スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊川南陵高校に起きた、本当の話

道場の恩師、菊地伸幸先生の著書が発刊されました。

ハイスクール・レボリューション
菊川南陵高校に起きた、本当の話
(旧国際開洋高校)



いやいや、待ってました!!
いつから待ってたって、先生が
今、書いてるんだよ~
なんておっしゃってたのは2年ぐらい前だと思います。
多忙極まりない菊地先生が、なぜ、私立高校の理事長を引き受けられたのか?
以前開催された講演会で教えていただきましたが、
もっと掘り下げた内容を知ることになりました。

菊地先生が直面した一大事件の概要は、私の記憶の中にもリアルタイムであります。
私立高校の高校生が薬物使用なんて、全寮制って怖いよね~
残念なイメージが離れない。
そんな過去がある高校の理事長ですよ。
入口はやっぱりソコ?と言われそう。
正直なところ今現在は、そのイメージはもう払拭しきっているですよ。
いまさら表に出さなくても、もっと良いことだけでいいじゃないですか。
読み進みながら私は菊地先生に話しかけちゃいました。
それを隠してしまったら、今現在の、
南陵高校
はないのですね。
その事件の前段階でも、闇討ちのような生徒からの暴行は、
やんちゃだった先生が空手道に精進していたことによって、未遂で終わったことも、
菊地先生だから対処ができたのですね。

三年生がたった3人で執り行われた卒業式。
立ちなおしたい
と強い思いを持ち続けられたのは、どんなに少人数でも、そこに生徒がいるからですね。
運営上、生徒数の少なさは経営困難に直結します。
困難こそが菊地先生の原動力で、生徒の存在がすべてなんですね。
全寮制だから県内地元生徒は希少で、県外からいろいろな事情を抱え入寮した子が多い。
学校が無くなったら行くところがなくなる。
そこまで追い詰められた状況の生徒もいたことがあったそうです。
高校在学中に進路を決め、自活できる道を見出させる必要がある。
在校生がいるかぎり、見捨てるわけにはいかないのですね。
負の部分をさらけ出し、隠そうとしないところが、菊地先生の人徳が増す証です。
多大な負債を先生の人脈で立て直し、教職員先生方もまとまり、
平成26年 高校生野球部の夢の舞台、甲子園へ!
と邁進していた矢先、また事件が起きます。
しかも空手道の全国大会が自県で行われるその前日に!
その大会実行委員長だった菊地先生は大会開催中に会場を離れ高校に戻らなければいけない。
その会場に私もいました。
土曜日曜と2日にかけて行われた大きな全国大会です。
日曜の閉会式終了後、ナショナルチームで活躍されてる選手も出場された大会だったので、
子供たちはその選手たちにサインを求めていました。
その中をスーツ姿の金澤校長と平野前校長が、大
会会場を離れ学校へ行くことをすすめられた、
総師範の香川先生に深々とお辞儀をし、あいさつされてる姿をお見かけしました。
大会の裏方を、
前日はマットや審判席の設置、
当日は入場行進の各県のプラカードを掲げる入場行進の先導や、コート係りに南陵高校生がお手伝いに来ていてくれました。
この生徒たちの手伝いがなかったら、多数の出場選手の保護者関係者におねがいすることになったでしょう。
大きな声であいさつをして、きびきびと立動く南陵高校生と、
問題をおこした生徒とのギャップが際立ちますが、どちらも大切な生徒なのですね。
今あらためて活字で読み返すと、口惜しさとか残念な気持ちとかが、ずんと胸にのしかかってきます。
間違っていることを正そうとした生徒のしたことが、悪いほうへ転がって、甲子園への県大会4回戦を辞退。
重大なことになってしまいました。
それまでもいくつもの事態が起きて、大抵の学校は”退学”という処分で終わらせるような事態で、
でもそのたび、生徒本人のことを考え、
”将来に繋がるよう社会へ出るための3年間を勉強させる”
教育方針を貫かれた。
渦中の生徒は後悔しかないよね。
後悔のまま学校生活が終わってしまったら、自暴自棄になってしまうのは目に見えてる。
やり直せる
どんな時でも、どんなところからでも、やり直せる。
菊地先生の強い励ましの声です。

稽古の合間に少しお話しするくらいで、確信的な事をお聞きする時間がなく、
日本各地を飛び回る先生に、
「JRもマイレージあったら、先生すごいポイントになっちゃいますね~」
なんて冗談言ってみたこともありましたよね~~
公共交通機関で行くには不便な和歌山校に行かれる時は、
自分で運転して行かれるそうで、その時ばかりは本当に心配しちゃいました。
「電車や新幹線なら乗ってる間、仮眠できますよね~~」
と言ってみたら、
「自分で運転しないと仕事もできるし、本も読めるんだよね。」
とのお返事が返ってきました。
レベルが違いすぎました。すみません。




生まれて初めて空手道を習い、3年通いましたが、
「貴方には週に一回、1時間半の稽古で十分です。」
大きな大会を目前にした稽古の日、当時通っていた道場の先生にそう言い渡され、
その指示に従うしかなく大会当日を迎えたことがありました。
大会の試合ではもちろん散々な型を打ちました。

空手 辞めよう

そう決めたとき、菊地先生のお顔が浮かびました。
合同稽古と出稽古で数えるほどの指導しか受けていないのに、
「あの先生のもとでやり直したい。」
空手そのものが大嫌いになりそうな崖っぷちで、
菊地先生のお顔を思い出しました。
私の移籍に続いて、娘、息子も移籍をさせてもらいました。
娘は中学三年を吹奏楽部で満喫し、1級のまま夏休みを目前の三者面談で、
「学力が今一つなので、内申書にかけるものが一つでも多いほうがいい。」
そうおっしゃる担任の先生の言葉を受け、初段合格に本腰を入れ12月に初段に受かり、
「(内申書に)一つ書けることが出来て良かったね。」
受験に有利な特技が一つ書けたと喜んでもらい、
高校3年の就職試験の時には、
面接された社長さんに履歴書の記載に目を留めてもらい、それだけじゃないかもしれないけど、
無事内定をいただきました。

小学高学年から同級生と団体型に挑戦。
俺が!オレが!
と一人称しかない息子を3人でまとまり揃えることを菊地先生から教わりました。
南陵高校での合同稽古や合宿では、高校生と合同合宿でお兄さん達と仲良くなりすぎてハラハラしました。
帝京大学出身の岡本奈菜先生は、こちらでも何度も先生の素敵さを書かせていただいています。
最近はもっぱら扱いにくくなった息子の相談をさせていただき、とても頼りにさせていただいています。
覚えが悪い、動きが悪いと見限られた40過ぎの私に、
年齢に応じた動きで良い
と丁寧に指導してくださり、娘と一緒に初段に受かることが出来ました。




今、書いてるんだよ~
が、
出版決まったよ~

になり、

いろんな調整をしなきゃいけないから、まだ発行できないんだ。

と待ち望んでいた私にそのたび教えてくれました。
調整?
I女史からはじまり、悪くも良くも国際開洋高校からかかわった方がたくさん登場します。
事実を記載していても難癖をつけ、名誉棄損云々言いだしそうな不安を感じます。
そうならないよう、専門家の方と校正を重ねられた時間なのですね。
冒頭P28に私が交通事故の被害者になった時世話になった、弁護士先生のおなまえがありびっくりしました。

菊地先生とこんな風に繋がるなんて、なんか嬉しい。。
他にも旦那繋がりがびっくりするルートで繋がっていたり、
世間って、狭いね。
と。
ある意味、狭いからどこでどんな風に繋がるか解らないから、
人と接することを粗雑にしちゃいけないんですよね。

感想文も書けない自分が本を書きました。

って菊地先生はおっしゃってましたが、
感想文こそ難しいんです!!

書かれているお話しのほとんどを、道場でお聞きしています。
理事長になるかもってて時
小野氏宅を初めて訪問された時
高校での行事などなど
著書の内容と実体験が交差して、読書感想文が、
菊地先生感想文
になってしまいました。

読み終わってから10日。
何度も読み返して、一度書いたものを消したり書き直したり、
こんなにも”書くこと”に悩んだ感想文は初めてです。



私は是非、中学生に読んでほしいと思います。
自分のことを真剣に考えてくれる大人がいて、
子供の将来について手助けしてくれる大人がたくさんいることを知ってほしい。
自分は正しいことをしたかもしれないけど、そのことで誰かの夢がかなわなくなってしまうほど影響がでるかもしれないこと。
一人がした間違いが、全生徒を活動休止にさせてしまうほど重大なことがあるかもしれないこと。
誰かのしたことで自分の夢がかなわなくなってしまっても、
それを許し立ち直させようと考えさせる先生がいること。
自分がしたことでどうなるのか。
想像の枠では収まらない実際の出来事を知ってほしいと思います。

スポンサーサイト

きっかけ

半年前のことです。
バレンタインデーのお返しのホワイトデー近く、
道場の女子に頂いたお返しをせねば、、、
とは思っていたけど、クッキーやケーキを焼くには人様のお口に入るのを作るのは自信もない。
どうしたものか?
息子のお返しに母親が一生懸命ってワタシのがらでもないし。
今回はお店でキャンディーやクッキーを調達しよう。
そう思っていたとき、
ふと、
ワタシが自慢できるもの
を思い出したのです。
引き出しにいっぱい入ったとんぼ玉たち。

これで何か女の子が好きそうなものを作ってみようか。
と思い立って作ってみました。
ワイヤーを通してペンチで丸めて、

ストラップのパーツを付けて、
メッセージカード書いてパッケージング!!!!!

楽しくなって、どんどんどんどん、こんなに沢山つくっちゃいました。

クッキーの空き缶に詰めて、好きなの選んでね~
どの子がどれを選ぶかな?

ホワイトデーはワタシは稽古に行けなかったので、息子に託したのですが、
女の子の人数分用意していたのに帰ってきた缶の中身は1個。
えっ!?
今日お休みしてる子一人じゃないじゃん(・・;)
聞けば男子で欲しいって子がいたからあげたんだと。
Σ(゚д゚lll)
はい!追加でせっせと作りました。
これまた楽しー!!!
それじゃぁさ、お母さん達にももらってもらいたい、かな?

その中でとあるママから、実はiichiに出品してる末ママのを気に入ってるんですよ。
なんて聞かされちゃったーーー!
30万点以上の出品作のサイトの中から、自分を選んでいただける光栄はもちろん実感しています。
ご購入者様から自分の身に余る光栄なお返事をいただいて、恐縮してしまうことが最近ありました。
本当に奇跡の巡り会いです。

それでも、
本当はね

ほんとーは、

直に手にとってもらって、
鏡の前で合わせてもらって、

やっぱり、こっちの方が合うよ~~

なーんてお話ししながら、
選んでもらいたいーーー!
贅沢な希望があるのです。


でもって、
緑が好きだって言うNママのために、お作りすることになって、


これじゃダメだ
今のままじゃダメだ!
と、習いに行くことにしたのです


そう
いつか
色やモチーフや、アイテムや、形や、
その人の好みに応じて長さを微調整させてもらえる、
全ての御要望にお答えできる制作をしたい!
お誂え
の手仕事がしたい!

ふつふつと胸の奥底で湧き上がるものに出会ってしまったのです。

本当に自分のしたいこと

に引き合わされてしまったのです。
いつなんどき、そんなきっかけに出会うか。
人生わからないものです。






最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。