スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分だけの世界

娘が使っていた勉強机。
就職を期にワタシがいただきました。
今まで台所のテーブルに、
ワゴンに仕舞ってある道具をその都度準備して、終わらせたら片付けて

を繰り返していました。
準備と片付けに取られる時間が惜しくて仕方ない。ほんの10分もかからないほどの時間が惜しくて仕方ない。
おまけにこのテーブル、嫁入りのときから使っているので二人用でとっても狭い。
普段の食事は居間のこたつをちゃぶ台にしてなので、
食卓として使うわけではなく、配膳なのにつかっているので出しっぱなしとはいかないのです。
夕飯の支度をし、子供らに食べさせ、後片付けをして、
それから旦那が帰ってくるまでが、
ワタシの時間!ワタシだけの時間!
隙間時間だからこそ、出したりしまったりに使う、ほんの少しの時間が惜しくて仕方ない。
もう少し広いテーブルで、道具の出し入れをしなくてもいいスペースが欲しい!
ワタシの場所、ワタシだけの場所が欲しい!
常々思っていたのです。
冗談で娘に
「勉強机を作業台にちょーだいな。」
と持ちかけたところ、あっさりYESをもらい、机のサイズを測り台所に収まるところを探りました。
ここか、ここ。かなぁ。
ここだとすると玄関までの導線だから人ひとり通れる隙間がなくなるし、
どうするべきか。
悩んだ結果、旦那に助けを求めました。
「食器棚をこっちに動かして冷蔵庫と並べて、そこに置けばいいじゃん。」
その発想はなかったぞ。
さっそく動かしてついに、
ワタシだけの場所
が出来上がりました。

まあ、なんということでしょう。
かつては娘さんが小学校入学のときに購入された勉強机を、
ランプワークの作業台に変えるとは、いったい誰が想像したでしょう。
やったーーーーーーっ!!!
いざ!
とガラスを溶かし始めて、
落着いて自分の場所で始めて改めて気が付いた。

独学では限界がある。
月刊の専門書を買い込んで読み込んでも、
美術書のような洋書に見入っても、
自己流ではやっぱり限界があるんですよね。
レパートリーが広がりません。
環境が良くなった分、足りないものを補わなければ。


スポンサーサイト
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。