FC2ブログ

最近の稽古

風邪なのか鼻炎なのか、鼻水が出て喉がいがらっぽい。
熱はないみたいだけど、背中がぞくぞくしてなんだかだるい。
稽古、休みたい。

学童保育へ息子を迎えに行くと、
「今日、空手行く?」
と開口一番に言われる。
「行くに決まってるじゃん。」
1級に進級できた息子の昇段を誰よりも心待ちにしているのが旦那で、
その期待にこたえるべく、母はがんばればならないのです。
少し、休みたい。
そう思いつつも、たとえ初段に合格してもまだまだ精進が足りないことは実感しています。
締めている帯の色に恥じないよう、稽古は休んではいけない。
そう思っても、
ちょっとだけ、ヤスミタイ。。。
膝の調子が良くなく力が入らないのも加わって、なまけ虫が寄ってきました。

息子が行きたくないと言えば、休んでしまったかもしれません。
渋々と支度をするけど、前ほどどうしようもなく手に負えないほどでもなく、
支度をする息子。
そんな息子に引きずられ着替えをする私。
そんな風に稽古に行った日でも、道場についてしまえば全力でがんばろう!
と心を入れ替えた気持ちになれます。
なんだかなぁ。。。

息子はもう後がないところまできています。
S道場で出席の生徒がMさんM君、私達親子の4人って贅沢な時がありました。
息子をセンターに立たせ、支部長先生からの指導を一人で受けちゃうような、
贅沢な稽古でした。
今まで私が気がついたことは、そのつど指摘して直させようとしてきましたが、
母息子の甘えた関係で、
「ふん!母さんだってちゃんと出来てないじゃん!」
と何度も言い返されいました。
その部分を先生に注意され、即座に直しています。
そ・く・ざ・に!
後がないって意味を先生に言われ、本人も改心したんでしょうか。
直したことを褒められて、さらに上昇気分の息子。
そんな息子を見ていると、私は私自身に集中できます。
調子の良くない膝を庇って恐る恐る動いていましたが、
アレ?痛くない。
っていつの間にか治っていた様で、それこそ力いっぱい頑張れました。
でも調子に乗ってまた痛くなってしまったんですが。。。。。
「スエムラさん、ここがちょっと・・・」
と先生に順路四段を注意されました。
幼年さんや低学年の子が注意されるような超基本的なことが出来てないって。。
(えーっ私注意してますよ~~~)
と心の中で反抗してましたが、
(ズン、凹みました)
「発見があるっていいよね~



前回のj高校の武道場の稽古では、来ていた生徒を3人づつ3グループに分けて、
黒帯が団体型の指導を短時間でするってのをしました。
3つグループメンバーには白帯色帯バランスよく分かれてて、
M君と私とKコウキはメンバーの中に入って、
15分くらいで平安二段を完成させるわけです。
「細かいところを言うときりないから、全体を合わせる様にね。で、時間になったら一組づつ発表!」
と黒帯3人にとーこ先生に指示されました
どど、どうするの?
私のグループは白帯のユウトと緑帯のMさんと茶帯のタイヨウでした。
どどど、どうしよう!!
いつも受けている指導を思い出しながら、どうしたら3人をまとめられるか?
脳みそをフル回転させました。
とりあえず無号令で一度うってもらって3人の様子を見ることにしました。
一番小さなユウトにあわせるのが一番よさそうだと見極めて、
タイヨウとMさんにお願いして号令をかけたり、無号令にしたりと時間いっぱい練習しました。
なんか、センセイになった気分
始めばらばらだった3人が、どんどんまとまって、発表の時間になりました。
キンチョーするよー
って言うタイヨウに大丈夫だよ!練習だと思ってやって!
と声をかけて、3グループの発表を見ました。
欲目じゃなくても、まとまり感では一番出来てたと思います。




よく続くね。
常連さんに言われました。
はい、この春で6年目です。
山や壁をなんども何度も感じてます。
高い山が越えられなくて、厚い壁にぶちあたって、
苦しい思いも辛い思いも沢山しました。
でも、そのぶん楽しいこと嬉しいことも、たーーーくさんあって、
その日その時にキラッと光る発見があるんです!!
まだまだまだまだ知らないこともあるし、覚えなきゃいけないことがあるし、
終わりなんてまったく見えないし、
基本や基礎を重視されすぎちゃうと変化が欲しくなるけど、
先生方もその辺をきっと解ってらして、スパイスのように毎回の稽古に振りかけてくれるんですね。
感謝します。

コメント

Secret

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索