スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の稽古

今日はK先生がお仕事でお休みです。
T子先生の稽古と思っていたら、
今年の東海北信越大会と県大会共に、
一般有段者組手優勝の
A先生登場!
大学卒業したてのピチピチフレッシュマン
大会の日、試合を間近で観戦して、
子供達は、
A先生のようにかっこよく強くなりたい!
と憧れの的のA先生。

基本のその場突きから雰囲気が違います。
スピードが違います!
前屈立ちで後ろ足前蹴り前足回し蹴り
を左右20本づつ~~
「誰が一番早いかな?」
とゲーム感覚ですばやい反応を求めます。
前列の小学生は嬉々として頑張ります。
後列の私は、
ひ~~っ、足がつる~~。腰がぁあ。
おばさん、ついてけません
K先生の稽古より、はるかに早いテンポの移動基本。
号令が時々途切れて、おっと!と思ってA先生を見ると、
小学生のフォームを耳元で小声で直していました。
ふくらはぎはパンパン。
膝はがくがく。
休憩させてください
と右隣のT子先生にテレパシーを送っていました。
それを悟ってくれたのか、T子先生がA先生に休憩を促してくれました。
助かった。

「ドラゴンボールって今どこまで行ってるんだっけ?」
とA先生が息子達小学生が休んでいるところに来て聞きました。
「怪人のとこ!」
「○○がなんとかで、××があ~で、悟空は▲▲なんだよ~~」
と口ぐちに言ってA先生にまとわりつきます。
(ヲイヲイ、先生だよ。タメ口はまずいでしょ~)
と思いT子先生の表情を読んでしまいました。
でもT子先生は月謝袋をそろえたり、忙しく事務仕事をしてて、
A先生と子供達のやり取りを気にしていませんでした。
(T子先生が注意しないなら、いいのかな?)
そう思っているうちに休憩終わり。

型の稽古が始まりました。
何が辛いって、K先生は型の説明や注意があって、そのときに呼吸を整えたりできるんですが、
「はい、平安初段!」
「はい、順路初段!」
続けて怒涛のように支持されちゃいます。
ゼーゼーが収まらないうちに、
「平安二段!」
「順路二段!はい!反応を早く!!」
って、K先生はいつも平安初段~平安五段、鉄騎初段、順路初段~順路五段、って順番なんですが、
A先生は違ったので、私は平安三段って支持されたのに、
思いっきり順路三段をうってました。
振り向いた瞬間、T子先生と目が合って
A先生の言葉も聞き取れないくらい集中力が飛んでました。
でも、子供達は嬉しそう。
左隣の一般のM君も辛そう。。でもアナタはまだ20代中盤よ~~がんばれ!!
型のあとの組手の稽古も、いかにすばやく動くかに重点が置かれました。
ちょっと遅れてきたM君と同年代のF君に、
「今日は初めから来て欲しかったよっ!」
とつい言ってしまいました。
何度もお手本をみせてもらいました。
現役で優勝した人はちがうわ!
A先生が元立ちになって、子供達の技を見ていただける機会なんて、なかなかないわ。
稽古が終わってからも、A先生の周りに子供達がまとわりついて、
息子もなかなか離れなくて帰りが遅くなったけど、
「今日は楽しかった
「またA先生に教えてもらいたい!!」
っていつもと違う刺激をもらって御機嫌な子供達。
それに引き換え、足腰をさすりながら家路に着いた私。
決め、スピード、力強さ。
K先生からいつも教わることです。
大人には言葉から頭へ伝わりますが、
間近で接することで、より強く刺激を受けた息子。
年上のかっこいいお兄さん先生。
息子だけじゃなくて、今日の稽古に来た子供も一般の大人も、
すごい刺激になってはっきりした目標をもらった感じがしました。

コメント

Secret

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。