サンタからの贈り物

先住猫と1週間は隔離して

と松井先生からの指示でしたが、
気配と鳴き声に反応しすぎるしまじろうに、こちら側が疲れてしまい、
3日目には同居させてしまいました。



しまじろうの常の姿がこれです。
節操もなくお客様のテーブルで、どえ~んと1日の大半を熟睡しております。
そのしまじろうが、まったく寝そべることなくキジトラを監視していました。
「トラ柄だから名前はトラミ!」
と旦那が命名しましたが、おっとりスリスリの甘えっぷりに、そんないかつい名前はそぐわない気がして、
「名前ははなにする。」
と独断で改名命名いたしました。
はなを保護した翌日、”おおかみこどもの雨と雪”が放映され、その主人公がはな。
♪はな~は はなは はなはさく♪
棒国営放送から連日流れてくるあの歌。

はな

はそんなところから取りました。

猫飼いの先輩方々は、心配しなくても仲良くなるから大丈夫だよ。
とアドバイスをくれますが、箱入息子のしまじろうに社交性や他猫に対する思いやりがあるとは思えず、
はなの行動としまじろうの行動、両方に気を配り疲れてしまっていました。
一人でいられず誰かを呼び続けてきた鳴き声はかすれて声にならないときもあり、
常に人肌もとめて擦り寄ってくるはなを抱いたまましまじろうに近づくと、
激しい威嚇の”シャー フー ウー”と唸り声を立て睨んできます。
はなを撫でた手でしまじろうに触ろうものなら、
ワタシの手そのものがはなだと思っているかのように、威嚇の唸り声と鉄拳を飛ばします。
ツンデレの王道をいくしまじろう。
野良猫だったはずなのに、飼い猫以上に膝に自力でよじ登り丸まってスヤスヤと寝てしまうはな。
2匹の板挟みに、ワタシは密かに布団の中で、泣きました。

なぜ?
ウチを選んだの?!

はなの全身で愛情を求める姿に、ウチまでの道のりを考えました。
しまじろうが威嚇しようとも、対抗することなく体を固くして丸まって、
ただ嵐が過ぎ去るのを待つのみとばかりに小さくなるだけのはな。
このまましまじろうが威嚇から本格的な攻撃に移ったら、同居は無理でしょう。
攻撃されないように注意しつつ、猫たちの距離が縮まるように促すことも必要でしょう。
怒りに我を忘れることがないよう、猫たちが近づくとギリギリまで見守り、
ダメだ
と判断した時だけ、
「やめ!」
と間に入るようにしてみました。
同居させて唸り声が2日つづき、3日目のこと、
唸り声が響き、唸っていながら少しづつ距離を詰めていくしまじろう。
20131224072601301_2013123014452671d.jpg

抵抗しないはなを不思議がっている。
20131224072600722.jpg

12月24日
はなを飼います。
と決断し、動物病院にワクチンを打ちに行きました。


はなのおでこにはやっとかさぶたが取れたかな?って感じの傷があり、
右目は旬膜とまぶたが癒着していて、
左目は眼球がない痛々しい姿。
治療をするには時間が経ちすぎている。
子猫の時に結膜炎か風邪かで目に炎症が起きて、そのままにここまで来たようです。
治療をするには富士の病院を紹介していただける。
松井先生の判断は、その治療をすることではなが受けるストレスを考えたら・・・
とアドバイスをいだだきました。

「ペットとともに飼主さんも幸せになれる診療。」です。何がその子にとって大切で、どうしてあげることが一番幸せなのか一緒に考えましょう。

お腹いっぱいカリカリ食べられる幸せと(肥満注意)
雨風しのげる場所は確保してあげられるよ。
そのくらいしか出来ないけど、一緒にいようか。
目は光が解るくらいしか見えないかもしれないけど、
ワタシの声と足音は覚えてくれて、呼べば来るし、歩けばついてくるし、
トイレは最初から失敗しないお利口さんだよね。
まっ、こんな感じでよかったら、一緒にいようか。ね。
20131226105734862.jpg
はなが寄りで写ってますから、しまじろうと同じくらいに見えますが、一回り小さいです。
歳は推定で1才未満の春生まれ。
ってことはしまじろうと同級生ですな。
しまじろうが受け入れてくれたら、もう何年も一緒にいましたってな感じに馴染んでます。
案ずるより産むが易し
しまじろうが心許してくれ日はクリスマスの翌日ことでした。

コメント

Secret

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索