自分なりの楽しみ方

9月27日は将陽館大会でした。
この日の前日、私の身に起こったおそろしい出来事をここに書きたいのですが、
あまりに鼻漏なお話で詳しく書くには躊躇いたします。
一言でいえば、体調管理を怠って強度の便秘に苦しみ、3時間弱個室に籠った。
のです。(一言じゃないじゃん)
個室に籠りつつ、思うことは(明日の大会どうするよ?)
棄権?欠席?
でも結局、出場したわけですが、
体調最悪で集中力を欠き、
型試合、予選の平安初段を間違える惨憺たる結果。

組手は一般二部クラスで一応2位にさせていただきましたが、
初段受験目前の茶帯ママさんに準決勝で引き分け再試合。
続けて決勝、やはり茶帯ママさんに1:4で負けました。
自由一本組手といえども、2回続けての試合は息が上がります。
決勝前、主審の松澤先生が時間を取ってくださったのですが、
なんだかものすごく恥ずかしくなって、早く終わらせたい!
気持ちが盛り上がってるまま突き進みたい!
と「大丈夫です!」と始めてもらってしまいました。
今回負けてしまったママさんたちには、ハッキリとした目標をお持ちです。
自分が負けた理由を支部長先生にお聞きしました。
ズバリ、稽古でなんどか富子先生に注意されてた箇所が、直せずにいたのが敗因たの一つでした。
茶帯のころ、稽古の度、注意されたのを書き留め見返していたことを思い出しました。
毎回の稽古に必死だった。
その必死さがいまは足りない。
敗因はその足りない必死さですよね。

型の最悪状態。
組手の落ち着きのなさ。
日頃の体調管理不足。

上を目指したい気持ちでいるものの、
審査要綱の四方蹴り続けて5本できず、挫折。
試合出場はもう引退。上を目指すのも考え直そう。
大会申し込みのモチベーションを当日まで持続させられない。
毎回の稽古で心身の激しい浮き沈みに悩んでいます。


山盛りの反省材料とともに持ち帰ったのは、
じんわり心に沁みる沢山の励ましのお言葉です。
「出続けることに意味があるのよ。」
館長先生の奥様に言われました。
県本部広報のAさんには、
「大人の楽しみ方をしましょう。」
他支部のママさんともお話しできて、
「試合にでようってしてるだけでもエライです。」
なんて褒められてしまいました。

準備体操で列に並ぶのがやっとだった幼年白帯さんが、
一人で先生に礼をしてコートの定位置について、型を打てるようになった。
茶帯になってもキョロキョロと視点が定まらず、新し型をどんどん覚えていくのに、
そこを直せばもっと上手になるよ
って稽古の度になんども言ってしまった子が、
ちゃんと直して一点を見据えて抜塞大を打っていた。
稽古の中でみるのとまた、違った成長がみられるのが大会です。
自分磨きの稽古だけど、私服で体験のときから知っている子供を身近でみられ、
こうして間近で成長を見守れることが好きなんだよな~
だからやめられないのよね~。

ランチ

ご近所さんにとても気になるお店がある。
交差点の角、民家を改装したタイ・ラオス料理屋さん。
普通車が5台ほど停められる駐車場は、昼時はいつも満車。
店構えは本当に、民家なんですよ。

こちらは2号店で1号店は小豆餅にあるらしい。
そちらに行かれた方のタイムラインを拝見したことあるけど、好評なんですよね~
旦那がしきりに行きたがる。
エスニック料理かぁ。。
懐かしいなぁ。。。
学生時代からの悪友と就職(同じ職場じゃないですよ)で上京したとき、
外食と言えばエスニック料理。
彼女、東南アジア系の男子にめっちゃモテモテだったんですよ。
余談だ。
彼女のおかげで自分だったら絶対チョイスしないメニューに挑戦させられ、
数々のエスニック料理屋さんに行きました。
そこで学んだんですが、絶対大好きって宣言できる人が何人かいないと、
この料理は楽しめない!
旦那がどんだけ、
きになる~ 行こうよ~
と言っても、賛同できなかったのです。
で、シルバーウイークの月曜日。
某自動車メーカーのお休みの方で、駐在やら長期出張やらで、
現地料理を堪能された方々と出向いたわけです。
まあ、盛り上がりました。
旨い旨い旨い!


と汗をかきながら、
「ビールのみてー!!」
とノンアルビールで我慢するしかない方も。
かわいそうですがこのご時世、飲酒酒気帯びで人生棒に振れません。
我慢していただきましょう。
娘がやっとバーモントカレーの中辛に耐えられそうになったころ、
息子の出現で振り出しに戻った我が家のカレー事情。
甘口からジョジョに中辛を混ぜ、中辛オンリーで耐えられるようになった息子とともに、
辛さに対する味覚が衰えたワタシ。
結構な辛さにも耐え(鍛え)られてエスニック料理を楽しめた独身時代。
ワタシ自身が、耐えられるのか?の疑問もあり、旦那を制していたのでした。
本格現地料理を堪能してきた方たちの援護がなきゃいけません。

どどーーん!!
レミーとおいしいレストラン
で、料理の批評家イーゴがラタトゥイユを口にした瞬間、子供に戻るシーンのように、

このスープでワタシは独身時代に戻りました。
「これ、ちょっと苦手。」
注文した当人を差し置き、とりわけ分以上に器を抱えてすすり続けてしまいました。
若かりしあのころ、下戸なワタシと彼女はグダグダと水だけで2時間を超える滞在に、
お店の人もさぞご迷惑だったことでしょう。
人肌温度のタピオカミルクでしめくくり、終電間際の駅に急いだあのころ。
あのころのワタシが今のワタシを見たら何て言うだろう。
子供嫌いで結婚のけの字もみえなくて、その前に恋人すらいなくて、
この先もずっと彼女と水で何時間でも居座って過ごすんだろうなぁ。
そう思っていたバブルの終盤のあのころ。
ジュリアナなんて若い子が行くとこで、ワタシらは行けないよね~
あのボディコンワンピースの丈とあの扇子、変だよね~
ついていけないわ~

もうあれから25年が過ぎようとしている。

最後はこれでなくっちゃ。
人肌のタピオカミルクをごくごく飲んでたあのころ。

いや~甘すぎ!!
ぬるい!
冷たかったらおいしいよね~

あのころあんだけ「最後はこれ!」と決めて楽しみだったデザート。

味覚も年老いた。
二人の子供と自営業といくつもの趣味。

クラブなんて名前に変わるなんて思ってもいなかったディスコで踊り明かし、
飲めないくせに夜ご飯だもんね~と居酒屋にくりだし、
終電をにがした連中と山下公園で缶蹴りをして、走りつかれて始発を待ったファミレス。

変わったものばかり。
変わらないのは、、、なんだろう。。

出品依頼

ある日、実家の母親からこんなメールが来た。

「今もイヤリングやピアスを作っていますか?」
021.png

実の親娘なのに敬語でのやり取りに疑問を抱く方が多いかもしれませんが、
それはさておき、

バザーへ出品する商品が品薄らしい。
いやはや、こんなところから出品依頼ですか。

はい、よろんで!
納期は11月中旬。
価格帯と客層を聞きだし、作りこみいたしましょう。
近くなったらお知らせいたしますので、是非、お出かけいただければ幸いです。

苦手を克服

まとまった時間のある時はランプワークの作業台に向かう。
小さな空き時間にはデザイントレーに向かう。
そんな風に作ってきたものの、そこから先の進みが悪い。
苦手なんですよ。
写真撮影。
画面を見て選んでくださった方のお手元に届き、
実際に見ていただいたのと、
「違う」
と思われたらどうしよう。
デジカメの性能ももちろんのこと、
パソコンや携帯電話、スマートフォン、あるいはタブレットなどの通信機器でご覧になると、
違ってしまうのは、もうどうしようもないことなのですが、
やはり、
「違う」
とは絶対思われたくないものなのです。
カメラの師匠のY氏にアドバイスを受け、試行錯誤をしてみても、
「だめだこりゃ」
と後ろ向きになってしまうのです。
デジカメで撮影してパソコンに取り込んで、iichiに掲載する。
撮影段階でOK!と思ってもサイトの編集段階で、
「これじゃだめじゃん!!!」
独りダメ出しをして挫折。
毎度毎度、挫折挫折の繰り返し。
デジカメをスマホにしてみて、そのスマホからの画像も、
だめだめ!
うーーーーーん。。。
そうして、作る事ばかりが進んで、iichiの更新はおざなりに。。。
大変申し訳ございません。
Twitterに日々のことを写真付きでつぶやく。
隣で娘も同じことをしている。
夕飯のおかずなど娘と同じものを撮っているのに、
娘の画像のほうがおいしそうに見える。
なんで!?
「かあさーん、これ使ってる?!」
えっ?何のこと?
「フィルター機能!」
画面が8つに仕切られ、クロームとかインスタントとか、撮影段階でエフェクト(効果)されるのです!
そこで実際に近い見え方のを選んで撮影すれば、
あとからアプリで加工とかするよりも、近い見え方で忘れずに撮影されるんですね~
目からウロコ。
それと”よく”見える位置を選んで撮影する。
娘、どこから覚えるんだ!?
「常識だら」
そうか、常識か。。。
真似して撮影しなおすと、アラ不思議!
手抜き料理がちょっと手の込んだ一品に見えるじゃない!
日々、片時もスマホを肌身離さず持ち歩き、落ち着きのない娘にイライラさせられてたのですが、
こんな風に役に立つとは。

決して、”よく”見せよう

と思っているわけじゃありませんよ。
ただ、ありのままの姿を見ていただきたい。
せめて色とか質感とか、
そのままに近いもので感じていただきたい。
料理の撮影とは違うけど、
”よく”
見ていただきたいのです。
そしてiichiにもお悩み解決ページで撮り方のレクチャーがありました。

こうして最近、苦手を克服してきたので、撮影して掲載させていただいてます。

完成品をしまっていた引き出しを見てびっくり!
いつの間にこんなに作ってたの!
作ったのは自分しかいないのに、すごい数の完成品でした。
この完成品を携え、行商にでも出かけたい気分。




先日、道場の先生の出版記念パーティーにお招きいただきました。
これは是非、普段お知り合いになれない各界著名人の方々とお知り合いになれたら!
fc2blog_2015090315484299f.jpg
なんて、仕事用の名刺とは別に、
fc2blog_201509031602117b8.jpg

自己紹介カードちっくなものを印刷してみました。
(QRコードには携帯電話番号も入れたので、もし万が一、イタ電バンバン来たらやだな~とこちらの画像にはスタンプ押して読み取りできなくしてありますが、実際のはブログとiichiのURLとワタシの携帯電話番号とメルアド入れてあります)


売り込みしよう!
と意気込んだのですが、会場についてみれば、野心は消沈。
おひとり、しかも面識のある方としか名刺交換できませんでした。
チキンな自分。自宅に帰って後悔しきりでした。
初対面の方とお話できる場所に行くことすらないですから。
場馴れしてないといえばそれまでです。

fc2blog_20150903154943030.jpg
fc2blog_201509031550066bf.jpg
ちょっと意識して対人関係に効果があるといわれる、
フローライトを組み込んだネックレスを身に付けてみたのですが。。
次回、もし、こんな機会があったなら、
苦手を克服して、自分の売り込みに挑戦したいと思います!!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索