ばなきゃダメだ。
お昼寝モードに入りかけているのか、誰も返事してくれなくて、
審判の先生を差し置いて、
「ぉ返事! してね!」
と言ってしまいました。
手取り足取り先生方に教えられつつ、幼年さんの組手試合はほほえましいですね。
小学2年になると安心してみていられます。
そして私の集中力が切れ始めました。
赤白間違えるし、棄権の選手を呼ぶし、散々です。ご迷惑おかけしてすみません。
そんなこんなで小学4年男子。
記録係りはちゃんといますが、自分も組取り表に勝敗をメモしていかないと、呼び出しに困ります。
組手試合は勝敗が決まると次々進めていくので、うかつに試合に見入ってしまうと、
赤白どっちが勝ち進んでいるか解らなくなってしまいます。
だから息子の試合も、見ちゃダメ見ちゃダメ~だったんですが、
ダメでした。見ちゃいました。
ついつい、さがるなー!前出ろー!突きをちゃんと決めろ!!と叫びたくなるのを抑えるのに必死になるし。
後ひとつの決め手に欠ける息子の試合。3位。
小学5、6年女子の試合も見ごたえありました。
決勝は同じ道場の子同士になって、どちらも心で応援してましたが、
どっちも勝って終わりになりませんよね。負けてしまった子は悔し泣きしてました。
コート係りは中座させてもらい、自分の試合へ向かったのですが、
だめでしたねぇ。
1回戦敗退。
部活の合間を縫ってボチボチと稽古に出る娘が、2位でござった。
型も4位だそうで。

指導のお手伝いをさせていただいている身として、
自分で見れた試合のなかで、やっぱり挨拶をちゃんとする子が伸びてる気がします。
支部長先生のおっしゃる通りですね。









息子と同じ4年の黒帯さんが、習いたてらしい型を打っていました。
彼がもし何度も稽古を重ねた型で試合に臨んでいたら、
アナタは3位だったかもしれないよ。
息子の順位に水をさすようですが、私は大会が終わった後、言わずにいられませんでした。
もちろん息子はチンプリ返って口答え猛反撃してきました。
冷静に全体を見渡せる目を持ってほしい親心は、息子にはまだ早かったようです。。。

親子型

お世話になっている道場の大会です。
いきなれない場所&新東名のICからのほうが近いよね。
って決めて運転して行ったのですが、
強めの雨もあいまって、ちょっと疲れました。
大会参加申し込み期日前後、ワタシの体調は最悪で、膝関節痛が治らなくて申し込みをためらってました。
ただ、親子の団体型には出たいと申し込みをしたのです。
親子型といえば、全国大会にしかない種目。
娘と息子で3人で稽古しているなら、一度は挑戦したいもの。
でも全国大会なんて敷居が高すぎる。
道場の大会では勝敗はつけない演武の形で披露させてもらえるのです。
大会前、とーこさんに何度か、
「親子型出るんでしょ。練習しなくていいの?」
と注意されました。
出たい!と宣言したものの、娘と息子と3人なかなか揃わず、
とりあえず息子と私の2人で休憩時間に支部長先生に見ていただきました。
でも~~~息子が早すぎて先生に注意されてやり直すと、
息子は力が入らない。
「ゆっくりだと出来ん!」
支部長先生ととーこさんとKコウキが3人揃って稽古している場面を見たことあります。
Kコウキが6年生だったから、早さに苦労してないように見えました。
息子のチンプリをなだめつつ、練習をつづけようとしましたが、ダメでした。
やっと娘と息子と揃って先生に見ていただきました。
三角形の頂点を息子にして、入場から号令を息子にかけさせましたが、
私が団体型をしたことがなかったので、
「用意 始め!」
の始めのタイミングがつかめず、やり直し。
早さを合わせようとする息子は力が抜け、早さを求める私は雑になる。
「逆三角形にしてユキタカを後ろにしてもいいんだよ
支部長先生のアドバイスをいただきました。

こんな風に当日を迎えたのです。
昼休み、午後の部が始まる前、息子をなだめて3人で練習しました。
他の子達は組手の練習をしているのに、型の練習をしている私達を同じ道場の子が不思議そうに見てます。
その視線も感じて息子はさらに練習を嫌がりました。
「お願い!かあさんの為に一緒に練習して~」
叱っても逆効果と見たワタシは下手にでて、息子に懇願しました。
号令をかけるのもイヤイヤながら、真ん中に立つのも嫌がり、ワタシの我慢が限界になりそうなのを悟った娘が、
「じゃぁ、私が真ん中で号令をかける!」
と。。
バランス悪くない?
バランス、悪いよね~~
一度だけ、娘を真ん中にして号令をかけさせ、打ってみると、
なんかしっくりきました。
コートに呼ばれ、順番を待っている間、息子の顔はちんぷったまま。
私たちの番は5番目で最後の番でした。
顔なじみのママさん2組が終わって、次の次って時まで、息子を真ん中にさせようとしました。
でも、本番で息子からコートに入場したのです。
仕方ない。
娘が号令をかけ、抜塞大を打ちました。
打ち始めて、私の右手にいる息子が自然に視界に入り、
息子が必死に私に合わせているような気がしました
確かにこの方が私の動きも娘の動きも見えますよね。
大きなずれもなく(なかったと思いたい)最後まで打てました。
息子がどこが一番自分にとって良い場所か、練習の時から考えていたのかもしれません。
「母さんのためにありがとう!!」
打ち終わった後、コートを出て私は息子に言いました。


子供、子供、ママ
パパ、ママ、子供
おじいちゃん、お父さん、子供
世代を超えて競技できる団体親子型
今回は点数はつかなかったけど、
点数を争うためじゃない”演武”ってかたちでも、
良いものにしたい
って思いで出来たことが良かったのだと思います。
娘と息子の年齢が離れているので、稽古の時間をとるにしても、
大会に揃って出場できる機会は、このあと何度もないですから。
ちんぷる息子をワタシ以上に叱り飛ばしてきた娘にも感謝です。

新作

iichiに新作投入いたしました。
ターコイズとテグスで編んだビーズボールと竹ビーズとのブレスレット。
こちらの長さは20cmですが、ご要望に応じて長さを変えてお渡しできます。

お花のネックレス その1ランプワークで作ったガラスビーズをペンダントトップにしました。
DSCF0904.jpg

少し長めのネックレス。
DSCF0822.jpg

DSCF0821.jpg


ご質問、ご要望等、こちらのメルアドにお願いします。
suemama◎mail.goo.ne.jp ◎を@に変えてください。 

15才からの人生教育論

通っている道場の支部長先生の講演会に行ってきました。
会場は隣の隣の市で、金曜日の夕方から。

以前も開催されたことがありましたが、土曜日だったので行けなくて残念だったので、
今回はなんとしてもお伺いしたかったのです。。
P1010363.jpg


先生のお仕事は老人介護施設の運営だったり、企業の取締役だったり、とにかく忙しい毎日で、
その中で道場で指導をされていて、
それなのにそれなのに、
菊川にある高校の理事長をお受けになり、
今年から校長先生兼任されたと。。。。。。
道場で会うたび、
「忙しいよぉ~ああ、忙しい
そうおっしゃっていていて、そんなに忙しいのに何故?と不思議に思ってました。
親睦会や忘年会で経緯をちらっとさわりを聞いたことありましたが、
この講演会で支部長先生が理事長から校長先生になった経緯を話され、
大きな理由があり、それは支部長先生でなくてはいけなかったんだ。
って初めて詳しく知りました。

教員免許持ってません。
小学校6年生の3学期の終わりまで、教科書は新品同様に開いたこともなかったです。
中学のテストで全校生徒の最後から2番目でした。

(せんせ~!!!そんなことまで話しちゃっていいんですか)
会場の後ろの席に座らせていただいて、先生のお話を聞きいてハラハラしてしまいました。
娘と息子も一緒にいったのですが、娘は興味津々、息子は・・・
お話はとても解り易く、先生ご自身の経験談をふまえて、
最近中学校に学校説明会に行かれて、
中学3年生に将来の夢を問われても、言える生徒は一人もいなかった。
と。。。
愕然としました。
先生は子供達が職業を知らないから、企業体験を重視することを高校で行っているそうです。
テストの点数より、本人のやる気を汲む事。
褒めながら夢を持たせる。
子供のしたことを認め、子供に”ありがとう”と言う。
大会や合宿で支部長先生の高校の体育館を会場として使わせていただくことが多いです。
高校生は皆、自分から気持ちの良い挨拶してくれます。
「君達が挨拶をしてくれることが、先生の自慢になります。”ありがとう”」
支部長先生は朝礼などで、そうお話されるそうです。
そうですよね。
「先生の学校の生徒さん達、挨拶がしっかり出来てすばらしいですよね。」
知らない人にも挨拶って、して当然だった昔。
いつからか、知らない人と口をきいちゃいけません。
って育てられた子供は大人になって、社会人になって、挨拶をすることから指導される。
ワタシが仕事場にいて、いろんなメーカーの営業さんがやってきますが、
しっかり挨拶が出来ない人と込み入った話をしたくなくなるもん!!
逆にとっても気持ちよく、いつも明るく大きな声で、
「こんちには~!お世話になります!」
って言ってくれる人とは、じっくり話しようって気持ちになりますから。
営業成績を上げようとか、取引先を増やそうとか、作戦を練って来てくれたとしても、
第一印象の挨拶が良くなければ、その先は怪しいですよね。
話がそれた
高校生のうちに社会人として身につけなきゃならないこと。
挨拶をしっかりする
時間を守る

学力不振に悩む保護者へ『15才からの人生教育論』

不可能無し 己を信じて
人脈を大切にする

支部長先生のお話を聞いていて、どうしてだか解らないけど涙が出てきました。
飾らない言葉で、若い頃、苦労したどん底の体験談を聞いたからでしょうか。
成績優秀じゃなかった中学時代をざっくばらんにお話されたからでしょうか。
小さな息子を気遣って、ところどころに道場での出来事をはさんでお話されたからでしょうか。
御父様のお話も聞いたからでしょうか。

「なんだかわかんないけど、泣けてきた~~~」
後援会が終わった後、娘もそういっていました。
「菊地先生の道場で教わってよかった!!!」
そうも言ってました。
息子は、
「ちっとも解らんかった。」
と、言いつつ、何か心に残ったものはあったはずです。

自宅に帰り着いて一息ついたとき、携帯電話が鳴りました。
菊地先生からでした。
わざわざお電話で、
会場を後にするとき、挨拶が出来ていたのに、
なんどもお礼を言ってくださいました。
人を大切にするって、こうゆうことなんですよね。
『15才』と銘打っていますが、45過ぎたおばさんにもとてもためになるお話ばかりでした。
機会があったら、みなさん、是非お出かけください!
心に残ること、沢山ありますよ!!




内助の功
奥様の支えがあって、からこそ!
不在がちな家庭の中で、とーこさんの大変さを想像し、
菊地先生とウチの旦那、考え方の共通点多すぎ。。。

出来ないって絶対言わない
とか、
人とのつながりを大切にする
とか、

オリジナル

ランプワークの材料や工具はとても特殊で、売っているお店あんまりなく、
もっぱら佐竹ガラスやA3のネット通販を利用しています。
とは言っても、特殊=高価 の数式がありますから、なかなか手が出ないんですよね~~
それに金額まとめないと送料もかかるし。。。
あ~これがあったら、作るものの幅が広がって楽しそうだなぁ。
モニターを眺めながらため息をついていると、
「これなら作れるら~」
と旦那が一言。
作って、作って、作って~~
とせがんで作ってもらったのの数々です。

P1010243.jpg
P1010244.jpg
普通のペンチの先に鉄板を溶接~

P1010245.jpg
P1010246.jpg
普通のピンセットの先に鉄板を溶接~

離形剤をぬった芯棒を乾かす台
1350964855805.jpg

そして、そして、
前月の課題で細かく砕いたガラスを装飾に使うってので、
教室の床に新聞敷いてハンマーで砕いたのですが、
ガラスが飛び散るし、均一に細かくならないし、困ったんですね。
A3に専用工具があって見たことがあったんですが、お値段がねぇ。。。
うなっていると、やっぱり旦那が、
「作ればいいじゃん」
なんて、かる~く言う。
ホームセンターでも職人さんが出入りする(寅壱もおいてある)、
ハードストックに行って使えそうなものを探して、
「底が取り外し出来るといいんだよね~~
外側と内側の差がありすぎると、砕くのが上手くいかなさそうだよね~」
とワタシは言いたいことを言って、、、
見つけました!!!
P1010235.jpg
解ります?
配管部品ですよ!
外側と内側はちょうどいいクリアランスで、上手い具合にキャップもありました!
内側になるほう穴を埋めて、
ワタシはそれだけでよかったんだけど、
ねじ切ってあるトコロが結構鋭くて切れそうだからって、
ねじ山を削ってくれてあります。

P1010240.jpg

P1010242.jpg
うきゃ~うれしい!!!
これでまた違った感じのが作れるわ~~~
ありがとう!旦那サマ!

いや~貯まってます。
P1010288.jpg
P1010290.jpg
P1010292.jpg
P1010293.jpg

でもって最近作ったの。
P1010287.jpg


あまり公表してませんが、こんなワタシもwebshopに登録してます。
こちらはSNSで会員制の出品者と購入者をつないでくれて、とても安心できるところです。
でもって出品されている作品のクオリティがとても高い。。。
ツイッターやフェイスブックのIDを使って登録できるようになったので、
もし、よろしかったら、おひとついかがですかぁ~なんちゃって。
お近くの方にはお手にとって見ていただけるように努力します。
よろしくおねがいしまーす。

iichi suemama

ど根性?

近所の土手を何気なく見上げたら、
P1010204.jpg
コンクリートの壁から生えてる?
P1010202.jpg
こっちにも?
P1010203.jpg
近づいてみれば、
P1010201.jpg
水抜き穴から器用に生えている。
一時はやった、
ど根性なんとか見たい!

ウフフ。


一人で笑って毎日見上げていたら、
ある日、
きれーに刈られてた。
P1010237.jpg
つまんねーの。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。