スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日、ママがいない

1月から始まったドラマの中で、気になっていたのの一つに、

日本テレビ系 明日、ママがいない
があります。
番宣で主演があの芦田愛菜さんだと聞いて、ちょっと見るのをためらったんです。
なぜなら、同じく日本テレビ系で2010年に放送され、一躍有名子役となってから、
ドラマはもちろんのこと、メディアへの露出が多く、
義務教育中なのに大丈夫なのか?
なんて取り沙汰されてましたよね。
そして大人のバラエティ番組
「メレンゲの気持ち」
のレギュラーに起用されたとき、ほかの出演者との受け答えの様子が痛々しくて見てられなくて。。。
大人世界の会話についていこうと頑張ってる姿。
無理がありすぎ!
と画面の前で独り言をいったものです。
卓越した演技は賞賛から一転して「こどもらしくない」などと卑下される記事が出たりして。
一般人のワタシはその記事に踊らされました。

明日、ママがいない

なぜ、

”今日”、ママがいない

じゃなくて、

明日、ママがいない”かもしれない”

じゃないんだろう。


文法的におかしくないですか?
放送第一回はリアルタイムで見れず番組サイトでの見逃し配信で見ることとなりました。
そう、
この番組は中止すべき
と騒がれてからのことです。
どんだけスゴいんだ!?
非常に期待して意気込んで見ました。
まだまだ!これからもっとすごい展開になるゾ!
三上博史さん扮する佐々木友則の登場に期待しました。
ヘッ?これだけ?
フィクションってなんだろう?
事実と異なります
って但し書きがあってのドラマだろ?
少なくとも想像で文章を書く楽しみがあるワタシに取って、
表現の自由を奪う何者でもない権力が見える。
それも含めてワタシの思いをズバリ書いてくれた
”はるかぜちゃん”
こと春名風花さんのブログを読んでいただきたい。
いつか子供を持つかもしれない人間として
もお、題名してからすごいでしょ!
この文才!
そして芦田愛菜さんの演技。
”ちゃん”とは呼べない立派な俳優さんです。

見ておいたほうがいいですよ。

コメント

Secret

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。