スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先生

指導のお手伝いをさせていただきました。
白帯さん8人。
白帯でも小学校入学前の幼年さんから、小学校中学年君まで、
幅広く
なのです。
この日の稽古始まりの黙想のとき、今日の目標を、
冷静に
と決めたワタシ。
指導のお手伝いが予想できてたのかな?
幼年さんを基準にすると小学生君に物足りず、
小学生君に合わせると、幼年さんには伝わらず、
ワタシの修行どころです。
6月に行われる級審査に向けての指導のお手伝いですから、いつも以上に気合いが入ります。
いや、ワタシが気合いを入れても、生徒本人がその気にならなくちゃ始まりません。
褒める 注意する 注意する 褒める
の繰り返し。
帯の色ごとに黒帯一般の大人が先生となり指導なので、それぞれの先生達の指導の声とみんなの気合いで、
ワタシの声がかき消される~~
号令をかけても動かず止まってしまう子に声をかけたら、
「聞こえないもん」
と。。。こりゃまいった。
オバサンワタシの声が聞こえる~?」
とその都度確認してみましたが、どうもしまりません。
大きな声を出しても、集中力が途切れがちになる子供たち。
どうしたものか???
途切れがちな集中力を回復させるためには、休憩も必要だよね。
先生の指示を仰がず休憩を入れました。
どうしたものか??
大声出せば感情に走りそう。
今日の目標は”冷静”だから、どうしよう。
ふと、自分を戒めるために自分のことを、”先生”っていってみようかな???
昔、子供たちが通った保育園で、新卒のピチピチ先生に自覚を持たせるため、とにかく、
先生、先生、○○先生!
と呼ぶようにすると主任先生か園長先生にお聞きしたことがありました。
頼りない新任の先生を育てるのに、それが一番だと。。。
恥ずかしいけど、おこがましいけど、自分を戒めるために挑戦だ!
「さっき、”先生”言ったことを守ってね。」
「押忍!」
いやいや、恥ずかしい。誰かに聞かれたらどうしよう?!
誰かって目の前にいる子じゃなくて、向こうにいる息子に聞かれたら、穴に入りたいくらい恥ずかしい!!
こんなバカなこと考えながら生徒の前に立たせていただいて、
ワタシを信用してくださって任せてくださった先生に申し訳ない。
たった一言、発しただけ、ほんの何秒かの間にこんなこと考えてるワタシ。
ばっかじゃないの!
と、どこから聞こえてきそう。。。
はい、こんなこと考えていてはいけません。
移動基本の重要さを基本組手で念押しして、
8人2人づつ向き合わせ基本三本組手をしてもらいました。
みんな気合いの声が大きく出せるので安心です。
安心してた矢先、小学生君の一人がおなかを押さえています。
「痛いよ~」
相手の逆突きが入ってしまったようです。
「痛いよ~」
と言いながら、照れ笑い風。ちょっと安心。
どんな時に、どんな風に当たってしまったのか、当ててしまったのか。
向かい合っている二人に聞きました。
当ててしまった子は神妙な面持ち。当たってしまった子は笑顔が戻り、
勢い余った小学生君には、逆突きは絶対に当ててはいけないこと。
当たりそうになったら手を引くことを強く伝え、
当たってしまった小学生君には、当てられないようにちゃんと受けること。
と、伝えました。
空手の稽古が続けられなくなる理由の一つに、組手に恐怖心を持ってしまうこともあるようです。
たとえ基本組手でも怪我をすることがあります。
お互いに真剣に攻防をしなければいけない。繰り返しそのことを伝えました。
「家に帰っても痛かったら、おうちの人から連絡してもらってね。」
と言うのも忘れませんでした。
小さい子に気を取られ、小学生君は二人に任せてしまったのが今回の原因です。
稽古が終わってから当ててしまった小学生君に、ワタシの気配りが足りなかったことを謝りました。
幼年さんから習っている子との時間差で、始めたのが大きくなってからの子には焦りがあるようです。
その焦りを理解して一言二言付け加えました。
神妙な顔のまま、終わりになってほしくなかったから。
空手の難しさ、辛さ以上に、その何倍もの楽しさを伝え実感してもらえるように、
ワタシも精進しなきゃですね。

コメント

Secret

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。