スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンビニ人間

015_20160804134801efe.jpg
題名を聞いて即座にネット注文しちゃった1冊。
読み始めて2時間かからず読み切ってしまいました。
早朝、
セミの鳴き声が遠くで聞こえる静かな一室で、寝ころびながら読み進み、
途中、あまりの予想外な展開に、

「えっ!!?」
「ええっーーーっ!」

と声を発してしまった。

以下、内容が解ってしまうので、ご理解ある方のみお進みください。






















コンビニ=マニュアル
と思われる方がほとんどだと思いますが、
マニュアルを基に思考しながらの仕事となります。
幼いころの思い出を軸に、自分が世間とずれているとわかった主人公は、
自分の居場所を探します。
偶然通りかかった開店準備スタッフ募集の張り紙で、アルバイトを始めることになりました。
マニュアル通りに動いていれば安心なコンビニの世界で、主人公は18年を過ごします。
マニュアル通り
そういうけど、実際のところ、マニュアルに沿って自分で考える部分がとても多いと思います。
来店客に素早く対応する術は、マニュアルや先輩から教えられても、
実際の経験から学んで会得していくしかないのです。
36歳になっても独身で、就職もしないでずっと同じコンビニでのアルバイト。
世間からのズレていると、両親家族が心配します。
大学を出たら就職をして、結婚して子供を産み育てる。
その一連の流れを”あたりまえ”と同級生から責められます。
特に同級生の伴侶に責められる場面は、きっと著者が今まで経験してきたことなのでは?
と心配になってしまうほど、リアルに書かれていました。
自分の生活を自分自身で支えて、誰にも迷惑をかけてこなかった主人公に、
真逆な男性が同じアルバイトとして現れます。
自分の夢を追うのはいいけど、
まるで現実味を帯びない夢を、
叶えられないのは自分意外の人間が悪いと思い込んだ、勘違い野郎です。
コンビニの仕事をなめ、先輩の指示を守れない、勤務中に非常識な態度をとる。
ここからが、

ええええ!!!
えーーーーっ!!???


声に出てしまうほどの展開になっていくのです。
たとえネタバレ注意報を出していても、
ワタシには書けない書けない。
皆さんにとても身近な存在で、
「今まで利用したことなんて、無いよ。」
って人はいないぐらい浸透していて、日常生活に不可欠なコンビニエンスストアが舞台の小説。
芥川賞受賞っていうのはこういう作品なんだ。
重みをずっしり感じた小説でした。

コメント

Secret

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。