FC2ブログ

野望 願望

さわやかな空気が心地いい秋分の日。
お世話になっている道場の将陽館大会でした。
ワタシはこの大会に向けてひそかに野望を燃やしていました。
入門から初段受験までに習う型以外で出場する。
って野望。
有段者の皆さんの得意型ってそうですよね。憧れます。憧れてました。
漠然と思っていたのは今年初めだけど、
本気になって覚えこもうと決意したのが5月の東海北信越大会の後。
受験項目にない型は黒帯稽古の中で教えてもらうことで、普段の稽古では時間的に難しく時々って感じです。
黒帯稽古で習った型を得意型にしてみたいと支部長先生に申し出ました。
ダメって言われるかな。。無理って言われるかな。。
我が支部長先生はそんなことをいう方ではありません。。
「難しい型だよ
そうおっしゃって短時間でしたが指導してくださいました。

宣言してしまった以上、自分で覚えこむしかありません。
夜な夜なyoutubeで、自分の呼吸にあった方の動画を繰り返し再生し、、
挙動をノートに文字で書いて、頭に叩き込む。
実際に自宅や仕事場で動いてみて、順番を覚える。
そんな風にしていました。

普段の稽古の終わり時間近くで各自得意型打つよういわれました。

抜塞大の人 
慈恩
燕飛

と先生の問いかけにそれぞれ挙手。
今までだったらワタシは慈恩に挙手してましたが、今回不動。
「スエムラさんは?」
先生に聞かれ、
「○○○」
いつもの大声はどこへ行ったか?
初めてみんなの前で自分が打ちたい型の名前を言った後、
前列の子供が一斉に振り返りました。
冷や汗。
いや~宣言しちゃったよ。。。
稽古の休憩の合間に動いていると、子供たちに取り囲まれます。
「得意型それにするの?」
「へ~よく覚えたね~」
「ここ、こんなかんじじゃない?」
オバサンは必死で稽古時間以外で覚える努力をしているのに、
子供は数回の稽古のなかで覚えてしまい、ワタシに忠告してくれる。。
毎度のことながら、新鮮な脳みそと粋の良い筋肉が欲しいと奥歯をかみ締めるのです。

何度やっても上手くスムーズに出来ない所を、休憩時間に先生に教えていただき、
級審査後のほんの数分、道場をお借りして自主練しました。
大会直前まであがいていたのです。
大会当日、慈恩に変えようか。。
弱気になったりしました。
高校生の娘が大会に出場し、一般のカテゴリーに入っていて、いわばライバルとなりました。
娘の得意型は小学6年の時から慈恩。
部活部活で帰宅時間が遅く、稽古にほとんど出ていないのに一番手で良い点数を取って、
なんじゃそりゃ!
とふつふつとオバサンパワーに火がついて、
覚えたての型を打ったのです。
点数は目も当てられないほど悪い。
そりゃそうです。やっとなんとか無号令で打てるかな~レベルでしたから。
で、ワタシのこの野望に影響された(?)息子に振り回されることになったのです。

つづく

ブログランキング参加しています。ポチっとしていただけたら励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村

コメント

Secret

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索