FC2ブログ

昇段審査当日

雨~~~
雨だ~~
車の運転は慎重にしなきゃいけないから、時間に余裕をもって出発だ。
前日から喉が痛い、咳が出ると訴える娘を残し、
旦那手作りのお弁当を持ち、もう慣れちゃった新東名を東に走りました。
いつ通っても流れが良い。
流れが良くて予想以上に早く着いてしまった。
武道場は電気もついてなくて、誰もいなくてがらーんとしてました。
あれ?
早いっていっても、誰かいそうな時間です。
「日にち間違えたんじゃないの?」
うーん、そんなはずはないんだけどなぁ。
そうこうしているうちに、いつもの様子になってきました。
今日は受験しない、講習会だけの子供達の元気の良い声が、道場に響いてます。
「タイヨウまだかなぁ。ユウトまだかなぁ。。。」
周りがにぎやかになればなるほど、息子は小さくなって、
「準備体操しよう!」
と声をかけてもグズグズするばかり。
館長先生を見つけて挨拶をして、支部長先生を見つけ挨拶をして、
「まだ来ない~まだ来ない~」
と情けない声を出す息子。
支部長先生に言われ、焼津支部の皆さんの準備体操の輪に入れて頂き、体操をしていると、
タイヨウが登場。
そうしているうちにユウトも登場。
息子の表情がいつも通りになって、3人子犬のようにじゃれあう。
が、しかし、!
当日なんだよ!当日!!!
館長先生の奥様(=タイヨウのおばあちゃん)が、
「ちゃんと練習しなさい」
と声をかけてくださり、
「(言うこと)聞かない歳よね
緊張感がみられないこの3人。。。。。大丈夫か?
息子達はこのままこの場所で審査前の講習会、
私とユウト姉のサナノは隣の柔道場で初段以上の講習会です。
荒井師範から返し手を中心にした技、カクヨク二段、三段を習いました。
youtubeで見つけた動画です。


昼食をはさんで審査となりますが、
私の予想に反して息子は落ち着き払っておにぎりをほおばってました。。。
「キンチョーする~たべたくなーい」と言うかと思い込んでました。意外。
緊張しているのは私の方で、久しぶりに会ったママ友に話しかけられても上の空。
いろいろ話したかったのに~残念。
審査が始まるまで受験者の皆は復習に余念がないのに、
息子達はストレッチをしている新井先生にまとわりついて離れない。
新井先生も三段を受験するので邪魔になるだろうに、息子達の相手をしてくださいました。
先生方のお話の後、始まりました。
呼ばれるまで待機している息子のところへ行こうかどうしようか悩みました。
悩んでいる間に、とーこ先生が向かってくれました。
P10100711.jpg
P1010071.jpg
この場に来てまでも息子に私から言うことはないよな。
とーこ先生がついているし、私はひな壇の席からユウトママと見守ることにしました。
学年の小さい子から、50音順の早い子から呼ばれます。
タイヨウとユウトともう一人の子が呼ばれ移動基本から始まりました。
息子は他の道場の子と、名前を呼ばれた息子の返事は今までに聞いたことのない大きな声でした。
P1010072.jpg
最後の最後まで癖を直された移動基本。
親ばかまっしぐらにならないように、冷静に見守ろうとしましたが、無理でしたね。。
平安の型、得意型、順路の型
P1010077.jpg

自由一本組手
ユウトとでした。

審査項目が全部終わってから、私は息子のそばに行き、よく頑張ったと声をかけました。

初段受験者が終わってから、参段受験の新井先生の審査が始まりました。
P1010081.jpg
審査要綱には自由組手がある参段です。
海外から移行される弐段の方との緊迫した組手を、
間近で見学させていただいて、息子達は興奮してました。

何も変わらなかった息子。
そう思っていましたが、
受験票に添付する顔写真を撮影するときも、受験者アンケートを書くときも、
いつもの息子なら、へん顔をして何度も取り直したり、
なんて書いていいかわからないから、いやだ。
と私を手こずらせるだろうと覚悟してました。
でも、写真は一回シャッターをきっただけで済んだし、
アンケートも素直にスラスラ書いてしまった。。。
誰が見てもガラッと変わる子もいれば、
ウチの息子のように、なーんにも、どっこも変わらない。
受ける!受けたい!って先生にお願いしても、最後の最後まで、目立った変化が見られず、
大丈夫か?
本当に本気なのか?
と周りをヤキモキさせる男子もいる。
稽古の延長上のような表情をしながら、
「スゲー!かっけー!」
と新井先生を見つめる息子。
ホント男はわからん。

結果は、新井先生も、タイヨウもユウトも、わが息子も合格でした。
審査会が終わって解散となったとき、
「よっしゃーーーっ!!」
と息子が大きな声で叫びました。
すみません、今日合格とならなかった方々に申し訳ないほどの弾け方を息子はしてしまいました。
P1010085.jpg
P1010084.jpg

「くろおびだぁ、ゆめみたいだぁ」
「ほんとに受かったんだよね。」
「3人そろって受かってよかった~」
帰りの車の中、息子は喜びをかみしめていました。

こんなに得体の知れない息子を根気良く教えてくださった、
菊地先生、とーこ先生、本当にありがとうございました。
息子の良いお仲間になってくれた、
タイヨウ、ユウト、ありがとう。



この日、20先輩のSさんに声をかけていただきました。
貫禄でたね。
終わりじゃないのよ。
弐段、参段があるんだから、頑張ってね。
こちらから挨拶に行かなければならないのに、
つい機会を逃して講習会の終わりになってしまったときのことでした。
私の黒帯を貫禄が出たと褒めてくださって、終わりはないと諭してくださった。
古典型を習うと、本当に終わりはないと思います。
そして息子にも、
「黒帯取ったら自由に休める。」
そんなことを半年くらい前に言ってました。
今はあまり言いませんが、そんなことはもちろん許しません。
私も旦那も、出来ることなら大人になるまで続けて、
荒井先生のようになってもらいたいと思っています。
それまで私も、もちろん、体の続く限り、続けていきたいと思います。

コメント

Secret

おめでとうございました。

 初段、合格おめでとうございました。
 黒帯になると気持ちも変わってきますから、休むなんて言わないと思いますよ!v-410
 ずっと続けていけたらいいですね~v-392

No title

改めておめでとうございます。
無期限休養している私が言うのもなんですが、
これからも続けてくださいね~。

空手親バカさん

ありがとうございます。

>黒帯になると気持ちも変わってきますから、休むなんて言わないと思いますよ!v-410

そうなって欲しいです。
またアドバイスよろしくお願いします。

蛙母さん

ありがとうございます。
私も股関節と膝の痛みをだましだまし続けています。
この先どうなるかわかりませんが、出来る限り続けていこうと思います。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索