FC2ブログ

最近の稽古で感じること

来月に我が道場、将陽館の大会があります。
この大会には経験の浅い生徒も出場できます。
小さな白帯さんにとって、初めての大会となるでしょう。
試合のコートに入る入りかたから、お辞儀の仕方とか、
それを踏まえた試合形式の稽古がありました。
白帯さんにわかりやすく、どうしたら試合に勝てるか。
支部長先生が指導されます。
こんなこともありました。
茶帯の4年生のタイヨウと息子2人に試合をさせました。
その試合の前に支部長先生が耳打ちしたんですね。
始め
の号令で2人が平安初段を打ったんですが、
おや?
と思う箇所があって、
「この二人、どっちが勝ったでしょう?」
って支部長先生が、まるでクイズみたいに道場生全員に答えを聞くのです。
ザワザワしたあと手を上げさせ、どこで勝ち負けが分かれたか生徒に聞きました。
「2箇所ある気合いをひとつ忘れてる!!」
「正解!」
タイヨウと息子にあらかじめ耳打ちして、一方によくない見本をさせたのです。

ある日は横に並んだ4人を一度に型を打たせ、
「順番をつける」
なんて。。
この日は集中できない子が多くて、力を抜いて型を打っていた生徒に、
支部長先生がそう指示されました。
見ているこちらも4人を真剣に見なきゃいけないか緊張しました。
号令と共に打ち始めた生徒は、4位になりたくないと思ったんでしょうね。
それまでとはまったく違った動きをしました。
「稽古のときに試合だと思って打つように!」
厳しい支部長先生の言葉でしたが、
「4人とも1位」
と粋な判定をされました。
もし私がこの4人に順位を、と聞かれたら、
一番元気があって声が大きい白帯さんを1位と答えようと思ってました。
順位をつけることが問題じゃなくて、
本人自身でやる気を出させるとか、集中させるとかが重要だったのですね。
ガミガミ頭ごなしに”させる”ようにするほうが簡単だ~~


それから、大人には何回かの試合形式の稽古で、
審判というか、判定をして、どこが良くてどこがだめだったのか、
よいところ、直さなきゃいけないところを見極める”目”を要求されました。
前月の茶帯稽古では赤白の旗を渡され、組手の副審も経験しました。
これは本当に難しい。
視力が落ちてただの視力じゃなくて、攻防戦を見極める動体視力がなくなってきてるから、
これは鍛えるしかないでしょう。
って、鍛えられるのか?
指導のお手伝いだけじゃなくて、ただのオバサンとして生きていくなかで、
こんなことまで経験できるなんて、夢にも思わなかった末ママです。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【最近の稽古で感じるこ】

来月に我が道場、将陽館の大会があります。この大会には経験の浅い生徒も出場できます。小さな白帯さんに

まとめ【最近の稽古で感じるこ】

来月に我が道場、将陽館の大会があります。この大会には経験の浅い生徒も出場できます。小さな白帯さんに

コメント

Secret

No title

動体視力!
私はこの力が無く、組手の審判は本当にできませんでした。
それにとっさに笛吹いて、紅白のどちらかの旗をあげるのも苦手でしたよ。
先生方は、経験を積むしかないと仰ってましたね。

まだまだ未熟な自分が、人の演武を判定するのも責任が重く、だから審判はやりたくなかったんですよね。

蛙母さん

そうそう、笛を吹くんですよねv-356
とっさに判断して笛吹いて旗揚げて、ですよね。
経験で可能になるのか不安です。
支部長先生は
「主審がいるから、主審からの死角を注意して見てて。」
とおしゃいましたが、大変で重要な役目で、とても私じゃ勤まりそうにありません。
市の大会では審判員が足りないらしく、一日講習を受けるとその大会の審判ができるそうなのですが、
流派も違うし自分の知らない型も判定することになるんですよね。
それで大会が運営されるのに疑問を感じてます。

> まだまだ未熟な自分が、人の演武を判定するのも責任が重く、だから審判はやりたくなかったんですよね。

同感です。

No title

ふたたびすいません。
私は全空連の資格は持っていませんが、それを持っているうちの先生方も、実は他流派の形はよくわからないそうです。
細かい解釈がわからないので、結局は自分の好みの動きをするかどうかで青か赤かどちらかに決めると仰っていましたね。
私も、それでいいの??と思いましたよ。
組手も松濤館流とは旗のあげ方が違うので、混乱しますね。

蛙母さん

全空連のルールは悩みます。
予選、準決勝、決勝で、打つ型のカテゴリーを変えられると、
一年に一度の大会だと、何度教えてもらっても???です。
長い経験を積んだ先生型は他流派の形も目にする機会が多くて、目が肥えてらっしゃるのですね。
好みで(言葉的には確かにびっくりデスよね)
って表現でも基礎とか地盤みたいなものを踏まえておっしゃるのだと思います。
だからこそ、”好み”って言葉がさらっと出てくるのではないのでしょうか。
↑の一件は経験の浅い段位をもたない方でも、
一日の受講で審判員を務められる方がいらっしゃるって不安です。
出場選手の人数と大会運営関係者人数のアンバランスでそうなるのだと思います。
でしたら、そこをどうにかしてもらわないと、

「ちゃんとやったのに旗が揚がらなかった。」

って子供から声が出てくるのです。
先のオリンピックでも試合後に判定が覆ったりして、
生身の人間の判断ですから仕方ないと理解させなきゃならないのかな~
と考えてしまうのです。。。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索