スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道警察日本で一番悪い奴ら


先に鑑賞した映画の原作本ではないのですが。。
こちらは織川隆さんというジャーナリストの方が、取材をもとに書かれた本です。
映画の中ではコミカルな演技が際立っていた”S”(情報提供者スパイ)の一人が、
この事件を告発したのですが、、
拘置所内で死亡し、自殺と処理され、
主人公の直接の上司も、自殺扱いになり事件は闇に葬られそうになりました。。。
それを受けての”S”本人が妻に書き残した手紙を原文のまま、
主人公の供述調書や、家族の取材記事が掲載されています。

なぜ北海道警察だけが、このような黒い部分を隠し続けてこれたか。
ヤラセ捜査までして検挙率をあげたかったのはなぜか。
私が知りたかった部分がこの本のおかげで知ることができました。


019_20160804134804189.jpg
これ、表紙の裏側に貼ってあった!!
新刊本によくまかれてる、平置きしたとき目に留まるようにする、
帯ですよね。
図書館蔵書の本で初めて見たーーー!!
保護シートを貼る司書さんが、この帯を処分するには忍びないって思っちゃったんだろうな~

コメント

Secret

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。