スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

接客業

学生時代のアルバイトをからして、接客業しか経験のないワタシ。

50を超えた人生の3分の2が接客業の職歴だったりして。



柳原可奈子ちゃんの、

”いらっしゃいませ~~~~っ”

のカリスマショップ店員コントを

「ちょっと大げさ。だけど、よく見てるわ~若い子のショップにいるいる!絶対いる!」

マルキューなんてもう何十年も行ってないけど、

近所のショッピングモールに行けば、似たような造った可愛い声が飛んでいる。


あれが嫌いな人も多い。でしょうね。

最近ちょっとした出来事に遭遇したワタシ。

この件について考えました。


なぜ、テンション高く、高い声で接客するのか?

イライラや焦りの感情を抑えることに徹しなければいけない状況が、多々あります。

ご来店されたお客様に不快感を与えないよう、

物腰柔らかく、語尾をマイルドにする話し方は、

自分の本性を隠すのに必需品。

自分じゃない人間になって、

自分を装って自分とは違う人格になってしまうことが、

近道なんだ。

って、最近、はっと気づきました。


人間、摩擦を小さくするために、

多かれ少なかれ自分を出さないようにしなきゃいけない時があります。


本音だけで裏表なく生きていきたい。

それはそうだけど、

相手にいやな思いをさせたないために、徹しないといけない。

取り繕ってるみたいだし、

自分を偽ってるみたいだけど、

相手に不快を与えないために、

自分を”装う”のは必須ですよね。




距離

静岡県立美術館に行ってきました!!

この先の人生でエジプト旅行ができるとも思えず、

過去に伊藤若冲展や草間彌生展が開催され、期間が終了したとき、

行けばよかった~~~~

と激しく後悔したんですよね。。

首都圏と違って展示期間が短いから、行けるときに行かないと、機会を逃すんです!!!

しかも今回はエジプトのピラミッド展ですよ!


ばばーーんと大迫力の黄金のマスクを、

スマホの小さな画面で見てしまっては、

本物に会いたいと思うじゃないですか!


思い立った日の昼下がり。

休みの娘を誘って娘の運転で出かけました。

013_2017041413051575a.jpg

平日の午後はいいですね~

シーンと静かな擬音がピッタリの大人の時間ですよ!

展示物はみな紀元前2000年代、今から4500年前の遺跡発掘物ですよ!

021_20170418111451e9a.jpg



壁画の一部

残っている色彩は凹凸の彫刻に色付けされてるんですよ!!


なぜか一歩足をだしている立像

これは相手を敬っているポーズらしいです。


ミイラカバーや彩色木棺018_201704181116317a7.jpg

ミイラの作り方は子供のころに読んだ図鑑の知識が残ってたけど、

臓器それぞれを収める壺とか、細かな説明文を改めて読んで、唸るしかないわ。。


王女の装飾物は実物が見れてほんとによかった!!020_20170418111633eef.jpg

ラピスラズリとかの天然石の小粒ビーズは、

きっと一粒一粒手で削ってたんだろうね。

「この時代からガラスがあったんだね~」

娘の感心に、

「砂の中にガラスの原料があるんだよ~」

なんて昔読んだ本のあいまいな記憶で知ったかぶりしました。

今度ちゃんと本読もう(;^ω^)

メソポタミア文明時代かエジプト文明かまだはっきりしてないけど、

そこで最古のガラスが発見されたとか。

女王の腕輪は直径5cmほどで、この径が通る掌ってどんだけ華奢な方?!

きっと幼少期にはめて、そのまますごしたんじゃないだろうか?

首飾りの連結部分の仕組みがわからなくて、ケースに鼻をこすりつけそうにして、

可能な限り至近距離で見ちゃいましたよ。

「ひもにつながって背中で結ぶんだ。」

像に有った説明文を娘が見つけました。

首飾りって言うより、肩の鎖骨の上に乗る位置で納まってるもんね。

小さな金の細工もじっくり見て、これが4000年以上前のもの!!?

盗賊たちから免れた歴史の遺産です!


主役はおおとり、展示物の一番最後にありました。

黄金のマスクは一枚の金の板を叩いて造形を作ったそうです。

これまた至近距離でじっくり正面、右横、左横、

目玉部分はガラスをはめ込んでいるそうです。

なにか、すいこまれそう。

なにか、とりつかれそう。

見えない何かがすぐそばにいる?

青黒いアイライン、真っ白な白目と真っ黒な黒目。

瞬きもしないで、じーーーーーーーーーっと正面を見据えてる。

縁取りに施された凹凸は、眼力強い目玉とは不似合に感じた、

ひと刻みひと打ちづつ、手作業の柔らかさ。

人出がピークだったら、こんなに至近距離でじっくり展示物を見ることはできないよな~



駐車場から美術館の入り口まで、森の中の遊歩道を登ります。014_20170414130516b4a.jpg

低温で遅れた桜の開花。

雨降り続きだったけど、まだなんとかがんばってる花びら。

お散歩にぴったりの道には、わんこと連れ添う年配の方。

小さな子の手を引きながらベビーカーを押すママ。

日が長くなったとはいえ、風が吹くとちょっと肌寒い日。

016_201704141305180a4.jpg

美術館入り口にあるこのオブジェ。

四つの旋回する斜線・菱形Ⅱ

っていうのですが、めっちゃくちゃ不思議な動きをするのです!


見たことある気がする。

遠い記憶の中に、この不思議な動きがある感じがする~~~

日本平動物園なら幼稚園の遠足で行ったことがある。

でもこの美術館に来た記憶はない。

なんだろう。このデジャブ感。。

春を満喫して、黄金のファラオに感受性が研ぎ澄まされて、

ほんの1時間ちょっとの移動時間で希望が達成されて、

心が解放されたのかな?


何が楽しいの?

どんな意味があるの?

何を表しているの?

美術館にいくなら、こんな疑問を感じない人と行くべきね。

半分同じDNAのおかげで、

すごーい!

以上の言葉を使わなくてもいい気楽な時間。

たまにはこういう時間を持たないとね。

DQN? キラキラ?

自分の名前、好きですか?

小さなころから、ワタシは自分の名前が大嫌いでした。

名前の漢字は好きです。

ごくごく一般的な名前の漢字です。




地元で名づけで有名な神社の神主さんに選ばれた。

と母親から聞いたワタシの名前。

漢字はごく一般的なんだけど、

読み方

がね~

大抵の人が、

?なんだって?

と、聞き返す。


「だから!

○○

なんです!」


ものごころついたころから、

水色のスモックを着た幼稚園児時代、

近所の幼馴染のパパに名前を呼ばれるたび、

「変わった名前だな~」

なんて言われた記憶が鮮明にある。


小学校に上がれば、先生に間違って呼ば(読ま)れる。

先生: 「○○○ ○○○」

ワタシ:「(返事をしない)」

先生: 「○○○ ○○○!」

ワタシ:「・・・・・なまえちがいます!」

違う呼び(読み)方されるとワタシは返事をしない。


「なんで、その読み方するの?」

先生が言えば、クラスメートも、

「変な名前」

と茶化す。

どんどん性格がひねくれていく。

普通に読めば、違う名前になる。

自分の名前が呼ばれるたび、

「また違って呼ばれてる。」

もちろん返事はしない。

いやいや、その漢字じゃそう読むしかないから。

もう一人のワタシが諦める。

○○” ○

最後のひらがなを付けるかつけないかで、音の印象が激しく変わる。

しかもワタシの旧姓

○○○” 

苗字の最後が濁点。

○○○” ○○”

苗字の最後と名前の最後が、濁点。

言いづらい、聴き取りづらい。

電話で一度で聴き取ってもらえたためしがない。

またまた、ひねくれる。

小さなころから母親に恨みつらみを吐いてきた。


女の人は結婚したら苗字が変わるからいいじゃん。


母親の返事はワタシを多少は納得させた。

結婚するまで29年、この姓名で過ごしてきた。

結婚して改姓して、これでもう安心!

と思っていたが、旦那の苗字も漢字も読みも平凡なのだけど、

北陸地域では一般的な苗字らしいけど、太平洋側ではめったに見聞きしない。

結婚当初、面白がってタウンページをめくって同じ苗字を探したけど、

旦那の実家とわが夫婦世帯の2件しか載ってなかった。

聞きなれない苗字に聴き取りにくい名前。

またもや電話で名乗ると一度では聴き取ってもらえない。


娘が生まれ名づけに悩んだ。

ありきたりな名前は嫌だよね。

ひらめいた名前に似合う漢字を探した。


「なんでこの漢字なの?」

娘が大きくなり、周りからよく言われたらしい。


アハハ。ありきたりはイヤなんだよね。


息子が生まれた。

名前を考えた。

これまたありきたりは嫌だよね。

思い浮かんだ名前に漢字を考えた。しっくりこない。

悩んだ時には神頼み。あの神社で姓名判断、名づけをしてもらった。

候補のいくつかのなかから、この漢字ってこう読んでもいいんだ。

一筋縄ではいかない読み方だけど、あの神社のお墨付きだからね。

字面で選んだ息子の名前は、一度で読んでもらえたためしがない。


あんなに恨んだ自分の名前。

NHK大河ドラマ、”龍馬伝”で、

坂本龍馬のお姉さんの名前が同じ漢字で同じ読み方だった。

「龍馬のお姉さんの名前とおんなじだったんだ!」

げんきんなもので、自分の名前にやっと愛着が持てるようになった。

愛着を持ったと同時に、漢字通りに呼ばれても気にならなくなった。




子供につけるとなったら、一ひねりが欲しいもの。

アニメのキャラクターや激しい当て字は、

子供が大きくなった時のことを考えると、やっぱり賛成できないけれど、

どこにもない一つの物

を子供につけたいと思う気持ちには同感しますよね。

カラオケ事情

1月2日。

娘息子と旦那の4人で昼過ぎから夕飯までの時間を、

どうやって過ごすか

考えました。

ムスコ: ボーリング?

ワタシ:え~そんな体力ない!

ダンナ:じゃーどこいきたい?

ワタシ:カラオケ、なら行ってもいい。

    けど、正月料金とかメチャ混みとかだよねぇ。。。

ムスメ:そんなことないら。

ワタシ:近所にある?

ムスメ:○○○(即答)


で、行ってまいりました。

今じゃ選曲を本でするんじゃなくて、タブレットなんですよね。

最後にカラオケ行ったのは息子の卒園打ち上げだったから、

8年のブランクがあります。

アーティスト探すのも曲を探すのも、

曲名も誰が歌ってるのかわからなくても、

歌いだし選曲もできる!!!

でもって、メンバー登録している娘はアバターアイコンがあって、

画面に、「次、だれだれ、曲名○○です。」と表示され、

なにより一番おどろいたのは、

曲をですね、途中で終わらせるとですね、

ブチっ!と物悲しいじゃないですか。。それがですね、

フェイドアウト!!

なんですよ!!!

すーーーっと音がだんだん小さくなって、次の曲が始まるんです!!!

すいません。完全にカラオケガラパゴス状態です。

いやいや、これには完全に参りました。

一曲目、息子のPPAP振り付き。

二曲目、ワタクシ”恋”。息子となんとく踊る<アハハ~

娘は知らん曲ばっかり歌う~

サビの「ゼンゼン前世~~~」

で、ああー君の名は。の主題歌ね。

息子は洋楽なんてチョイスして頑張ったり、

旦那とワタシはひたすら昭和。

そんな昭和な曲でも、一緒に口ずさむ息子。

最近、自分の100%の声を出していないので、

とにかく声量を必要とする曲ばかり選ぶワタシ。

周りの様子を見ながら選曲し、声を出してみました。

音、はずれてる。自覚ありますよ。

はずれてても自分の気分が良ければOK!

家族っつーことで許される時間でした。




異国の地?

毎年恒例、年始休業日を利用しての雪国ドライブ。

今年は久しぶりに白川郷&飛騨高山に行ってきました。

雪はほんのちょっぴりでさみしい情景でした。

025_20170210173637f26.jpg 035_20170210173653ac2.jpg 034.jpg


飛騨高山は夕飯を食べに行きました~

037.jpg 038.jpg

飛騨牛すじ丼と高山ラーメン。

美味しかった~~~



で、この2か所で何がすごかったって、

日本人率がものすごく少なかった!!

噂には聞いていたけど、

すれ違う人の言語は異国情緒あふれ、

飲食店の店先のメニューはローマ字英語中国語等で表記され、

お店のスタッフもその言語にたけてる人がいたりして、

なじみの飛騨牛コロッケ屋さんで並んで順番待ちも、

「先に並んでます」

オーラを出しまくってないと追い抜かされそうでした。


高山でも道行く人が日本の人じゃない。

このお店入ろうか。

と空き待ちをしていたところ、

「Are you &%$#@&%~~~~?」

多分、

「並んでる?ついてる?」

ってことだと思うけど、一緒に行ってた海外駐在経験ある人が、英語で話をしてくれ、

おひとり様だったから先に入ってもらったんですけど。

年のころは20代前半。

ガラゴロキャリーバッグを引きながらの可愛らしいお嬢さん。

見た感じは日本の娘さんだと思いました。

この時間(18:30)にあのお荷物では、ホテルにチェックインしてないのだわ。

お嬢さん、悪い人に騙されなきゃいいけど。


美味しく食べるお隣の席はパパママと可愛い嬢ちゃんおふたり。

ちっちゃい嬢ちゃんはずっと歌ってる。

アイカーリーに出てきた末っ子ちゃんみたいな子で、

舌っ足らずな可愛い英語の童謡みたいな歌を、ずーーーーーーーーっと歌って、

「ウタッテナイデ、タベナサイ!」

なこと、パパに怒られて泣いた。

見ちゃダメ見ちゃダメ。でも人間観察たのしーい!

美味しく食べ終わってお会計なんだけど、

お隣の席のパパが先だったのね。

財布の中の紙幣を見せ、カード類を何枚か見せ、

レジのおにーさんに何かしきりに訴えてるわけ。

おにーさん、困ってます。

奥から別のおにーさんを呼んで、パパの話を聞いてました。

どうやら手持ちの現金がなくなるから、現金を下ろしたい。

インターナショナルバンキングのキャッシュカードを使えるのはどこだ?

と。。。

「あ~~あ!!!」

会話に入るつもりじゃないけど、聞こえちゃったもんね。

相槌うっちゃいました。

英語が堪能なおにーさんが、

「僕じゃ解らないから、向こうにセブンイレブンがあるから、そこのATMで試しててみて。(たぶん)」

「さっきやったけど、駄目だったんだよ~どこだったら下ろせるんだ?!(たぶん)」

母国のキャッシュカードで円が下ろせるんだろうか?

いやいや、ここでそう言われても。。

主張するする。

あの~ワタシタチ、ずっとさっきから待ってるんですよ~~

そう、後ろに人がいても、おかまいなし。


そんでもって、

さっきのおひとりさまお嬢さんが会計に来ました。

「美味しかった?」

日本語で聞いてみました。

「?????

Oh,I form Hong Kong.」

めっちゃ笑顔で返された。。。

いや、国は聞いてない(^^ゞ

美味しいって英語でなんて言うんだっけ?

とっさに出てこない。こんなときスピードラーニングでもやっときゃよかった。

いやいや、もっとお手軽なeテレの基礎英語なんかがいいんじゃない。

落ち着けば、デリシャスって思い出せたけど、

こういっちゃあなんだけど、

こんなにも現地語がわからなくても、旅行に来ちゃうその度胸に度肝を抜かれて、

デリシャス

もでなくなったんですよ(言い訳~~~)

いつかサクラダファミリア見に行きたい!

ベネチアンガラス工房で修業がしたい!

夢を描くけど、

まず挨拶や日常会話を習得してからじゃなきゃ、

夢見ちゃいかん。

と思うわけです。

こんな消極的な考えじゃ、夢も果たせないんだろうな。


おひとりお嬢さんはあの寒い雨の日の夜を、無事温かく過ごすことができたんだろうか?

これからどうするの?

行くとこ決まってるの?

会計を終わらせ、傘もささず、キャリーバッグをガラゴロさせて、

「Bye~」

笑顔で手を振るお嬢さんに、

話しかけることもできない。

気持ちだけ、お節介おばさんなのでした。



最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
末ママつぶやきなう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。