FC2ブログ

大会前の稽古

稽古をちゃんとしていれば、緊張することはない。

K先生が以前おっしゃっていました。

大会の度にコートの端で順番を待つ。
緊張の極限で目を開けていられず、
目を閉じて自分がうつ型をイメトレして、
(次は?あれ?この次の挙動が解らない!!思い出せない!!)
なんて今更焦ってどうするの?
と自分で緊張感をさらにあげるようなことをしていました。

なぜ、そうなるのか。

間違えそう
間違えちゃいけない
途中でわからなくなりそう

そう、ただ単に稽古不足だからです。
「身体で覚える。」
稽古中にK先生に何度も言われます。
身体で覚えるって、頭で覚えなきゃ身体でだって覚えられないよ~~~
と思っていましたが、
最近ちょっと違うんですね~
型の技には全て意味が有って、その解説を聞いて理解すると、
身体が動くようになってきたんです。
なぜ後屈立ちなのか。
ただ引き手じゃなくて、その肘が後ろエンピにの一つの技になっている。
こうゆう技だから踏み出す足は右、とか、左、とかになるんだね。

そんな風に型の一連の動作の解説を聞いたら、面白くて仕方なくて頭にすーっと入ってくるのです。
頭に入ってきて、それを身体に伝えて正しく動けるかというのはまた別ですが、
身体を”動かしやすい!”のは確かです。
一般の大人には楽しく面白い解説ですが、
一緒に稽古している小学生達にはちょっと難しすぎてつまらないかも。
そう思いましたが、
解説しながら相手を立てて先生が技を出すところを、
間近で見ようと先生たちを取り囲み、
「近すぎる!危ないじゃないか!」
と叱責をかったりしていました。
技の専門用語ばかりで難しくても、見て理解しようとする子供には面白いものなんでしょう。




そんな風に稽古が出来てきたから、
大会が楽しみでしかたなくなってきました。
子供がキャンプを前にわくわくしているような、
そんな風に大会までの日にちを待ち遠しく思いました。

コメント

Secret

わかりますよ

 こんにちは!
 
 今月も忙しそうですね~v-410
 形の話ですが、動作の意味を知ることはとても大切だと思いますし、ひとつの捉え方ではないところがまた奥深いところで....
 でも、その意味を知ると気持ちが入るから不思議ですよね。

 大会まで身体が付いて行く様に頑張ってくださいねv-392

空手親バカさん

はい!いつでも忙しい末ママ☆ですv-355
型の中の技の解釈が先生によって違うって、移籍してから初めて知りました。
奥深さが興味を誘って、面白さが倍増しています。
大会のことをまた書きますので、お暇でしたらまた読んでください。


最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索