稽古始

道場の稽古始は先週の土曜日でしたが、
私達親子が今年初めて出席したのは昨日でした。
2週間以上の年末年始の休み中、自主トレしなきゃ!
と思っていましたが、気持ちだけで、なーんにもせずにいました。
せめてストレッチは毎日・・・
とこれも気持ちだけちょびっと。
年末に気になっていた右足ふくらはぎの痛みは全くなくなり、
これで思う存分体を動かせる。
お休みも老体の休息期間じゃ。なんて納得させたりしてました。

今年初めての稽古だから、遅刻は絶対したくない。
そう思い、帰宅後あわただしく支度をしていると、
私の気持ちをまったく無視している息子。
のんきに昨日録画した衝撃映像なんぞを見だした。
「アンタ今のうちに宿題やりなさい!」
そう追い立てると息子の機嫌はまっさかさま。
嫌々書き取りを終わらせ、昨夜作り置いたカレーをわざとゆっくり食べだした。
娘、怒り心頭。
私の台詞を先回りして息子に言い、姉弟喧嘩勃発。
はぁ。
もっと穏やかに時間をすごしたい。。。
なんとか6時35分に家を出て、比較的空いていた道中に助けられ、
時間ちょうどに武道場につきました。
はぁ、良かった。
体を温めるためのジョギングが始まってしまいましたが、
私と娘は支部長先生に呼ばれ、黒帯を手渡されました!!
実は道場のブログで私達の黒帯が届いていたことを知り、
稽古の時間に余裕を持って道場へ行き、
まっさらの新品の帯の写真を撮りたかったのです~~
が、息子のせいで!ギリギリ。。。
ジョギングが終わり準備体操が始まってしまったので、
さすがに写真はあきらめました。
っていうか、とーこ先生が写してくれていたのを解っていたので、
真新しい帯を急いで締めて準備体操の列に入ったのです。
「いいなぁ、いいなぁ、うれしいよなぁ
私達が帯を締めている間、支部長先生がニコニコしながら見ていてくれました。
嬉しいのは嬉しいです。
もちろん嬉しいです。
でも、恥ずかしいのもあります。
照れくさい感じです。

新しい帯はぴんぴんなので、結び目がすぐにほどけてしまいます。
動いている間、気なって何度も手で触って締め直したりしました。
帯を締めなおすってことは、気を引きしめ直すってことですよね。
休んだでなまった体に言い聞かせつつ、
自分の動きを確認しました。
隣に並んだ娘も帯が気になるようで、なんどか締め直していました。
一般の方々に新年のあいさつをしていなかったので、
休憩時間にあいさつしに行かなきゃ。
と思っていましたが、足がもつれて息が上がって、
それどころじゃなかったです。。
コメント下さったMさんにもお礼言わなきゃいけなかったのに、
あっという間に休憩時間が終わり、
帯の色ごとに分かれての稽古になりました。
白帯さんはとーこ先生、
緑、紫は9月に初段になったイケメン君。
茶、黒は支部長先生。
初段審査項目の移動基本から始まりましたが、やっぱり体がおもーーい。
動き自体は体が覚えていてくれたから、反射的に出来ましたが、
騎馬立ちから前屈立ちへの動きなどの体重移動がよれよれです。
そして初めて二段の審査項目を習いました。
いつも見ていただけの足払いやその場で同じ足の、
前蹴り、横蹴り、回し蹴り、後ろ蹴り。
二段への道は遥か遠く、霧にかすんだその奥だ
それでも先生の言われた通り、膝を下さず、頭の位置を変えずと努力してみました。
組手の稽古も続きました。
後半はみんなで揃って型の稽古。
一挙動毎に、股関節や肩腰が、イテテ、イテテ、イテテ。
ついつい声に出てしまいそうでした。
どんなに痛くても、力を抜くのは締めている帯に恥かしいです。
運動不足からきている痛さだって解ってるから、なおさら力は抜けません。
そんな風に母は頑張ってるのに、
あほたれ息子は先生に注意されっぱなしだし
休憩の時、息子に聞きました。
注意されている理由が解っているか?
恥かしくはないのか?
答えは両方とも、
YES
な!の!に!
返事の声も小さけりゃ、号令に遅れるわ、全くもって怒り心頭!
いかんいかん。
感情的になっては息子の思う壺だ。

と言う事で、
私の今年の目標は道場訓にある、

血気の勇を戒むること

にしたいと思います。
守れるかどうか非常に不安です。

帰り際、とあるお母さんに、
「黒帯だと風格出ますね
と声をかけられましたありがとうございます。
帯の色に恥じないよう、稽古を続けさせていただきます。

コメント

Secret

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索