FC2ブログ

小さい子に

久しぶりの助信公民館道場での稽古の時。
ここに来ると、初段審査前の苦しかった稽古を思い出します。。。
どこの道場にも思い出はいっぱいなのですが、なぜかここだけちょっと違う。
レトロな建物でこじんまりとした空間が、そうさせるのだと思います。
さて、昇級審査が今週水曜日に行われます。
受ける級ごとに並び、支部長先生から審査前の指導を受けてます。
で、ワタシは白帯と始めたばかり、私服の小学校低学年と幼年さん2人の、平安初段を受け持つことになりました。
幼年さんに型を理解させるのは難しいです。
白帯さんは左に下段払い追突き、右に下段払い・・・
って順番は覚えてるけど、ふわふわキョロキョロしちゃいます。
一人で号令で動くことはできるけど、2人で並んで号令をかけると、きょろきょろ増幅。
うーーん。
それと、左手出して、左足出して、右手出して、右足して・・
じゃなくて、”技”って覚えてもらうのはどうしたらいいんだろ。。。
支部長先生にまかされたこの時間、
ワタシの考えでワタシの言葉で伝えることにしました。
何人か小さい子を見てきて思うのですが、
本当に本当にその子それぞれ受け止め方が違います。
拳は武器なんだから、ちゃんと握らないと強い武器にならないよ。
と言ってみたら、
目をキラキラさせて力を込める子がいるし、
くびを傾けて困った顔をする子もいる。
今日の二人も二通りの反応でした。
困った顔をした子には、
「相手はいないけど、いると思って戦うって感じなんだよ。
だから力を抜いちゃダメだし、目をそらしちゃダメ。
左に下段払いするときは、相手は左にいるんだし・・・」
と細かく細かく言ってしまいました。
力を込めた子には、あまり沢山は言わずにすすめました。
20分ほどでしたでしょうか。
とにかく説明ばかりしてしまって、口の中はパサパサになってしまいました。
きっと、カタチだけ覚えさせようとするなら、こんなにもしゃべらなくて済むんでしょう。。ね。

頭上に
「? ? ?」
とはてなが飛びまくってる小さな子供。

を解決しなくてもカタチをどんどん覚えて行く子。

が解決しないと覚えることが出来ず前に進めない子。
いろんな子がいます。
そして猫背とか下を向くとか、先生が説明している間、どうしても動いちゃうとか。
癖が強くてなかなか直らない子もいます。

先生の先生のそのまた先生の教えを、ずーーーっと守り続けて引き継がれてきたものを、
先生達が守ってキミたちに教えているのです。

守らなきゃいけないこと
変えちゃいけないこと
前屈立ちの膝の曲げ方が甘い子から、
「どうしてこんなに体中痛くて苦しい体勢をしなきゃいけないの?」
と心の声が聞こえてきます。
なんどもなんども同じことを言います。
「この立ち方が一番強いから!」
幼年さん、小学校低学年に向き合うのは大変ですが、楽しいです。

ブログランキング参加しています。ポチっとしていただけたら励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村

コメント

Secret

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索