FC2ブログ

反省

私の母方の叔母はちょっと変わってます。
今から40年近く前の話になりますが、
叔母に長男が産まれ、その子がハイハイしだした頃、
ストーブのそばまで行き触ろうとしたとき、
普通なら、
「熱いから触っちゃダメ!」
と出しかけた手を押さえますよね。でも叔母は、
「どんだけ熱いか触ってみ。」
と出した手をつかんでストーブにより近づけ、触らせようとするのです。
周りで見ていた私の母もびっくり。
まぁ、確かに、身を持って覚えれたことは忘れないでしょう。
懲りる
ってやつ。
こうして触って危険なもの、して危ないことなどわざとさせて、
懲りさせる
ってしてました。
息子が生まれて自分の身を自由に動かせるようになったころ、
叔母の行動に非常に共感しました。
で、見習ってきたわけです。

前置きが長くなりましたが、
親子型の反省について昨日、息子と話しました。
大会が終わってから私はこの話題を口にしませんでした。
私自身の気持ちも消化できない状態では感情的になりますから。
冷静に受け答えできる自信が出来てから、
務めて平坦に感情に走らないよう心に決めて、
息子から”嫌だ”って返事が来ると予想して私は息子に問いました。

「来年も親子型やる?」
「やるなら今から練習しないと」

へ~~~、そういう返事!?
まったく予想していなかった語句に戸惑うワタシ。

私 :「観空小 リベンジする?」
息子:「うん!!でもなぁ、ねえちゃんが練習不足になるじゃん」

これまた予想してなかった返事。
娘のせいにするのか?
カチンときましたが来年、娘が部活を引退したら稽古の回数は増える。
今はその話はしないでおこう。
下校後、近所の友達とヘトヘトになるまで遊んで、
遊び疲れてまったりしたい夕方でも、
黙って自ら進んで稽古の支度をするようになった息子。
大会翌日、火曜日の稽古はいつも行かないのに、
「稽古、行きたい!」
と急に言い出した息子。
いやぁ~ワタシは休みたいぞ。。。
疲労溜まった体を引きずって、2人で稽古に行きました。


息子、成長しましたよね。


ブログランキング参加しています。ポチっとしていただけたら励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村







コメント

Secret

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索