FC2ブログ

見学

月に一度の上級者稽古。
いつもの稽古とは全く違う稽古内容です。
この稽古日がせっていされてから、
毎月この日が楽しみでなりませんでした。
部活で忙しい娘にも、
「今日は上級者稽古の日だから、早く帰って来てよ。」
と朝見送る時に必ず声をかけています。
それなのに、それなのに。
今日は見学です。
見学することも勉強になります。
娘と息子の弱点や欠点をじっくり研究することが出来ます。
だから見学だって大切なんだ。
稽古開始から15分を過ぎて道場に到着。
いつも見学されてるOコウキのおばあちゃんが、
空手衣ではない私をみてびっくりされてました。
これこれこうで・・・
とおばあちゃんに手短に小声で説明をしました。
蒸し暑い道場を予想していたのですが、
空調を効かせてくれていたので、見学者の私は少し肌寒いくらいでした。
汗だくのみんなの顔を見ながら、
きつい稽古をがんばってるなぁ。
すごいなぁ。
なんて。。。

私もこの中に入っていた時は、
見学のお母さんたちに、
厳しい稽古を頑張っててすごいですね。
なんて言われたこともあったっけ。

支部長先生の細かい指導を聞いていて、
この中に入れないジレンマで悲しくなりました。
先週の稽古の時、ある決意を支部長先生に伝えたばかりです。
抜塞大や順路五段を教わり、
黒帯さんに混ぜてもらって、
観空大や慈恩、燕飛、十手、鉄騎二段を教わって、
岩鶴を教わった時、
もう充分かも。
ここまでこれて、もうこれ以上望むことはないかも。
なんて、120%自己満足したときがありました。
この5年の間に2回も追突事故に遭って、
色んな意味でノリノリだった時に、自分の体が思うように行かなくなって、
時間ばかりが過ぎていた時期があって、
そんな時期を過ごしてきたから、
憧れだった型を教わることが出来ただけで、
もう充分!!
なんて思ったんです。
自分の意志で動かせるけど、動かすたびに声も出ないくらい痛くて、
もう充分
って思ってたけど、本当はそうじゃなくて、
やっぱり、悔しい。
「へぇ~休むんだ。いいね、休めて。」
なんて減らず口を叩く息子に、
「あんたの体と交換してよ!私は稽古したくて仕方ないんだから!」
と大人げなく言い放ってしまうし。
娘より息子より、誰より張り切って道場に向かっている私に、
息子は何処で覚えてきたのか分からないけど、
大人が言うようなイヤミを言ったことがあったっけ。
「じゃぁオレのからだ、かあちゃんにあげるよ。」
私の言葉の強さの10分の1くらい小さい声で反論された。
そんなことできるわけないのは、分かっているのに。

休憩時間、支部長先生に状況をお話ししました。
説明しながらなんだか切なくなってきて、悔しくなってきてしまいました。

先生の型の指導に、その場で出来ないもどかしさを、
脳みそをフル回転して記憶させて、
体が動くようになったら実践しよう。
今はそれしかありません。

帰り際、一般のSさんに、
「あせらない
と声をかけていただきました。
とーこさんにも、励ましてもらいました。
子供達は私の異様な雰囲気を察してくれたのか、
いつもならしつこいぐらいに、
「何で稽古しないの?」
「なんで普通の服なの?」
なんて聞いてくるのに、今日は何も聞いてきませんでした。

安静第一
重いものは持たない

これに徹してしばらく過ごしたいと思います。

コメント

Secret

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索