スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変化

ブログの更新が月1回になりそうな予感~
マズイ、これは非常にまずいです。

紫帯のA君
私が浜松将陽館にお世話になった時から、どーしても気になる男子でした。
稽古にA君が来ていると、A君の様子ばかり気になってしまう。
優しいんです。彼。
とっても。
その彼が
「このところ変化が出てきたね。」
と支部長先生がおっしゃってました。

先日の稽古でも気になる私はついついA君のそばに行き、
言いすぎかな?
「引手」
「押忍」
「拳、しっかり握って。」
「押忍」
「膝もっと曲げて」
「押忍」
おや、こんなにすぐに返事をする子だったっけ。
頷きつつも声をあまり出さない子でした。
来月は昇級審査です。
級に分かれて白帯~緑帯はMさんが先生で、
紫帯はA君一人で、とーこ先生からA君の指導をするよう指示されました。
受験の型は平安5段です。
以前私はA君の優しい型の技の一つ一つを、
「これじゃー受けたら負けちゃうし、相手が痛そうになるような突きを突いて!」
と注意したのです。
こんな言い方じゃ間違ってるかもしれません。
でも、優しい彼に力を込めるとかっていうより、この方がピンとくる気がしたんです。
今日は立ち方から力がこもっていて、第一挙動の内受けから違いました。
解ってくれたのね
おばさん、うるうる。
自信がない子は目線が泳ぐ。
泳ぐ目線も少なくなってきた。
「ここを突いてくるから受けは上段なの。」
受けの中段、下段の区別を一つ一つ説明して、
これは絶対支部長先生から教えられてるはずなんだけど、
大勢の中での稽古で漠然となっちゃってるのかな?
最後の挙動で体を180℃回転させるところがあるんだけど、
どうしてもそこで手が下がっちゃう。
なんどやっても、手を下げてじゃないと回れない。
うーん。。。
彼の動きをよーく観察すると、回るために腕で反動をつけないと回れないことを発見!
手の位置を治す前に、足の動かしかたを気をつけるように言ってみました。
自分もそうなんですよね~~
器用な人は理屈抜きで、動けるんですが、
私は出来ない。
支部長先生から逆に手の反動で回ってと指導されて、
アレ!?
ってことがありました。
体の使い方ひとつで、できるようになるって目からうろこでしたから。
しつこく色々言い続けても、A君はその度に返事をしてくれました。
返事をしてくれると、おばさんも気持ちが良くなって、もっともっと言っちゃいます。
変わるきっかけは、いつどこでかわかりません。
”変わった”
その変化にあわせて、お手伝いできることに幸せを感じています。


ブログランキング参加しています。ポチっとしていただけたら励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。