FC2ブログ

今日の稽古

膝の痛みを抱えつつ、
出来ることだけ稽古しよう。
と空手着に着替えて娘と息子と稽古に行きました。
「先生、また膝いたくなっちゃいました~
今度は右です~
なんておどけて支部長先生に報告しましたが、内心穏やかじゃないんです。
今週末日曜日3支部合同の大会があります。
だから穏やかじゃないんです。
「蹴りとかしないようにね
「はい。」
そう返事して恐る恐る準備体操をしました。
体調が万全だったのは先週1週間だけじゃん。自己嫌悪。
基本動作の蹴りをなんとなくしていたら、
支部長先生が私の前に立って、
「蹴りはしないように。」
と今までにない厳しい表情でおっしゃいました。
今までも首が痛い~肩が痛い~と事あるごとに申し出て、
「無理しなくていいから
と稽古中にそばで小さい声で言ってもらってきました。
こんな風に厳しい口調は初めてでした。
はい、すみません。
つい、動かせる限界まで、動かしてみたかったんです。
痛くても・・・
そんな風に無理しても、良くなるどころか酷くなる一方です。
反省します。
昇級審査直前の稽古なので、生徒の数も多いです。
いい大人だから自己管理しっかりしなきゃいけませんね。
移動基本は手わざだけ。蹴りは見学してました。
それを見つけたダイキに休憩時間に、どうしてやらないの?と聞かれました。

型も力が入らず。。
でも考えながら打ちました。

自由組手の稽古は見学しました。
その間、とーこさんが幼年さんの平安三段を教えることになりました。
先週の金曜日の稽古で私は6、5、4級を受験する生徒を任されました。
その中に幼年さんもいたのですが、順番を覚えたから大丈夫と言うその子に、
私はどうやって指導したらいいか本当に考えさせられました。
とーこさんは手取り足取り、ここはこう、この手はこう、足の位置はここ。
と細かく指導していました。
いつも稽古中にちらっとしか見ていなかったので、要領がつかめなかったのですが、
こんな風にして”正しい”技を教えるのがいいんだなと勉強になりました。




45歳も過ぎて、色んな所にガタが出てきて、それと付き合いながら、続ける。
先輩方もきっとそうして過ごした道なんでしょうね。

コメント

Secret

お大事に

 末ママさん、こんばんは。

 「痛み」は身体からの「危険信号」ですから、どうぞ無理しないでくださいね。
 だましだまし動いているのも悪くないかも知れませんが、できれば完治とは言わないまでも、痛みが引く状態までは無理せずに。

空手親バカさん

ご心配ありがとうございます。
無理しないようにしています。
左も自然に治ってしまったので、今回も自然に任せていますが、
次に同じ症状がでたら病院に行ってきます。
本当にありがとうございますv-436
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索