スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大会&最近の稽古

高学年の自覚が定着してきたのか、年下の子に声を掛けることが多くなってきました。
大会で整列するとき、学年や背の順でならぶのですが、なぜか2番目を陣取る。
「アナタ後ろに並びなさい。」
ワタシの声に、
「Rの面倒見るからココ!」
と主張する。。。
年中からパパとママと3人で通い始めたR君。
同年代の子がいないのと、恥ずかしがり屋の性格とで、いつもパパママにくっついて影に隠れている。
そのR君がなんとなく息子とじゃれあうようになり、いつのまにかパパママから離れている時間が増えました。
大会の待ち時間にも息子が一緒にいることが多く、対戦について秘策(?)を耳打ちされたと後でR君ママから聞きました。
我が息子、こんなに面倒見よかったっけ?

ある日の稽古の休憩時間、


K君に聞かれて答える息子。
稽古熱心なK君。

白帯から見ている子達が今回の昇級審査で3級になって茶帯です。
K君もこの子達も上手になりたい熱意が凄いです!



ピヨピヨ白帯さんだった子が、順路四段を無号令で打っている。
(画像は違いますよ。念のため)
涙腺弱りっぱなしのオバサンには刺激強いわ。


級が上になるにつれ、小さな癖が気になります。
拳の握りや立ち足や運足など、小さなことだけど今のうちに直せたら、後で絶対楽だから!
と、オバサンは口うるさく耳打ちして回ります。
嫌われるの覚悟で言ってしまいます。
「何度も何度も言わないでよ!」
そう思われても仕方ありません。
実際、自分が言われたら非常に嫌です。
どうしたら素直に聞いてもらえるか?
慎重に考えながら伝えるようにしています。
正面で先生方が説明や解説をされる時は、先生の言葉が最優先です。自分の言葉は控えます。
集中力が途切れ疲れているか、体調が良くなさそうな子には注意の言葉はかけません。
元気ないね。大丈夫?
気遣いの言葉の後に笑顔が出るかどうか?そこから始めるようにしています。
これは支部長先生方が指導されてる時そうされているので見習ってます。
いくら稽古に出席していても体調が万全じゃない時だってあるはずです。
メンタル面も見ながら、
どうかな?
って必ず考えながら伝えるようにしています。
どんなにしつこく言っても、素直にすぐに、
「押忍」
って返事を返してくれる伸び盛りの子達。
大会の成績も良いです。
頼もしいですp(^_^)q


ブログランキング参加しています。ポチっとしていただけたら励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村

コメント

Secret

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。