FC2ブログ

武士の一分

いわずと知れたキムタク主演の時代劇です。
劇場公開では見ていず、一度目はTV放映で家事の合間に見ました。
内容そのものの感想はいまさらなので、
2度目に見ることが出来たとき、
心の奥にずしんと来たせりふを。。。

剣の達人、三村新之丞が退職後の夢を語るシーン。
武士や農民の身分に関係なく子供を教える剣道の道場を開きたいと妻に言い、

「身の丈にあった着物をあつらえるように、その子供に合った教えかたをしたいもんだ。」

そんな台詞だったと思います。
(なにせ、その場面は一度しか見てないもので。。)
盲目になって、やるせない日々を送っている新之丞。
これからの生活を憂い叔母の小言を聞き流す場面。
私は先の台詞を思い出して、
こんな先生がいる道場に子供を通わせたいのに、
お役目とはいえ、なんで?ーーーーーー!!
と感情移入しちゃいました。

コメント

Secret

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索