スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

校閲

ドラマで脚光を浴びている、

校閲

って仕事。

ああ、これが、

校閲

なんだね。


と最近しみじみ思う。


ブログを書いていると不特定多数の方の目に触れるので、

間違ったことはかけない。

昔々、パソコンを触り始めたばかりのころ、

自分の店の掲示板に、あやふやな記憶のまま、

ちゃんと調べるって考えもなく、

人名を思いっきり間違えて打ち込んだことがある。

間違いに気づいたのは旦那で、かなりあきれられた。


人名は絶対間違えちゃいかん。


変換ミスもそうだけど、なにより、

人名、固有名詞、漢字、アルファベットの綴り、地名、場所、位置関係等は調べて確定してから書くようにしている。

そんな風に癖がついたのは、とある人のブログの内容がものすごく詳しく書いてあって、

鉄道とか、飛行機とか、軍事装備品とか興味ない内容だったりしても、読んでいてワクワクが伝わってくる。

もともと、そちら方面がお好きな方なのだけど、

不確かなことがあったりすると、とことん調べてから、下準備してから書くそうだ。


校閲


は誰かが書いたものを、たとえ想像の世界だとしても、

文字で表現された間取りが確かなものか、模型を作って立証するってことまでされてるようだけど、

電車の乗り継ぎをトリックに殺人事件のアリバイ工作する小説で、

時刻表が改定になったタイミングとやらもふまえて立証できるか、


校閲


するんですよね。



一個人のブログでも、無責任な発信はしちゃけない。

事実じゃないことを公にさらすのは恥ずかしい。

文章のつながりもいいのか悪いのか、わかりやすいか?解りにくくはないか?

自己校閲してみるのです。

こうして打ち込んでいるものは、たいてい一晩寝かせます。

一晩寝かせて、読み直すと、

これ、変じゃん!

ここ、間違ってるじゃん!

この書き方じゃ解りにくいじゃん。。。


となって、

これでよし!

とUPしても、

あれ~???

という時もある。


自分の過去に書いたものを読み直して、記憶をたどることもある。

3年前のこと?

4年?

え~~~っ、あれって5年前だっけ?!

人間の記憶って本当にあやふやだね。


コメント

Secret

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。