FC2ブログ

無謀

娘と息子と3人で出場するなら、親子型今年もやる?
となったのですが、
型を何にするか?
去年も出させていただきました。
去年も苦労しましたが、今年はそれに輪をかけ、とんでもなく苦労しました。
反抗期なのか日ごろのワタシへの逆襲なのか、
型を決めるにしても息子は希望する型を譲らない。
娘は稽古に来ない。
練習しなくて大丈夫?と、とーこさんに心配かけました。
息子がやりたいという型はワタシはまだ覚え切れていない。
それに2箇所も飛ぶとこがある。
飛べないから”覚えなきゃ”って回路が停止している型なのです。
息子はその飛ぶとこが気に入ってこの型を得意型にしてしまいました。
「それはワタシが無理だよ。」
息子が言い張る型は却下させようとすると、

「いつもオレにちゃんと覚えろって言うくせに、自分は覚える努力しないんだ!」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ハイ、何もいえません。

ワタシへの逆襲だ!
自分が得意型にしてそれしか稽古できないから他の型は出来ないと言い張る。
抜塞大にしようか。
と言うと娘が沈黙。
息子も反対する。。
まぁ、気持ちは解らなくもない。
去年よりは成長していると新しい型をやりたい気持ちは解る。
って言うか、これはワタシのせい?

大会前の土曜日の稽古。
いつもならワタシは欠席なのですが、娘が行けそうだってことでワタシも出席しました。
休憩時間に息子を呼んで3人で揃えて見ましたが、
そろいません!!!
去年と変わらず息子が暴走。
去年よりさらに意固地になって息子が合わせてくれません。
って言うか、娘とワタシの2人なら、なんの苦労もなく息ピッタリ。
それでもワタシは順番さえあやふやな型なんですが。。。
「親子型辞めるって先生に言うよ。」
そう息子に言うと、
「かあさんがオレに合わせれば問題ない」
と譲らない。
結局一度も3人で合わせることなく当日本番を迎え、
当日の休憩時間にも一度も合わせられなかったのです。
はい、当然、ボロボロ、ガタガタ、まったく見られたものではなかったでしょう。
グダグダな仕上がりに娘は怒り心頭。
息子は自分はちゃんとやったのに!と自己主張。
ワタシは息子の意固地さをなんとかなだめて、親子仲良くするわけにはいかなかっただろうか。
高学年の男子を持った方に聞くと、親子型は息子側から断られたと。。。
息子の身体能力にワタシが合わせるのは到底無理、いや、絶対無理。
ワタシ自身も覚えきれない型にしたいと息子に言われ、
覚えるチャンス!
と思って息子に流されました。
せっかく場を作ってくださった先生方に、顔向けできない恥ずかしいものでした。
家庭内の姉弟喧嘩を丸写しって感じです。
自己嫌悪。。


ブログランキング参加しています。ポチっとしていただけたら励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村

コメント

Secret

No title

将陽館大会お疲れさまでした!親子型について~私の意見としては、新しい型をやるのであればもっと
早くから練習しあわせていったものでないと、例え点数を出さない演舞のみでも、やりきった実感を味わいたいのに味わえない中途半端な感じだろうと思います。どうしても練習できない、三人揃わないのであれば、背伸びせずにバッサイダイで良かったと思います。黒帯を閉めた三人が出てくるのだから皆はちょっと期待感もありますよ!私はたまたまトイレにいて見れませんでしたが。それと家族で話し合って自分達で型を決めるのがベストですが、うまくまとめられないのなら、先生と話をして決めた方がいいと思いますよ。他の家族で子供に断られたと言う子にも私は来年は出るんだよと言っておきました。黒帯は色帯(お母さん)に会わせてあげなければいけないと。わがままな自分本意の気持ちだと、三人のなかでも突っ走ってやりたいようにやるのでは、親子型の本来の意味がない と思います。あーだこーだ言いながら、時にはケンカもしながらまとまっていく結果が出せたらいいと思いませんか?。
ちなみに私は、バッサイダイ好きです。そう思うようになったのは、数年前。さんざん苦しい思いをして練習したバッサイダイは好きではなかったですけどね。今は平安の型でも、いかにキメを出せるか稽古しているため、全然納得できません。~そこが面白いところだとも言えますね

とーこさん

本当にその通りです。
今回、喧嘩すらしませんでした。
息子には去年”なんとかなった”と言う妙な自信が残っていて、それを言い続けてました。
でも、それは何度も何度も稽古した型だったからだったんですよね。
いまさらですが、気づきました。
言い出したら言うことを聴かない息子に合わせて、結果はみえてました。
娘と息子をまとめる私が意思を持っていなかったのです。

無理だ出来ない それでもやりたいのなら、今回はやめる。

きっぱり言える勇気もなかった。
いまさらですね。
やる気が出てきた息子に”親子型は辞める”の言葉でやる気をなくさせるのが怖かったのです。
でも決意は必要でした。
辞めないようにするためにはどうするのか。
そこまで話し合う心のゆとりもてませんでした。
小さいときは親が言いくるめることができても、小学5年になるとなかなか難しいです。
その難しさをとーこさんに相談すれば良かった~~~
そこが一番の反省点です。。。
これからも頼りにしてます。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索