スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芥川賞受賞作品

015_20160804134801efe.jpg

手元に届いてから5行読んで、
「これはのめりこみすぎる。今読む時期じゃない。」
と、大事にしまって1ヵ月弱。
今朝、続きを一気に読みました。



芥川龍之介って苦手なんです。
蜘蛛の糸
が、嫌いなんです。
蜘蛛が嫌いなのももちろんだけど、
道徳の教科書に載ってて、主人公の行動を読み解くとかって授業で取り上げられて、

主人公がつかまっていた蜘蛛の糸が、切れたのはどうしてでしょう?
蜘蛛の糸が切れないようにするためには、どうすればよかったでしょう?

なんて正解を求めるディスカッション。
空想の世界の話で、道徳の授業かよ!
ばっかじゃね!!
と捻くれた小学校高学年の自分。
純文学って何!!!??
傑作でもこんな風に切り刻まれちゃって、せつないじゃん!
って拒否反応が出ちゃったのです。

いつか文壇デビューして印税でのうのうと暮らしたい。
なんて願望野望妄想をしていた私。
それなのに受賞作品を読んで学ぶ姿勢をとらない私。
ワタシって感化されやすいから、感動した文体をまねちゃうの。
まねっこどんどんはよろしくないでしょ。
だから、読まないの。

なーんて、こじつけてきました。


でもね~
今回だけは、絶対読みたかったんです。
絶対、読んでおかなきゃいけない作品だったんです。
去年、受賞の又吉さん(こちらも未読です)もそうだったけど、
空想を描いた小説なんだけど、実体験、現実の生活から作品へつなげてもいいんですよね。
って背中を押してもらった気がしたのです。

書きたい
ってしたためたネタ帳には、ネタ満載。
犬にかみつかれた話を友人にしたら、
「そんなやつ、滅多にいねー」
と苦笑されてから意識しするようになった。
谷に落ちた時も、
「良い経験をしましたね。自慢にしなさい。」
とある人に励まされた。

ごく一般的じゃない人生経験豊富なワタシ。
そんな経験を膨らませて、絶対後世に残すのじゃ!

人生50年。
充分生きました。
いつ死んでも悔いはありません。
去年の誕生日にはそう思った。
NHKの探検バクモンって番組で、
劇団四季のミュージカル ライオンキングの裏側っての見て、いつかは見たいと思っていたことを思い出した。
これを見るまでは死んでも死に切れん!
と思った、今年の51回目の誕生日近辺。
芥川賞受賞最高年齢の方を見つけて、
長生きしたいぞ!
と思い直しました。
いくつになってもスタートはキレる。
日々勉強、精進、ネタ探し。
生きてるって楽しいぞ。

コメント

Secret

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。