FC2ブログ

負けてばっかり

何回出ても、自己嫌悪が残ります。
週3回、真面目に(?)稽古に出ていても、結果を残せません。
これだけやっていても、残らない。
これ以上やらなきゃ残せない?



大会当日
解散になってから白帯のA君が、
「何度出ても勝てない」
私にポツリと言いました。
3位まで表彰される選手の後ろで、何人の出場選手がいるのか。
浜松将陽館では、稽古日数が多い子が表彰されている気がする。
学年が上がれば上がるほど、上級者や初段保持者が増えて、
どの大会でも必ず入賞する子がいて、
予選から相手の帯の色が濃かったり、必ず勝っている子がいたりすると、
「勝てる余地はない」
と思ってしまう。
もしも相手が間違えたりしても、やっぱり級が上のほうが有利なんだろう。
帯の色が濃いってことは、長く稽古をしているから、
自分より長く経験しているから、仕方がない。
何度出ても勝てない
勝つことが目的なのか
勝ちたいと思って稽古したことが重要なんだよ。
級が上になれば覚えなきゃいけないことが多くなって、
審査を受けて級が上がって、
級審査に受かりたいから、覚えることに真剣になって、
勝ち負けは結果でしかない。

おばさんもね、負けてばっかりだよ。
何のために稽古してるか、わからなくなるよ。
いろんなとこ、痛くて、痛いの我慢して頑張って、
記憶力悪くて、人の何倍の時間をかけて覚えて、
覚えたつもりで動き出して、
あれ?
わからんくなった
覚えた気でいたけど、うまく体が動かないから、
動かすことに気を取られて、次がどんなんだったか、わからんくなった。
もっともっと沢山稽古した型だったら、頭で考えなくても体が動いて最後まで止まらずに出来た。
と、思う。
沢山稽古した型で試合に出たら、もしかしたら、違った結果になったかも・・しれない。

でも
でもね
沢山稽古した型で出るより、挑戦してみたかったんだよ。
こんなふうに挑戦するって決めたから、新しい型を覚えるのに必死になった。
こうして自分に宿題を出さないと、必死に覚えられないもん。
段審査を受けるために、沢山沢山稽古した型じゃなくて、
ひとつ階段を登って見たかったんだよ。
試合で間違えちゃったけど、こうしないと自分から覚えよう、覚えなきゃって荷物持たなきゃ、
前に進めないしね。
それにね、おばさんさ、すっごい、あがりしょうだったんだ。
生まれて初めて出場した試合、直前まですっごい覚えてるんだけど、
心臓がドキドキして、手にいっぱい汗かいて、
ほかの人が打っているのも見ていられないし、目をつぶって、
間違えないように、間違えないように、って頭の中で型の順番を復習してさ、
でもって、
名前呼ばれてコートに入ったところから、全く記憶に残ってないの。
どんなふうに打っていたかなんてもちろんだけど、
自分の試合が終わったあとから、まったく、記憶ないの。
審判の先生が、”始め”って言う前に打ち始めちゃったこともあるし、
判定待たずに退場しそうになったこともある。
自分の打つ型が途中でわかんなくなったことも何度もある。
でもね、いつの頃からか、試合のときのこと、ぜーんぶ覚えていられるようになったんだ。
足がふらついちゃった
焦りすぎて雑になっちゃった
慎重にしすぎて、キレがない決めのない型になっちゃった。
平安の型とごっちゃになっちゃった。
とかさ。
成長してると思わない?
型を打ちながら、副審の審判の先生の顔も覚えてるんだよ。
成長したよな~
勝ち負けとか点数とか順位とか、
そりゃあ、
勝った方がいいし、いい点数の方がいいし、順位だった上のほうがいいに決まってる。
でもさ、その時の自分をちゃんとお覚えていられるってのも、いいと思うよ。


それにさ、支部長先生も言ってたよ。
段審査の時、緊張して実力を発揮できないと困るから、
緊張することに慣れるために大会に沢山出たほうがいい。
って。
それから昨日の稽古で、
負けたことを今は覚えてる。
でも一週間後も思えていられるか。
一年後も、一年間覚え続けていられたら、次の年には絶対に勝てる
って。

前の大会より何か一つうまくできたことはないかな?
名前を呼ばれた時の返事の声が大きく出せた。
コートに入るときのお辞儀が前よりきちんと出来た。
指定された型の名前を相手の子より大きな声で言えた。
一つうまくできたことを探そうよ。
小さなことかもしれないけど、小さいことをいい加減にしちゃダメだよね。
前の大会より、一つうまくできたことを探そう。
それから、どうしてダメだったか考える。
それから、
型を正しく覚える
癖をなくす
技をきちんと身に付ける
って順を追って考えたら、いいんじゃないかって、負けてばっかりのおばさんは思うんだよ。

「勝てなかった」
そういった子に、
もっと頑張ればいいじゃん
しっかり稽古すれば大丈夫だよ
それ以外に負けてばっかりのおばさんは、こんなことが伝えられる。
次の大会にA君の姿を追っかけよう。
稽古の時にも良くなったことを沢山伝えよう。
A君だけじゃなくて、みんなみんな、良くなったことを言葉に出して伝えよう。
ちょっと口うるさく注意しちゃうかもしれないけど、
良くなって欲しいから、ね。

コメント

Secret

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索