スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将陽館大会

スズメバチに刺されたあと、2週間お休みさせていただいてました。
お盆のお休み期間と合わせると、まるっと3週間の休眠期間です…
棄権、チラッと考えました。
準備不足は重々承知ですが、
お休み明けの稽古の日、
体の重さや硬さは実感しましたが、自分が思ったよりも何倍も動けてしまいました。
これで大会を棄権すると決めたら、怠け虫に全身を侵食されて復帰出来なくなりそう!!
そうは言っても不完全な型を打つのは気が引ける。平安の型や昇段審査で沢山稽古した抜塞大を考えました。
でも、強欲なワタシは得意型を変えたくありません。
大会当日の待ち時間にも武道場入口のスペースで、不安な箇所を何度も何度も練習したのです。
直前であがいてるワタシって。。。
この場所は今は中学に入って稽古はお休み中のO君が現役だった頃、
お父さんと2人で黙々と型の練習をしていたところ。
初段取得からしばらく経った頃、
燕飛が得意型だったO君が雲手を得意型に決めたころのことでした。
黙々と、
淡々と、
そばで見守るお父さんが小声でO君になにかアドバイスして、
それに頷いてまた続ける。
その空気感に感動したものでした。

女子一般の部の出場者は私を含め3人。
時折浜松の道場にも来られるCさんとHさん。
お二人ともワタシよりお若いです。
Hさんにいたってはワタシが成人式を過ぎてからお生まれなってます!!!
唖然としながら、ついつい"若いっていいね"と愚痴ってしまったら、Cさんに、

「年じゃないですよ。
続けたもん勝ち!!!」

そう言われてしまいました。反省。
順番ギリギリまで練習して一度も納得出来なかった技が本番では成功しました。
点数は2人に及ばず3番目でした。
稽古不足ももちろんだけど若さには勝てんなぁ。でも練習したときよりはるかに納得出来た型を打てました。
試合直後、審判をしていらしたN先生に呼び止められました。
「ここをもっと膝を落として、じっくり決めたらもっと良くなる。」
N先生とはご挨拶させていただく位でしたので、お声をかけていただいたことに正直とても驚きました。
審査されてる中でも、ここをこうしたら…
と思っていただき、試合後にお教えいただけるってとてもありがたいことです。
いつも励ましてくださるS先生も、もちろん声をかけて下さいました。
実はこの箇所はとーこ先生にも前に指導された箇所です。
バランスを保つのが精一杯で、直せなかった箇所です。
今のワタシにはこれが精一杯。
と自分で限界を決めていました。
それじゃダメなんですよね。

「見せ場を作ってね。」

N先生は高度な技に近づくようお教え頂いたと思います。
自分で限界を作っちゃいかんのですよね。

ブログランキング参加しています。ポチっとしていただけたら励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村

コメント

No title

どこのことかな?どこを指導したのか覚えてないけど、他の人にも指導されると言うことは、目立つし、直すべきところですね!
得意型はとことん追求するものだと思うので、頑張って下さい。

とーこさん

押忍
一本足で重ね構えして蹴込むとこです。
膝をぐっと落としてできるだけ小さくなって、蹴る
ですね。。
旦那に”体幹がない”って言われたとこです。
ふらつくのは足のせいだけじゃないのがよくわかります。
腹筋背筋体内の筋肉強化が必須ですよね~
精進しますm(_ _)m
Secret

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。