FC2ブログ

落ち込みから浮上!?

昇段審査が終わった2週間後に、流派を超えた市の大会がありました。
試合規定は全空連にのっとっているので、
組手にはメンホー、着用義務と赤青拳サポーター着用(白色拳サポーターでも許されます)があります。
連盟の試合とは違うルールに、子供達も戸惑い気味。
確かにオバサンの衰えた動体視力で、白の道着で白サポーターの試合で、
審判の上がった旗を見て、やっと技が決まったかどうか解るくらいですから、
対戦者が同士が拳サポの色が違えば、解りやすいですよね。
でも、息子の組手の試合を見ていて、



と思うことがありました。
後で知ったのですが、この大会の審判員は、
大会前に行なわれる審判講習会を2回受講すれば資格が得られるそうです。
ほんじゃ、私でも審判員の資格が取れるの?
イエイエ、そんな責任ある役割はとても受けられません。
だから

となったとは、思っちゃいけないよ。
とこの大会に出場していた大学生のkyosuke君に言われました。
そうですね。空手に係わらずどんな試合でも、審判員の判定をきちんと受け止めなければいけませんよね。
ただ、もしも、
審判員の人数が足りず、にわかに審判員をされた方がいらっしゃったとしたら、
勝敗を決めるその責任を果たしていただけるよう願うだけです。


型は学年、年齢によって、第一指定形、第二指定形、と決められた中で、
各自が自分で決めてうつというのです!!
私の通っている道場では、この大会に参加するのが2年目でした。
私は去年の大会は義父の葬儀から1ヶ月以上お休みをしていたので、参加は見合わせました。
今年の参加は試合規定をうっすら聞いていたので、躊躇していましたが、
支部長先生から、
「何事も経験だよ
と言われて参加することに決めました。

昇段審査前の稽古は、やっぱり審査に向けての稽古でした。
ですが、私の頭の片隅には、覚えなきゃ!指定形、覚えなきゃ!
ってありました。
審査が終わったあと、とにかく順番だけでも覚えなきゃ!
と総本部で作られた審査要綱のDVDを繰り返し見て覚える努力をしました。
確か春ごろの上級者稽古のとき、指定型を教わりましたが、とても動きについていけませんでした。
「初段を受ける人は、審査要綱になくても、指定型を覚えておきましょう。」
って支部長先生に言われたんですね。
それも引っかかっていました。
落ちて落ち込んで立ち直ろうともがいたときだったから、
浮上する為に没頭するものが欲しかったんです。
とにかく市の大会直前までに、無号令でうてるまで、なんとか順番だけは覚えることができました。
試合結果は予選で平安五段をうって、、、、、
自分なりに準備してきた指定型をうつことはなかったのです。

こんなことなら、挑戦すればよかった!!!

落ち込み



まぁ、他にもいろいろあって、落ち込んでいたんですが、
半年前は全くついていけなかった型を、覚えることが出来たんだから、
いいじゃん!

とやっと思えるようになった、今日この頃です。


コメント

Secret

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索