FC2ブログ

黒帯

12月の県の講習会&昇段審査に参加した父兄から聞いた話です。
私達がお世話になっている連盟では、
昇段審査を受けるには、本部登録してから2年経過していなければならない。
って決まりがあって、
その決まりを守らずに審査を受けた人がいたそうです。
決まりを守らず受験した事を、厳しく指摘され、
今後このようなことのないように。
と審査会終了時に先生からお話があったようですが、
今回だけ、特別に
初段に合格したそうです。
何のための決りなんでしょう。

段審査を受ける時、
何年何月に昇級したか、十級から書き出し提出するように、最近なったようです。
1級づつ堅実に昇級させる支部。
筋が良いからと、2つも3つも飛び級をさせる支部(道場)。
同じ県の中でも、支部によって昇級の仕方(基準)がちかうようです。
仕方が違うのではないですね。
指導する先生の考え方の違いと言うのでしょうか。
そうゆう私も、
実は審査を免除された事があります。
極度の上がり症だった私を、早く指導員にさせたかったので、
そのようなことになったのです。
内心、ほっとしながら、級審査の日を迎えましたが、
やっぱりいけない事ですよね。
級が上がって帯の色が変わっても、自分にはその帯の色に見合うものが身についていない。
自分が一番よくわかっていました。
「紫帯をしめている資格はあなたにはありません。
次の稽古から緑帯に変えて来なさい。」
そう言われて、その通りにして行きました。
だって、紫帯をもらっても、自分がその帯の色に見合っていない事は、
自分自身で嫌って言うほど、解っていましたから。
あの時、
私はまだこの帯をしめる資格がありません。
そう言える勇気があればよかった。
いいえ、緑帯に戻れと言われた時、ほっとしたのが本音の本音です。
級審査が私達の県本部の昇段審査と同じように、
県内の受験生が一つの会場に集まって、
移動基本、型、組手と県全体の先生方に審査される県もあると聞きました。
そうなれば、級のレベルが県全体で統一されます。
支部毎に級審査があっても、基準がきちんとあるはずです。
2級から1級が一番大変で、
1級になっても、すぐに段審査に行けるわけではありません。
娘は小6の12月に2級が受かり、次の年の3月に段審査に行きました。
年明けから、段審査に向けて、特別に特訓が何日もありました。
中学生になったら、続けられないから、今のうちに黒帯を取っておけ
そんな感じでした。
詰め込み詰め込みの稽古で、本当にいいんだろうか。
娘も私も心の中で疑問に感じながら、3月の審査にむかいました。
結果は不合格。
短期間の詰め込みで受かるほど、甘くはありません。
おっと、話はずれてしまいましたが、
決まりは決まりで守って当たり前。
と思うのは私だけではないと思います。


誠の道を守ること

って道場訓にありますよね。
守らずに受かってしめる黒帯って、どんな感じなんでしょう。
その人に初段に受かる実力があったのは理解できます。
だから特例と認められたのでしょう。
ですが、会場で受験者全員がいる場で指摘されたのですから、
ある程度の期間、帯は遠慮してほしいと思います。
その時、同じ目的を持って、同じ会場で受験された方全員に、
後味の悪い思いをさせてしまったと、感じてほしいと思います。
その方が指導員として、前に立たれたとしても、
私はその方の指導を受ける気持ちにはなれません。
自分の子供はもちろんですが、同じ連盟全員に、指導してほしくないです。
自分の行動の結果を真摯に受け止めていただきたいです。

コメント

Secret

ハア~

支部掲示板の書き込みからこちらに来て、ほとんど全て読ませてもらいました。かなーり昔、読ませていただいたこともありますが、最近では見ていなかったですよ。
ですので、まとめて、今日は何もしない日!
文章がなかなか面白いですね~
人を笑わせる人っていいですよ。
子供の頃からまじめ一本?の私には、うらやましいかぎりです。
人間まじめだけではつまらない。
つまらない人には、だれも寄りつかない
面白いからリラックスできる、息がつまらないで自然でいられる。

私はK支部長と生活しながら、こうでなければいけないんだ!こうしなくてはダメなんだ、という堅苦しい考えから、少しづつですが、【まあいいか】と思えるようになってきましたよ。
そうなっていなければ、今頃私は精神的な病気になっていたかも!
道場での指導の仕方も、支部長の精神をなるべく真似ようとしてやっています。
夫婦は似ると言いますが、なかなか支部長のようにはなれませんね。

空手は嫌なこと、考えたくない事など、稽古中は忘れられる。
結構のめりこむ部分があるので、家にいる時も、いろんなところでも
空手のことを考えたりしますよ。

昇段審査は経験2年以上でないと受験資格がありません。
ですが、それは支部長がどうにでもできてしまうところもあったので、
会員登録で公正に2年以上経過していないと、としているのです。
そのように何年か前から言っているのに、違反する支部があり、
最終手段として、各昇級審査の合格日、一級の証書コピー、も必要になってきました。
でも、また違反した支部がいたんですね!今までもそうやって来たということでしょう。
だから、どうせ解らないだろうと、大人として恥じなければならない行動を
平気で行ったのでしょう。
1年11ヶ月だと言う事ですが、なぜあと3ヶ月待てない?
上層部を騙して、自分の利益になる事を平気でするような支部長は
支部長の資格はありませんね。
受験した人もまあ、仕方無しにと言うところはあるかもしれませんが、
同罪です。
県本部長が応援している保護者の前にわざわざ来て
言われたのですから、かなり深刻です。
それもかなり厳しい顔でした。
もう二度とこんな事はないんだ!あってはならないんだ!
そういってましたよ。
ちょうど大柱があって、本部長が立った反対側には訴えた感情がわかりにくかったかもしれません。そちらに、受験した本人がいましたから【一般】
どう感じたでしょう?奥さんも。 少なくとも自分がやってしまったことの深刻さをわかってもらいたいですね。
保護者の皆さんは、  え~!  どこの支部? 心の中で自分の支部でない事は信じているはず。
そんなことする支部長ではない!という信頼があるはず。

生徒が強い意志で支部長に刃向って、今回は受験せず、次に受験する事を 言えれば、良いのですが、    ん~  難しいですよね。
連盟と言う大所帯に属している支部は、その決まりに従わなければ、
支部として生き残る事はできるのか?
生徒と信頼関係を築けないのでは、生徒は不信感いっぱいで、
やめちゃうでしょうね。

長々書いてしまいまいしたが、すみません。
道場の稽古の様子、これからも書いてくださいね。
黒帯として、指導者として見て参考になりますから(笑)
とっても楽しかったです[[/色]絵文字:v-10]

とーこさん

ご訪問ありがとうございます。
読んで頂けたんですね。
全部?
v-405疲れてませんか?
楽しんでいただけたようで、とっても嬉しいです。
特に笑わせようとか思って書いているつもりはないんですが、
パソコンの向こう側にいる方の顔を思い浮かべながら書くと、
こんな感じになってしまうのですv-356

連盟にお世話になって、来年の春で5年を迎えます。
色んな事がありました。
いろんな経験をしました。
その中で疑問を感じ、矛盾を考え、
訴えられる時は訴えて来ましたが、
訴えた事によって、私自身はもとより、
自分の子供だけでなく、道場生全員が嫌な思いをさせるような事がありました。
訴えるべきではなかった。
そう後悔した事は1度や2度ではありません。
今回の事も、私が書くことで、誰かに迷惑をかけてしまうかも。。
そう思い書きかけを下書きにして何日か過ごしました。
私が書いて訴えた所で、何も変わらないでしょう。
今までだって、自分が感じてきた疑問や矛盾をぶつけても、
「改善します」
と返ってきても、2ヶ月も持たず元通り。
元通りどころか、さらにエスカレートして、
稽古中に泣かされてしまう子や、泣きながら稽古に来る子供。
稽古の途中で帰される子供が出ました。
そんな事を見続けてすごした最初の3年間でした。

移籍して一番驚いた事は、
小学校高学年だけでなく、中学、高校でも稽古を続けている生徒の多さです。
そして、私より年上の人生の先輩の生徒も多い事です。
生徒の幅広さと同じように、大学生や若い社会人の指導員の先生方の多さです。
なぜ続けられるか。
その一番はK先生が学業にしても部活にしても仕事にしても、
両立を認めてくれるからです。
稽古の数が減っても、責めない事です。
稽古の数が減って昇級がゆっくりになっても、追求しないのです。

なぜあと3ヶ月待てなかったか。
その答えがこれだと思います。
3つも4つも飛び級させる理由は、
いかに短期間で上に上がるか。
短期間で上に上がる事が一番と称賛します。
同じような年齢で同じ時期に入会した生徒がいると、
いつもいつも比較して、優れている、劣っていると比較します。
その子それぞれの性格とか素質とか無視なんですね。
同じように教えていて、出来る人間がいるのに、何故お前は出来ない。
まるでアーミーの訓練風景のようでした。
逆ですよね。
同じ時間、同じ内容を教えられても、
みんな同じように昇級していく方が、
何倍も何十倍も難しく、
高度な指導方法です。
12月の昇級審査で残念な結果になってしまった子にも、
なぜそうなってしまったか、
解りやすく説明しているK先生のお話を聞いていて思いました。

県本部長先生がお怒りになって、おっしゃった言葉を、
どう受け止めたか、私も知りたいです。
保護者にむかって発せられた言葉でも、
その場にいた子供の耳にも入っているってことですよね。
自分の恩師が、恩師となるかも知れない人が、
そう言われたってことを、子供がどう感じているか。
その中には自分の子供もいたわけですから。
いつでも、どんな時でも、
大人がしたことで傷つくのは子供なんですよ。
本当に本末転倒な事だと思います。

夫婦で、あることを成し遂げようとすると、
必ずお互いに葛藤が生まれます。
夫が先にその事を始めていたら、
夫の言う事に従うことになります。
従いながら妻には葛藤が生まれます。
私も葛藤しながら来ています。
だから、とーこさんの気もち、すごーーーく!良く解ります。
オンナは感情で動きますから。
その感情が良い方へ動けばよいのですが、
逆に動くとダメですね。
私も始めてから何度も何度も叱られました。
でもオトコとオンナで違って当たりえですから、
とーこさんはとーこさんの指導方法でお願いします。
いつか私もお手伝いできるように、
がんばりますから!!

これからも稽古の様子を書かせていただきます。
不適切なことや、そりゃ違うぞなんて事があったら、
どんどん教えて下さい。
年頃の男子が一番きらきらして話題にしたくなるんですが、
もし目にする事があって、v-412となると可哀そうかなぁ、、、
と書けずにいる事沢山あるんですよ。
だれかに読んでもらってるって励みになります!!
自分が自分の為に書いているのですが、独りよがりじゃいけませんから。



有難うございます

末ママさん!さっそくのご返答有難うございます!
読んでみて、すごく感動しました。
なぜか、涙がポロポロ・・・
もう一回読んで、もっとポロポロ・・・・
目に涙が浮かんで、よく見えない状態です。

私も、頑張らなければ・・・

モー大変

昇級審査ですか、k先生も、とーこさんも大変ですね。
私の意見を言わしてもらうと、
仕事でも学校でも習い事でもルールと言われている事は、
やはり指導者が守らないとだめなんですよね。
以前の道場で、末ママが稽古での事を、
仕事から帰ってから聞かされたけど、
今日は先生が居なくて生徒だけで練習なんだよー、とよく言ってましたね。でもよく聞くと黒帯が一人も居ないのに自主練って意味がない事ですよね。
それだったら家で練習すれば良い事で、お金払っている以上、
一人でも有段者が居ないとダラダラするだけになってしまうんですよね。
やはり、ルールが有って、尚且つ指導出来ての黒帯なんですよ。
その点では、今の道場は、飛び級も無いし、先生の指導が徹底しているし、有段者が沢山いるし、とても良い雰囲気なんですよね。
この間の忘年会のK先生とのお話の中で、
「飛び級して黒帯になって、その子に何のプラスになりますか?
かえってマイナスの事の方が沢山ある。」
と言ってました。
その言葉に納得です。やはり長く続けるには、
それなりの精神力、努力、忍耐力、体力が必要なんですよね。
自分も小中高と運動部でしたから、
ちなみに高校は、推薦で入ったから、嫌というほど精神的に鍛えられました。
うちの子供も今の道場で精神的に鍛えてもらって、
この先プラスになって欲しいと思います。

おっとびっくり、末パパさん

末パパさんが登場とは~緊張です。
忘年会でも保護者の話を聞いていると、いろんなこと考えさせられました。
一番は、私の指導の仕方を、もっと考えてやらなければな~と言う事
自分も体が続く限りは、選手で出ますし、一緒に稽古もし、指導もさせていただきますので、よろしくお願いします。

昇級審査の飛び級は、うちの道場でもありますよ。
でも基本は1級づつ昇級です。
よほどの実力があり、誰が見てもこの子は凄いっていう子にしか
与えません。
それも、1度だけ。
紫帯以下で与える事が多いかな?
実際に、そういう子は今までにいますが、数えるほどしかいません。
最近では仮級になる子の方が多くて(自分の子も含め)
将陽館では子供は10級から、大人は8級から始まります。
その違いは、理解度の違いです。
子供は、身体で覚えるものだそうで、それゆえにたくさんの練習が必要だとか。
飛び級は子供にはマイナスでしょうね。
大人は逆にプレッシャーになり、良い事も有るかも?
でもやはり、時間を掛けて着実に進む方が強い黒帯になれると思います。
黒帯取ったらやめようかな?なんていう子も居ますが、それって段審査のために練習したレベルのバッサイダイしか出来ないということ。
観空大は?エンピは?ジオンは?
新しい形を覚えながら、正確な立ち足・技が出来るように
努力し続けて、本当の黒帯になってほしいです。
 
黒帯だから何でも出来るなんて思われても困りますよね。
以前の浜松道場はまだまだ全体レベルが高くないので、組手などほとんどやりませんでした。
でも1年数ヶ月前に一般男子(二十代)二人が入ってきてから
少しづつ自由組手を稽古中にやってくれるようになって来たんですよ!
ですので3年前に取った私は自由組手は全く出来ない黒帯でした。

去年の西部地区大会ではまだ自由組手習いたての黒帯締めたおばさんが
試合に出て黄色帯の一回り下の年齢の方と試合して負けました。
レベルとしては同じでしょうか?
まあ負けたことは悔しいです。だから次につながるのです。
でも、その方の配偶者さんがものすごい大きい声で
「すごいじゃーん!黒帯に勝ったじゃんー!!」
・・・・・・・・・
その声が凄い響きました。痛かったですね~

今年も一般女子で自由組手 出ました。
相手は去年負けた人です
負けるわけには行かない・・・・黒帯だから!!!
かなりプレッシャーでいて  やりたくなかった
やだな~なんて 隣にいる末ママさんにこぼしました。
どうにか今回は勝たせてもらいましたが、物凄くクセのある方で
やりにくくて、勉強になりました。
しかし負けた時の気持ちのほうが、よし!もっと頑張らなければ!
って思いました。
終わってから審判の先生に
「もっと楽に勝てるかと思ったよ」
・・・・・・・
この言葉は重かった。
「楽に勝てる分けないじゃないですか」
そう言わせてもらいました。
反省・反省しかないですね。

いかに自分が怪我をせず、楽に勝てるかが黒帯 だと聞いた事も
それには今よりもたくさんの稽古量を必要としますね。

あっ! また長くなってしまいました!
わたしも書く事は好きなので、ごめんなさい。
いつまでもエンドレスじゃ困りますもんね~
 では、この辺で。 

どんどん書いて下さい!!

とーこさんの最初のコメントで私が先に泣きました。
私が初めて出た大会で初めてとーこさんと会って、
もう何年も経つのに、
なかなかゆっくりじっくり話せないでいましたもんね。
前の道場で、
「もう茶帯になっていますよ。」
「初段取られましたよ。」
と、とーこさんの進み具合と私を比較され、
同じ環境での先輩だから、色々教えてもらいたいと思っていても、
そんな風に言われると劣等感が先になって、
話し難いなぁ。
と思ってました。
でも、移籍するならとーこさんのいる道場しかない!
と決めていたんです。

去年の自由組手の試合は私も物凄く考えこんじゃいました。
私は初戦があの方でした。
身長と若さに負けた
なんて布団の中で悔し泣きしましたよ~~~
でも、K先生にも言われましたが、身長差があるから試合しにくいってことを聞いて、
でもって、今はお休みしているプレママさんに稽古の相手をしてもらって、
身長の低さを使う技を教えてもらって、
考え方が変わりました。
確かに小柄な選手は沢山いるけど、
別世界の人がする事だって思い込んでいましたから。

大会で応援される側になると、
色んな声が耳に入ります。
黒帯に勝った
って言葉の中に、
試合の内容はどうなんでしょうか。
と聞きたくなります。
今年の西部大会の型の試合中、
型をうっている最中に、
「ママがんばって~~」
と小さな子どもの声がしましたが、
あれは制止させるべきじゃないかなぁ。。。
と思いました。
一昨年、静岡で行われた東海北信越大会で、
コート係のお手伝いをしました。
私が担当したコートは進みが遅く、
昼食時間まで押して型の試合が行われました。
小学6年女子の型の試合、
始まるまでは、
「○●ちゃん、がんばれ!!」
と声が飛んでいましたが、
型をうっている時は、会場中、ものすごく静粛でした。
選手権のTV放送でもそうでしたよね。
そんな細かい事が気になってしまいましたv-391

>いかに自分が怪我をせず、楽に勝てるかが黒帯

重い言葉ですね。
これからも沢山教えて下さい。
だからもっともっとお話ししたいですね。

明日は納会。
稽古がお休みの間に、なまってしまわないように、
親子共々自主練します!
押忍v-220
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索