FC2ブログ

刺激される

最近入られた一般のTパパ。
入ってから一般の方と稽古したことが極めて少ないすえさんにとって、
Tパパの明るさはまぶしくて仕方なかった。

柔軟体操で「いって~~~アハッハ~痛い~~~」と明るく苦しむTパパ
型で気合いの箇所を間違えて「あっ、まちがえた(・・;)」と口に出して言うTパパ
組手の稽古中、師範から技を出され「くっそーーー!」と悔しがるTパパ
休憩時間に子供達に型の指南を申し出るTパパ

苦しそうな顔をして稽古をするな!
辛そうな表情を出すな!
楽しんで稽古をしろ!

以前師範に厳しく言われたことがあるすえさん。
顔に出る
のは私の長所でもあり短所でもある。
楽しい時は満面の笑みだけど、
気に入らないことがあると、顔に全面に出している。
と、仕事中に旦那に指摘され、接客業として失格だと責められた時もある。

そんな私だから師範の言うことはそのまんまだと思う。
でも、
肉体的に辛いんだもん。
型や移動基本を覚えなきゃ!!眉間のしわは深くなるばかり・・・
それを隠して稽古する必要があるのか?
と考えていたけど、
Tパパを見て、
隠すんじゃなくて、楽しみに変えなきゃいけないんだと気がついた。
楽しむと辛い稽古が身になる気がする。

「だれか後屈立ちなのに前屈立ちになってる大人が一人いますね~~」
平安5段の終盤で師範が皮肉たっぷりに指摘した。
え?
その時、大人は私一人。
当然私のこと。
(ひ~~~~っ間違えた!!!)
「押忍!!!」
いつもの稽古の3倍くらいの大きな声で返事した。
「押忍(はい!間違えたのは私です!治します!)
!!!」

って意味の押忍だけど、
押忍!
って叫びながら笑いをこらえていた私。

違う日の稽古で、後屈立ちが前にいる黄帯の子と変わらないくらい下手だと指摘された時も、
「押忍!!!」
と返事したあと、
「くっそー!!!くやしーーーぃ!!ヒヒヒヒッ!」
と不気味に笑いながら叫んでいた。

今までの私にはありえない。
眉間にしわよせて、
間違えないように・・・怒られないように・・・
って神経張り詰めてしていた稽古とは大違い。
わははは!
ヒヒヒヒっ!
うへへへ!
そう笑い声を立てても、師範は諭すように怒るけど、
本気の本気で叱ることはない。
笑うとナチュラルキラー細胞っていうのが出て、体にいいんだって。
笑えるほど稽古に余裕が出てきたってこともある。
注意されて笑いが出たところは、すごく鮮明に覚えていて、
今のところ二度と注意されないぞ!
って脳みそに記憶されてる気がする。
Tパパの明るさに影響されて、さらに進歩しようと頑張れる自分になっている。


コメント

Secret

楽しく稽古できるっていい事ですよね^^
1人そういう人がいると、ムードメーカーになって雰囲気が良くなりますよね。
すでにすえさんに良い影響がでてますもん^^

うちの一般部の稽古って、けっこうしんどいんですよ。
翌日に筋肉痛確定のトレーニングとかね。
途中つらそうな顔をしていると、M先生がとてもうれしそうにニヤニヤしながらこちらを見ています。
なんだかそれが悔しくて「これくらい平気さ~」みたいな振りをしてしまうんですよね^^
負けず嫌いの私の習性を見抜かれているなって思うんですよ。
先生の方が一枚上手です。

Re: タイトルなし

かえる母さん
良い影響は私だけじゃなく、師範も彼のお陰で柔らかくなったようなきがしますv-398
私は一般だけの稽古って経験が無いんですが、
「子供の稽古だから、このくらいでやめておきますが・・・」
って師範がよく言うんですよね。
直突き20本でへばる私。
足の振り上げ10本でふらつく私。
一度かえる母さんの稽古を見学してみたいです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索