スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撤収

クラフトフェアについて書かなきゃいけないこと、もう一個。
あいにくの降雨で予定より1時間早く撤収を余儀なくされました。
まばらだけど、お客様がいたのにね。
渋るワタシに、
「雨が本格的に降ってから片づけるのは大変じゃん!」
と娘に諭され、撤収作業をしたのですが、
まあ、頼りになる娘だこと。
テントをたたんで車まで運ぶのに、
025_2015112713194961f.jpg
背負ってる。。。
いくらキャンプ用の軽量テントとはいえ、本体重量14kg。
これにテーブル二つを両手に持って、いさましく運んでくれました。
そしてワタシの苦手な積み込み作業。
立体パズルか?!
中学のとき、
吹奏楽部で演奏会やらコンテストやら、
1,5tトラックに楽器を積み込むのですが、
いつの間にやら仕切りは娘の仕事になったらしく、男子を指示して積み込み作業をしておりました。

はい、すべてお任せ~
027.jpg
ワタシがしたら、絶対、運転中に荷崩れ起こすことでしょう。

この記事、期間限定かも~
娘からクレーム来たら即、削除いたします。

販売点数が思ったよりも少なかったと不完全燃焼。
ディスプレイの改良を強く意見し、
「次はもっとこうする!」
と意気込んでます。

次回アリ?

と、返しましたら、
「えっ、やらないの?!」
との返事。。。
旅行がてら、長野とか、行っちゃう?
いけたらいいよね。。
夢は膨らむわ。。
スポンサーサイト

クラフトフェア 2日目

週間天気予報で一週間前から2日目は雨マークでした。
毎日毎日、雨マークが無くなりますようにと天気予報を見続けてきましたが、
午後からの雨マークが消えることなく2日目に突入です。

通り過ぎる来場者様から、
「普段使いにできない。華美すぎる。」
って声を聞いた娘の意見を重視して、娘チョイスで出す商品を替えました。
立体的に見せる
って意見にも従い、急ごしらえでできる範囲で娘に託しました。
019_2015112713180958b.jpg
ネックレスとお揃いのピアスなりイヤリングを、セットでお買い上げいただけるように並べました。018_20151127131807bf7.jpg
ディスプレイの仕方をもっと凝った形にしたかった娘ですが、
ワタシがあまりそういうが好きじゃなくて、意見の戦いをしました。
相手が娘でよかったよ~
手伝ってもらったのが娘でよかったよ~
初体験のテンパったワタシに、適度な厳しい助言は、同じ血のおかげで聞けるところが多くて、気が楽でした。

娘のおかげもあって、昨日よりたくさんの方に立ち止まってもらえました。
お話のきっかけに、
ガラスビーズとコードを選んでもらう。
ピアスとイヤリングのどちらにも対応できるように、その場でパーツの付け替えをする。
などなど説明させていただき、なるだけ滞在時間を長く、ひっぱってひっぱって、
お客様の好みとか、どんな感じの時につけたいですか?とか、
とにかく会話させていただくことを心がけました。

ここで気づきました。
手に取っていただいたものが、お客様の着ているお洋服と同じ色。
かなりの確率でそうなのです。
ご来場のお客様のお洋服は、場所柄もあると思うけどナチュラル志向の方が大多数でした。

生まれてこのかた、販売の仕事しかしたことがありません。
販売する商品は、メーカーが企画生産し、販売店へ納品されたもの。
シーズン前の展示会で販売員が製品化する一段階前で意見を言っても、
ほとんど通りません。

ここがこうだったら、もっとお客様に気に入っていただけるのに。
直接、接客するお客様から意見を企画側に伝えても、
そこがそうだからデザインは変えられない。
逆に販売員が販売数をあげる努力を。と、求められてきました
現場からデザイナーへ意見はご法度な時代もありました。
服飾関係の専門学校へ通ったので、デザインの勉強をしました。

自分の頭の中にあるものをデッサンし、型紙を起こし、制作し、完成させる。
その創作活動と絵心のなさで、デザイナーは早々に諦めたワタシです。
それなのに、いまここで、自分の作ったものを自分の手で販売する。
自分の作ったものを手に取るお客様の様子を見て、
お客様の反応をダイレクトに受け、
今まで作ってきた独りよがりの”kirakira達”を、何とも言えない気持ちで並べなおしました。

そんな気持ちの中でも、立ち止まって、じっくりと見てくださるお客様が、
通り過ぎたかと思ったら、
「やっぱり、さっきのが欲しくなっちゃいました。」
と戻ってきてくださったり、
インスピレーションで電光石火のごとく短時間でお決めになったお客様や、
お孫ちゃんにねだられて、満面の笑みでお買い上げいただいたおばあちゃま。
細かい細工物にお褒め言葉をいただいて恐縮したり。


初めての出店で、自分の新たな目標が出来てしまいました。
怪我で空手をしばらくお休みしなきゃいけなくなって、
生きがいを一つ減らされてくさくさしてた時期にこの出店が重なって、
本当にラッキーだと思います。
自分のわがままに付き合ってくれた娘。
協力してくれた旦那。
あらためてお礼申し上げます。


最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。