FC2ブログ

昇級審査

3ヶ月に一度の昇級審査です。
息子が1級になった時から、審査日に出席することはなくなりました。
ですが前回の審査の時、待っている生徒の私語が注意しても絶えなかった話と、
今回始めて受験する生徒が多いことを聞いて、
おせっかいおばさんは息子と共に出席することに決めました。
保護者さんの見守るなか、審査が始まりましたが、
なれている色帯さんたちには緊張感はあったようですが、
ついついおしゃべりが始まってしまい、
何度か茶帯のお兄さん達に注意されてました。
私も子供たちの中に入って、ざわつく感じを抑えてましたが、
残念ながら保護者の方のおしゃべりも気になってしまい。。
3つの道場でそれぞれに通っていると、保護者どうしの面識も少ないので、
こんなふうに集まる場で情報交換となるのでしょうが、
子供が真剣に集中している場でとっても悲しくなりました。
私がそれを注意すべきかどうか悩みましたが、
大人ですから自ら気づくまで、仕方ないのかと黙っていました。
ですが、終盤であまりにも気になったので、
「にぎやかになりましたね。」
とチクリと言ってしまいました。ごめんなさい。
もし仮に自分が審査をされていて、
審査される時だけじゃなくて、
真剣に稽古している道場で、
自分のお父さんやお母さんがおしゃべりをしていたら、
「真面目に稽古しなさい。」
と言われても、素直に聞けない気がします。
っていうか、稽古中にヒソヒソ声が聞こえて、気になって仕方がないときが、
今までなんどもあったので、私自身がそう思うのですね。
自分で気がついて、気をつけていただけるようになったら、いいのにね~

稽古で注意されたことを確実に直している子。
苦手だった型を全部覚えられて誇らしい表情だった子。
待っている時間に真剣に練習している子。
子供は確実に成長しますね。。

コメント

Secret

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索