スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

接客業

学生時代のアルバイトをからして、接客業しか経験のないワタシ。

50を超えた人生の3分の2が接客業の職歴だったりして。



柳原可奈子ちゃんの、

”いらっしゃいませ~~~~っ”

のカリスマショップ店員コントを

「ちょっと大げさ。だけど、よく見てるわ~若い子のショップにいるいる!絶対いる!」

マルキューなんてもう何十年も行ってないけど、

近所のショッピングモールに行けば、似たような造った可愛い声が飛んでいる。


あれが嫌いな人も多い。でしょうね。

最近ちょっとした出来事に遭遇したワタシ。

この件について考えました。


なぜ、テンション高く、高い声で接客するのか?

イライラや焦りの感情を抑えることに徹しなければいけない状況が、多々あります。

ご来店されたお客様に不快感を与えないよう、

物腰柔らかく、語尾をマイルドにする話し方は、

自分の本性を隠すのに必需品。

自分じゃない人間になって、

自分を装って自分とは違う人格になってしまうことが、

近道なんだ。

って、最近、はっと気づきました。


人間、摩擦を小さくするために、

多かれ少なかれ自分を出さないようにしなきゃいけない時があります。


本音だけで裏表なく生きていきたい。

それはそうだけど、

相手にいやな思いをさせたないために、徹しないといけない。

取り繕ってるみたいだし、

自分を偽ってるみたいだけど、

相手に不快を与えないために、

自分を”装う”のは必須ですよね。




コメント

Secret

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。