FC2ブログ

音楽会

夏休みが終わると、秋のイベントの準備です。
子供が通う小学校の大先輩に、
童謡 森の水車
の作曲をされた方がいらっしゃいます。
それだからかわかりませんが、小学校では珍しく、
学級や学年ごとの合唱&合奏音楽会が開かれます。
息子が1年生のとき、やっと小学校生活になれた2学期に、
とてつもなく扱いづらくなったときがありました。
教室の中で落ち着きがなく、何度も担任の先生から連絡をもらいました。
2年になってからも、夏休み明けは落ち着きのない日が続きました。
学校帰りの息子から、音楽会へ向けての練習ばかりでつまらない。
と言う言葉が何度も出ました。
あいにく音楽会当日、息子は風邪を引き熱を出して欠席してしまいました。
その次の日から、息子は以前の落ち着きを取り戻しました。


そして今年、2学期が始まり音楽会の練習が始まった頃から、
また、落ち着きがなくなりました。

そうか、3年かかってやっとわかりました。
上手にやろう
失敗しないようにしよう
そう意気込んでしまって、イライラしちゃうみたいです。

大太鼓に立候補した!

合奏の練習が始まったと教えてくれた後、張り切って息子が言いました。

大太鼓って、アナタ!わかってるの!?
そりゃ無理でしょ!
アンタには無理!
学年全体で行なう合奏で、たった一人で演奏する楽器の主役みたいなもんじゃない。

危うく口から出そうになった言葉を、ぐっと飲み込んで、
「そ、そうなんだ。じゃぁ、去年みたいに休めないよね。」
引きつりながら、そう答えておきました。
指揮をする先生より、伴奏をするピアノの子より、
リズムを決める大太鼓がどれだけ重要か、
音楽素人の私にだってわかります。
しばらく経った日、
「おーでしょんに、落ちた。」
肩を落として息子がポツリと言いました。
やっぱり。。。
無理だったんだね。
お調子者の息子が、同じリズムで叩き続けることは無理でしょう。
「むずかしかった。」
落ちたことをぐずぐず言うかと思ったら、現実をきちんと受け止めていたようです。

土曜日、仕事の時間の折り合いをつけて小学校の体育館に向かいました。
「真ん中にいるから、絶対見に来てよ!」
息子に何度も念を押されました。

合唱が終わって、みんなそれぞれの楽器を手に、立ち位置を移動しました。
息子の動きを見ていると、
大太鼓の隣に立っている。
???
息子が手にした楽器は、見たことがないものでした。
娘の部活でパーカッションのパートの子にも見覚えのないもの。
演奏曲目はルパン3世。
前奏部分の、
ルパンルパ~~ン カ~~~~~ッ
その、カ~~~~ッって音を出すビブラスラップという打楽器でした。

こここっ、これを息子が?
これもタイミングがあわなきゃ、ズッコケものになってしまう
息子は緊張した顔でもなく、困った顔でもなく、至って平然と、
カ~~~~~ッ
とタイミングよく最後まで演奏しきりました。
ヨカッタヨォ

音楽会前々日、お友達と大喧嘩したのも、
何度も何度もダメ出しをされ、練習疲れだったのでしょう。

「あんな目立つ楽器、自分でやりたいって言ったの?」
息子にそう聞くと、
「違うよ、先生がやれって。
大太鼓に落ちた後、先生がやれって言ったんだよ。」

そうなのか。
誰よりも目立つ大太鼓のオーデションに落ちて、
気落ちしてた息子に、先生が気を使ってくれたのかな?
そう思う母でした。

コメント

Secret

すごいぞー

ビブラスラップ、おそろしく目立つ楽器だから、多分先生は意気込みを買ってくれたんだよ!すごいね!
I小の光のシンフォニー、うちの生徒のRionちゃんも毎年楽しみにしていて、この時期いつもレッスンの時生き生きと話してくれますよー♪きっといい音楽会なんだろうね!

Re: すごいぞー

yumi先生
>おそろしく目立つ楽器
ですよね~~~終わるまでハラハラして、息子ばかり見ていたから、
演奏そのものがどうだったか、悲しいことに全く覚えていませんv-406
担任の先生方がそっせんして、仮装したり演奏したり、
息子の曲のときは、大太鼓小太鼓を2人の若い男性先生が、途中から子供と入れ替わって、
すばらしいパーカションを披露されました。
先生も子供も一緒になって、一生懸命練習してこの日を迎えるんだなぁ。
と毎年感激してます。
だからRionちゃんもそのことをyumi先生に伝えたいんでしょうね。
息子もだんだん学校の様子を話さなくなってきました。
男の子の成長の証なんでしょうか。ちょっとサミシイです。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索