スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

端島(軍艦島)関連

市立図書館に登録すると、オンラインで市内の全蔵書が検索できる。
試しに、
検索ワードに
”軍艦島”
と入れてみた。
出てくる出てくる。
どれから読もうか悩んだけど、実際に島で生活していた方の手記を手始めにと2冊えらんだ。
003_20160314145320146.jpg
軍艦島離島40年 の著者は軍艦島を世界遺産にする会発起人 坂本道徳氏。
端島は炭鉱の所有者、三菱のものである。
島全体が企業に所有権があるってのも理解しづらかったし、
炭鉱で働く人だけが、単身赴任的に生活しているのかと思っていたから、
人の生活に必要な病院などの施設ももちろんだけど、
小中学校、保育園まであったってのが、不思議でしかたなかった。
働く人だけがそこにいても、生産性があがらない。
つまり、
自分の生活に満足できれば、それ以上働こうと思わなくなっちゃうので、
家族をそばにおいて、生活のための勤労意欲を高めさせるってことなんだって!
筆者もそうして働き手のお父さんと一緒に島に渡ったのですね。
ついさっきまで人がいた気配の写真。
時間の経過が朽ち落ちていく外壁で見て取れるけど、
なぜそんなに急に人がいなくなることになったのか。
人の息遣いが聞こえそうなアパートの一室に置き去りの家財道具は、
生産コストがかかる石炭から石油へシフトするエネルギー税策で、閉山が決定し、
ほんの数か月で、島に住む全員の撤収が決められ、
いつか戻れると期待した住人が生活物資をそのままに離島した住居もあり、
当時の最新家電たちが埃にまみれ、割れた窓ガラスからの風雨にさらされ、
物悲しさをいっそうかきたてられる写真の数々。

自分的な大きな疑問が解決され、冷静に写真を見直し、文章を読み返した。

近代日本を支えてきた端島炭鉱の
世界遺産認定
これによって、崩壊寸前の建物の保存が期待できる。

か?

と筆者がくくっている。
膨大な予算はどこから調達されるのか。
後世に残す主導権は誰がもつのか。

ざわついた心のざわつきがどこからきているのかやっと見えてきた。
自国自給自足エネルギーを放棄した証が端島なんだろうな。。。



コメント

Secret

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。