スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィクションとノンフイクション

実在の人物をモデルにしたドラマが放送されると、
事実と違う!
実際の人は、こうだった。
とやっきになって抗議される。
今、放送の”とと姉ちゃん”もそうらしい。

どうしたもんじゃろの~

主人公、常子のお母さんの口癖が、常子にうつり、
劇中、なんどもつぶやかれる。

どうしたもんじゃろの~
木村多江さんのおっとりした口調でお上品に出てきたこの言葉。
初回放送でぶっ飛んだ。
常子が子供時代を過ごしたのが、静岡県西部の浜松って設定。
浜松の方言なんだって!!!

時代設定は戦前、昭和初期。
いやいや、申し訳ないけど、その言葉、使いません。
たぶん、絶対。

リアルに使われたとしたら、

どうしたもんかいねぇ~
どうすりゃいいだいやぁ~

ちょっと南の漁港近辺に行くと、

やい!どうするでぇ~

って感じかな?
字にすると、うまく伝わらんな。。
だからと言って、
違う違う違う!!!
と大声で主張する方もあまりいなかったような気がします。

「あまちゃん」の”じぇじぇじぇ”も岩手全体で使われてるイメージが浸透して、
地元の方たちも困惑されてたと聞きましたね~


田山涼成さん演じる、”とと”が務める工場の社長や、常子の幼馴染の青年たちの方言には、
とってもとってもムズムズさせられましたが、
それでも浜松を舞台に選んでくれたことの方が嬉しかったなぁ。
「~、~だもんで。」
と言ってましたが、
”だもんで”
は接続語なんですよね~
「だもんで言ったじゃん。それ、違うって。」
ってな具合。


浜松って柔軟な方が多い気がしますね。
餃子消費量日本一の件も、市の広報が率先していても、
順位なんて全然気にしないで、
「好きだから食べるのよ~」
ってな感じでケンミンショーでT県出身さんが、
「U市1位!!!」
と狂喜乱舞してても、
あら、2位なのね。
とサラっと流して話題も少ない。
気がします。
(あくまで個人的見解、あしからず)
「来年は絶対1位に返り咲くぞー!!」
なんて、やっきになってる話は伝わってこないもんね。

話がそれた。ごめんなさい。
モデルになった実在の人と交流があった方からすると、
フィクションとノンフィクションの境目で、ご納得できない部分が出てきちゃうんだろうなぁ。
”あなたの暮らし”編集長、花山さんについては辛口意見を読んでしまった。
放送しているのが天下のNHKだから尚更、厳しい意見をしてしまうのかな?

それを言っちゃうと大河ドラマだって、民放の時代劇だって史実と違うじゃんね。
水戸黄門だって、水戸のご老公様が全国行脚したのがほんとに思われちゃってるけど、
違うじゃんね。
モデルに副ってストーリーを作り出すって、難しいんだな~
こんなにも意見が交錯しちゃうなんて、
やっきりこいちゃうや~
ねぇ。。



遠州弁講座 
やっきりこく=残念だわ もしくは「嫌になる」をオブラートに包んだニュアンスかな。

コメント

Secret

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。