盛り上げる

昨日のバザーでの演武、とても良かったよ~~

新入生がたくさん来てくれるかどうか、君たちの頑張りにかかってるぞ!
P1010002_20130930122900e5a.jpg
とはっぱをかけた演舞前の練習風景。
期待に応えてくれました!!
自分の通っている学校での披露ってことで、顔見知りの友達や父兄の方々に、
”見られてる”
って意識をして気合を入れてがんばれたね~~

演舞中、舞台袖で掲げたポスター
P1010001.jpg
体験教室生徒募集のチラシを制作したのは道場生のソウマママです。
バザーでの発表の企画を立て、学校への交渉、
そしてポスターとチラシの制作もソウマママがしてくれました。
家族の引越しや事情などで生徒数が寂しくなって、
「どげんかせんと」
と立ち上がってくれました。
こんな発想、ワタシにはありませんでした。
ほかのお母さん達も、”手伝います”って当日集まってくれて、
誰かが強制ってことは絶対なくて、
すごく良い雰囲気で、
こんなふうに自然な感じで集まれるっていいなぁ。。
って感動しました。

一緒に 強くならないか!!
楽しみながら学べます

この言葉には先生方の人柄が表れてます。
上手いねぇ、ソウマママ!



ブログランキング参加しています。ポチっとしていただけたら励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村

宣伝活動

浜松将陽館の有志の子供達で、
小学校でのバザーで演武することになりました。
お近くの方、ぜひいらしてください!!

9月29日 11:00頃
浜松市立与進小学校

空手ってなに?って方
空手、気になるなって方
空手、習ってみたいなって方
空手道場に見学に行きたいけど、ちょっと恥ずかしいなって方

演武は子供だけですが、道場にはパパとママで一緒に通っている幼年さんもいますよ~~
社会人になってから稽古を始められる方もいらっしゃいます。
部活と両立して稽古している中学生のお兄ちゃんお姉ちゃんもいますよ~~
ぜひぜひ、お気軽にいらしてください。


ブログランキング参加しています。ポチっとしていただけたら励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村

反省

私の母方の叔母はちょっと変わってます。
今から40年近く前の話になりますが、
叔母に長男が産まれ、その子がハイハイしだした頃、
ストーブのそばまで行き触ろうとしたとき、
普通なら、
「熱いから触っちゃダメ!」
と出しかけた手を押さえますよね。でも叔母は、
「どんだけ熱いか触ってみ。」
と出した手をつかんでストーブにより近づけ、触らせようとするのです。
周りで見ていた私の母もびっくり。
まぁ、確かに、身を持って覚えれたことは忘れないでしょう。
懲りる
ってやつ。
こうして触って危険なもの、して危ないことなどわざとさせて、
懲りさせる
ってしてました。
息子が生まれて自分の身を自由に動かせるようになったころ、
叔母の行動に非常に共感しました。
で、見習ってきたわけです。

前置きが長くなりましたが、
親子型の反省について昨日、息子と話しました。
大会が終わってから私はこの話題を口にしませんでした。
私自身の気持ちも消化できない状態では感情的になりますから。
冷静に受け答えできる自信が出来てから、
務めて平坦に感情に走らないよう心に決めて、
息子から”嫌だ”って返事が来ると予想して私は息子に問いました。

「来年も親子型やる?」
「やるなら今から練習しないと」

へ~~~、そういう返事!?
まったく予想していなかった語句に戸惑うワタシ。

私 :「観空小 リベンジする?」
息子:「うん!!でもなぁ、ねえちゃんが練習不足になるじゃん」

これまた予想してなかった返事。
娘のせいにするのか?
カチンときましたが来年、娘が部活を引退したら稽古の回数は増える。
今はその話はしないでおこう。
下校後、近所の友達とヘトヘトになるまで遊んで、
遊び疲れてまったりしたい夕方でも、
黙って自ら進んで稽古の支度をするようになった息子。
大会翌日、火曜日の稽古はいつも行かないのに、
「稽古、行きたい!」
と急に言い出した息子。
いやぁ~ワタシは休みたいぞ。。。
疲労溜まった体を引きずって、2人で稽古に行きました。


息子、成長しましたよね。


ブログランキング参加しています。ポチっとしていただけたら励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村







無謀

娘と息子と3人で出場するなら、親子型今年もやる?
となったのですが、
型を何にするか?
去年も出させていただきました。
去年も苦労しましたが、今年はそれに輪をかけ、とんでもなく苦労しました。
反抗期なのか日ごろのワタシへの逆襲なのか、
型を決めるにしても息子は希望する型を譲らない。
娘は稽古に来ない。
練習しなくて大丈夫?と、とーこさんに心配かけました。
息子がやりたいという型はワタシはまだ覚え切れていない。
それに2箇所も飛ぶとこがある。
飛べないから”覚えなきゃ”って回路が停止している型なのです。
息子はその飛ぶとこが気に入ってこの型を得意型にしてしまいました。
「それはワタシが無理だよ。」
息子が言い張る型は却下させようとすると、

「いつもオレにちゃんと覚えろって言うくせに、自分は覚える努力しないんだ!」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ハイ、何もいえません。

ワタシへの逆襲だ!
自分が得意型にしてそれしか稽古できないから他の型は出来ないと言い張る。
抜塞大にしようか。
と言うと娘が沈黙。
息子も反対する。。
まぁ、気持ちは解らなくもない。
去年よりは成長していると新しい型をやりたい気持ちは解る。
って言うか、これはワタシのせい?

大会前の土曜日の稽古。
いつもならワタシは欠席なのですが、娘が行けそうだってことでワタシも出席しました。
休憩時間に息子を呼んで3人で揃えて見ましたが、
そろいません!!!
去年と変わらず息子が暴走。
去年よりさらに意固地になって息子が合わせてくれません。
って言うか、娘とワタシの2人なら、なんの苦労もなく息ピッタリ。
それでもワタシは順番さえあやふやな型なんですが。。。
「親子型辞めるって先生に言うよ。」
そう息子に言うと、
「かあさんがオレに合わせれば問題ない」
と譲らない。
結局一度も3人で合わせることなく当日本番を迎え、
当日の休憩時間にも一度も合わせられなかったのです。
はい、当然、ボロボロ、ガタガタ、まったく見られたものではなかったでしょう。
グダグダな仕上がりに娘は怒り心頭。
息子は自分はちゃんとやったのに!と自己主張。
ワタシは息子の意固地さをなんとかなだめて、親子仲良くするわけにはいかなかっただろうか。
高学年の男子を持った方に聞くと、親子型は息子側から断られたと。。。
息子の身体能力にワタシが合わせるのは到底無理、いや、絶対無理。
ワタシ自身も覚えきれない型にしたいと息子に言われ、
覚えるチャンス!
と思って息子に流されました。
せっかく場を作ってくださった先生方に、顔向けできない恥ずかしいものでした。
家庭内の姉弟喧嘩を丸写しって感じです。
自己嫌悪。。


ブログランキング参加しています。ポチっとしていただけたら励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村

野望 願望

さわやかな空気が心地いい秋分の日。
お世話になっている道場の将陽館大会でした。
ワタシはこの大会に向けてひそかに野望を燃やしていました。
入門から初段受験までに習う型以外で出場する。
って野望。
有段者の皆さんの得意型ってそうですよね。憧れます。憧れてました。
漠然と思っていたのは今年初めだけど、
本気になって覚えこもうと決意したのが5月の東海北信越大会の後。
受験項目にない型は黒帯稽古の中で教えてもらうことで、普段の稽古では時間的に難しく時々って感じです。
黒帯稽古で習った型を得意型にしてみたいと支部長先生に申し出ました。
ダメって言われるかな。。無理って言われるかな。。
我が支部長先生はそんなことをいう方ではありません。。
「難しい型だよ
そうおっしゃって短時間でしたが指導してくださいました。

宣言してしまった以上、自分で覚えこむしかありません。
夜な夜なyoutubeで、自分の呼吸にあった方の動画を繰り返し再生し、、
挙動をノートに文字で書いて、頭に叩き込む。
実際に自宅や仕事場で動いてみて、順番を覚える。
そんな風にしていました。

普段の稽古の終わり時間近くで各自得意型打つよういわれました。

抜塞大の人 
慈恩
燕飛

と先生の問いかけにそれぞれ挙手。
今までだったらワタシは慈恩に挙手してましたが、今回不動。
「スエムラさんは?」
先生に聞かれ、
「○○○」
いつもの大声はどこへ行ったか?
初めてみんなの前で自分が打ちたい型の名前を言った後、
前列の子供が一斉に振り返りました。
冷や汗。
いや~宣言しちゃったよ。。。
稽古の休憩の合間に動いていると、子供たちに取り囲まれます。
「得意型それにするの?」
「へ~よく覚えたね~」
「ここ、こんなかんじじゃない?」
オバサンは必死で稽古時間以外で覚える努力をしているのに、
子供は数回の稽古のなかで覚えてしまい、ワタシに忠告してくれる。。
毎度のことながら、新鮮な脳みそと粋の良い筋肉が欲しいと奥歯をかみ締めるのです。

何度やっても上手くスムーズに出来ない所を、休憩時間に先生に教えていただき、
級審査後のほんの数分、道場をお借りして自主練しました。
大会直前まであがいていたのです。
大会当日、慈恩に変えようか。。
弱気になったりしました。
高校生の娘が大会に出場し、一般のカテゴリーに入っていて、いわばライバルとなりました。
娘の得意型は小学6年の時から慈恩。
部活部活で帰宅時間が遅く、稽古にほとんど出ていないのに一番手で良い点数を取って、
なんじゃそりゃ!
とふつふつとオバサンパワーに火がついて、
覚えたての型を打ったのです。
点数は目も当てられないほど悪い。
そりゃそうです。やっとなんとか無号令で打てるかな~レベルでしたから。
で、ワタシのこの野望に影響された(?)息子に振り回されることになったのです。

つづく

ブログランキング参加しています。ポチっとしていただけたら励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村

お疲れちゃ~~ん

子育てに疲れたとき、子供がまだ小さかったときのアルバムを見るといい

って聞いたことがある。。。

そうか?
本当か?


ちょっと前、フォトクリエイトからDMが来た。
上場記念感謝祭とかで前に買った写真のデータを格安で購入できると。。
ここは版権にものすごく厳しくて、
プリントした写真を買っても、そのデータを使って年賀状にしたいと思ったらワンカット数千円って。。。
もちろん右クリックでPCに保存なんてできません。
せっかくの機会なので格安で買いましたよ。データ。
やっぱりプロカメラマンによる撮影は違うねぇ。
もう永久保存しちゃうよ。


それがコレ
2008年県大会 
20080511-110410_22942093-1-1_405-15974_DOWNLOADx1.jpg
yuki.jpg
yuki2.jpg
yuki3.jpg
yuki4.jpg
2008年東海北信越大会
yuki5.jpg
まぁなんて可愛らしいんでしょう。
5年しかたってないんだよね。このときから。。。


2009年県大会
yuki6.jpg

2009年東海北信越大会
yuki7.jpg

2010年県大会
yuki8.jpg
yuki9.jpg
yuki10.jpg

2013年東海北信越大会
yuki11.jpg
yuki12.jpg
yuki13.jpg
成長したなぁ

2013年県大会
yuki14.jpg
yuki15.jpg
もう、ガミガミ言うのは、やめよっかなぁ・・・
(きっと、今だけ~~)


にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村

息子の態度

最近、息子の態度が目に余る。
小学5年。
思春期の入り口かな。
第何回目の反抗期か。
とにかく、
人の言うことを聞かない。
口答えをする。
自分のペースを崩さない。

まぁ、そんな時期だから。

と毎日接しない人は、冷静にそう言うだろう。
こちとら毎日毎日、顔つき合わせてるんだ。
腹立つ気持ちも解って欲しい。

先週の日曜日、組手だけの小さな大会があった。
小さな、と言っても参加人数130人。
でもコートは一つ。
待ち時間が長い。
幼年から開始して、小学5年から昼食後の午後からになった。
いや~~な予感。
的中。

待ち時間が長い

飽きる

遊ぶ

集中力がなくなる

試合前のアップさえできない

負ける

大会中遊ぶ

勉強になるから試合を見ていなさいと注意される

仕方なく中学生、高校生の試合観戦をする

飽きる

遊ぶ

怒られる

ふてくされる

同じ道場の子とこぜり合いになる

怒られる

もう散々な一日でした。
この状況をどうする。
稽古中も年の近い子とじゃれあって真剣さがでない。
仲がよくなったことが裏目に出ている。


「空手、やめるか?」
できるだけ低い声で冷静に翌日、私は息子に言った。

「なんで?なんで?」
鳩が豆鉄砲くらったみたいにきょとんとした次に、
「やめないよ、オレ、空手やめないよ。」
と涙目になって言った。

私 :「遊ぶために稽古行きたいんじゃないの?」
息子:「違う!勝ちたいから!負けたくないから!強くなりたいから!」
私 :「勝って御褒美に何か買ってもらいたいからじゃないの?」
息子:「違う!」

このとき私は終始低い声で抑揚を抑え、冷ややかにしていた。
息子はだんだん涙声になっていった。
息子の本気を見たかった。
まぁ、この文を読んでる方は、
また~~?
もう、適当でいいんじゃないの~
と思う方もいるかもしれません。
もっと厳しく追い詰めるようにしちゃったほうがいいんじゃないの~
と思う方もいらっしゃるかもしれません。
所詮、本人のやる気しだいですから。
特にこの辺の年頃の男はオンナ親を舐めてるところがありますから。
キーキーいい続けるのも疲れましたから。
いかに本人に自覚させるかって考えたわけです。

辞めたくない

と泣きながら言う息子。
なんで辞めたくないのかと聞いてみれば、

息子:「弐段取りたい」
私 :「ふーん、小学校卒業までに?」
息子:「・・・・・いつか」

ガックリ
でもそれまでは辞めたくないって事なのでいいか。。。

初段を取るとさ、3ヶ月ごとの級審査もないしさ、緊張感がなくなるじゃん。
それをどうするかって真剣に考えなきゃだめだよ。
仲がいいのは良いことだけど、それが裏目に出てるよ。
せっかく仲良くなったけど、アンタは休憩中にふざけるとそれを引きずるじゃん。
稽古が始まっても切り替えができなくて、隣の子にちょっかい出したりして引きずるじゃん。
昨日の試合だって、それでダメだったじゃん。
3位決定戦の2回目の試合で、やっと普段どおりになったじゃん。
最初の試合でやっと直ったと思った癖が出て、上段出してすぐ逃げるってしてたじゃん。
違うの!?

ネチネチと続けてしまったワタシです。
息子は改心したようです。
浮き足立った落ち着きのない息子。
バネのあるうらやましい身体をもった息子。
長所を引き出すためには、
沈着冷静
ってのが必要不可欠なんです!
私自身が忘れないためにここに書き留めます。
そして、
私も成長するために書き留めます。




にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索